Diary社員日記

ラクラスではどんな生活が待っているのでしょう。
社員が日記に綴ります。

2010/03/31
社員日記

ととろ

 

こんにちは。社保ちーむのPです。
 
この前かわいいシュークリームを見つけました~。
トトロのシュークリームです!
食べるのがもったいないくらいかわいいですよね
 
 
家から比較的近いところ(高井戸)にお店があったのでこの前の休日に行ってみました☆
予約をしないと買えない人気店らしく、予約をしていない人はお断りされていました。。
なので買いに行く際には予約をした方がいいです。
今回は全3種類を1つずつ(カスタード・チョコ・ストロベリー)を買いました。
シュークリームの見た目もかわいいのですが中身もたっぷり入っていておいしかったです
季節限定のシュークリームもあるそうなのでまた新しいのが出たら買いに行きたいと思います!
 
 
2010/03/30
社員日記

下町散策 根津神社編

 

こんにちは、Pikiです。
桜も開花し、すっかり春めいてまいりました。散策にはもってこいの陽気です。
今日はお気に入りの散策スポット「根津神社」をご紹介したいと思います。
 
地元っ子は「権現様」という愛称で呼びます。
古くは千駄木の地に日本武尊が創ったという言伝えがあるようですが、
現在地は松平綱重(徳川3代将軍家光の子、6代将軍家宣の父)の上屋敷の跡地
にあり、家宣の生誕の地とされ、胞衣(えな)塚も残っています。
 
根津という地は、上野や本郷の高台に囲まれた低地で、高台と低地の際(きわ)と
いう場所がそこかしこにあるのですが、根津神社もそのようなスポットの1つです。
後方は平地、前方は絶壁みたいな場所に身をおくと、なんだかゾワゾワすることってありませんか。
権現様は、私にとっては、「ホゲ~」とできる癒しの場所なのですが、このゾワゾワする場所が
何箇所かあります。今回はそちらのコースを紹介します。
 
表門-楼門-唐門-社殿(いずれも重要文化財)という王道の参拝コースをはずれて、
社殿むかって左手の赤い鳥居が複数本並んでいる方へ向かってください。
 
千本鳥居-家宣の胞衣塚-乙女稲荷神社-庚申塚-駒込稲荷神社というルートをたどっていると、
都会にいながらにして、そこだけは「森の鎮守」然とした異空間を感じます。
 
最後に、森鴎外フリークの方に(知っているかな)。
一見、何の変哲もない「水のみ場」なのですが・・・
 
裏に回ると、「戦利砲弾奉納 陸軍医監 森林太郎」とあります。


探して見てください。

 

2010/03/29
社員日記

30cmの空白

 

ホームから女性が落ちた。
助けようと線路に飛び降りてみたけど、気を失っていて動かすことができない。
耳には、「間もなく電車が到着します」というアナウンスが聞こえてくる。
 
そんな出来事が、実際に中央線高円寺駅で起きたそうですね。
 
助けに降りた男性は、女性の手足を揃えて線路と線路の間に寝かせて、自分はホームの下に避難。直後に電車が女性の上を通過。数両が通り過ぎてからやっと停止したそうです。
 
目を開けるのが怖いような瞬間です。でも幸いにも女性は、電車の下から無事に救出されました。怪我は、ホームから落ちたときに頭を軽く打っただけ。よかったよかった。電車と敷石の間には「30cmの空間」があって、それが彼女の命を救ったそうです。
 
さて30cmってどういう数字なんでしょうか。思わず自分のお腹をさすりながら、考えてしまいました。その女性は助かったけど、自分だったら大丈夫だろうか、ってね。
 
メタボの基準があります。腹囲が男性で85cm、女性で90cm以上です。円周85cmの正円の直径は、85cm÷3.14≒27.0cmです。円周90cmの正円だと約28.7cmになります。つまり、たとえメタボの人のお腹が正円だとしても、男性でも女性でも、電車との空間には若干の余裕があるということです。
 
実際のお腹の縦横比は、誰でも明らかに横幅の方が広い。正円ではなく楕円になっています。いちおう確認のために、寝そべって30cm定規で自分のお腹の高さを測ってみたら、25cmもありませんでした。メタボな僕も安全圏に入っていることが確認できたわけです。
 
さて、ここから私達はどのような結論を導き出すことができるでしょうか。
 
それは、「たとえ健康診断でメタボという診断を受けたとしても、ホームから落ちたときにはあわてず騒がず、両手両足を揃えて、線路と線路の間に寝そべればよい」という学びです。「仰向けか、腹ばいか?」は問いません。電車は真上を通過していきます。でも、横向きだと高さが30cmを越えてしまいますので、寝返りをうってはなりません。
 
しかし電車が近づく轟音が聞こえてくるときに、いそいそと線路と線路の間に寝そべって、体の上を通過する瞬間を待つことなどできるものなのでしょうか。いやいや、素直に線路から離れた方が良さそうです。でも本当にギリギリだったら、両耳をふさいでうつ伏せになる方を選ぶかもなあ。
 

とまあ、アホなシミュレーションを肴にお酒を飲むくろくまでした。良い子は真似しないように。

 

2010/03/26
社員日記

つめあと

こんにちは。コンサルのサボテンです。

先日、動物写真家 岩合光昭氏の「ねこ」写真展を観てきました。
この人の作品はねこの日常の姿をとても自然に捉えていて、大好きです。
いろいろな場面が並ぶなか、ねこ同士の緊迫した決闘シーンに目が止まりました。
全身の毛を逆立て、真っ赤な口を空けてにらみ合っています。
「あぁー・・きっとこの後、ねこパンチとねこキックで
大乱闘になったんだよね・・」
私の脳裏に昔飼っていたねこの思い出がよみがえりました。
うちのねこはオスだったこともあり、よく近所のねこ達と大乱闘を繰り広げていました。
ノラねこ君達は家ねこのポストを狙ってケンカをしかけてくるのです。
 
私が高校生だったあの日の朝も、ノラねこ”ミー”が玄関の前で鳴いていました。
うちの子“コテツ”はケンカを売られて黙っちゃいられません。玄関の内側で毛を逆立てて鼻をフンフン鳴らしています。
そして私は学校に行かなければなりません。だけど、いまここで玄関を開けると…間違いなく大乱闘!

ああ、どうしよう?!うまくコテツをかわして玄関を出なければ!遅刻してしまう~
鞄でコテツの前を塞いで、そっと玄関を空けようと試みます。右往左往すること数分・・・
突然、コテツが私の足にバリーッ!と一撃を与えました。
びっくりした私が「きゃあぁぁぁ~!」と叫んだのでコテツは玄関から逃げ去っていきました。
私はその隙を見てとっさに玄関を出て、学校へ向かいました。外で待ち構えていた”ミー”も無視してバス亭に走りました。

しかし、バスに乗って自分の足をあらためて見てみると稲妻のような3本の爪あとから真っ赤な血が・・・
周りの乗客の人たちから「どうしたの?!」「大丈夫ですか!!」と声をかけられましたが、自分でもなんでこんな目にあったのかよく分からず、ただただ痛いのと恥ずかしいので「大丈夫です」と言うのが精一杯でした。
学校までの道のりも、学校についてからもほんとに恥ずかしくて情けなかったのを覚えています。
 
あれから何年も経ちますが、いまだに私の右足には三本の稲妻線が残っています。
ねこの手はあんなに小さくても、すごい威力です。実は足以外にも深い爪跡がいくつか残されています。

それでもやっぱりねこはかわいいのです。
2010/03/25
社員日記

手作りスイーツ

春は桜。季節物の和菓子も多く幸せ気分。
ワークフロー担当のスイーツ部長です。

学生時代はよくお菓子を作ったものですが材料のバターやお砂糖の
多さに圧倒され、めっきりお菓子を作ることがなくなってしまいました。
 
このところ体重管理を余儀なくされる生活を送っているため
大好きなお菓子もドライフルーツや寒天ゼリーなど
少しばかり気を使っています。あまり効果はないのですが
最近、卵を沢山購入したので週末にプリンでも作ろうかと検討中。
 
そういえば幼い頃、母が作ってくれるプリンが大好きでした。
いつも横で見ながら、少し加えるバニラエッセンスの香を
嗅ぐのが幸せでした。
蒸し上がるのが待ち遠しくて、いつも蒸し器の前に座っていたのを
思い出します。
 
小さい頃、母が作ってくれた沢山のお菓子やお料理。
できないながらもお手伝いをして、楽しかったことを覚えています。
 
今は沢山の美味しいお菓子が売られており、味は及びませんが
たまには手作りも良いものだと感じています。
そして私も自分の子供に、そんな手作りの味を伝えていけたら
と思っています。母が私にしてくれたように。
 
この春、出産のため暫くお休みをいただくことになりました。
色々な方に支えられながらの妊娠生活ですし、お休みをいただくことで
多少なりともご迷惑をおかけすることに対し、迷いがなかったかと言えば
嘘になります。
 
ただ授かった命に感謝して、今までとは違うフィールドで
かけがえのない時間を過ごせるであろうことを何より幸せに思っています。
そして全く違うフィールドでの経験を、また違う形で仕事という場に
活かせるように、これからの時間を大切にしたいと思います。

支えてくださる皆さんに感謝しながら
Copyright 2006-2019 Lacras Corporation. All Rights Reserved.