Diary社員日記

ラクラスではどんな生活が待っているのでしょう。
社員が日記に綴ります。

2010/04/30
社員日記

高知

 こんにちは、オペレーションのわらじすとです。
最近のわらじすとです↓ 40歳になりました。

40になった話を大学のクラブの後輩としてたら、
「40歳って初老ですよね」
「失礼なヤツやなぁ、初老っていったら60歳くらいだろっ!」
しかし、辞書によると、確かに数え42歳の大厄の男を「初老」と呼ぶのだそうな。
「理工学部のクセに、よく日本語知ってるなぁ」

少し前になりますが、3月末に高知に行ってきました。
たまたま高知入りした日は、全国的に気温が下がった日で、高知も肌寒かったんですが、でもやはり南国。
桜も沖縄などを除いて、九州よりも早く開花するんですよね。3月中旬には満開だったらしく、3月末はとっくに桜の時期は終わってました。
空港の名前から高知龍馬空港だし、ちょうどTVドラマの影響もあって、市内は龍馬、龍馬、龍馬づくし。飲食店街はカツオ、カツオ、カツオづくし。どのお店でも、カツオの絵が踊っています(たまにクジラだったりする)
やっぱりお酒と食いものは美味かったなぁ。
高知で食べてきたお料理をちょっと紹介しましょう。

左から、かつおのタタキ、ウツボのタタキ、くじらのカツ

かつおのタタキ(写真は食べかけの塩タタキ、タレじゃなく、生ニンニクと塩で食べる)は、定番中の定番。お店によっては、注文してからワラで焼いてくれるところもあります。全般的に、一切れがデカいです。
ウツボは初めて食べました。皮が黒くウロコ模様で、見た目はとてもグロいんですが、結構これが美味しいのですよ。皮がかなり厚くてゼラチンたっぷりです。食感は鶏肉っぽいですね。だいたいどこの居酒屋でもあるようですが、高知出身の後輩に聞いたところ、その後輩は家庭では食べたことないそうです。
最後はくじら。くじら料理は結構多いんですよね。カツ以外にも竜田揚げも食べましたが、ん~何年ぶりに食べただろう?昔は給食に出てたのにな。

ついでに観光名所、はりまや橋
よさこい節に出てくるはりまや橋ですが、地元では日本三大がっかり名所のひとつに数えられます。

 

 

来年は宮城県の石巻に行ってくる予定。さかなが美味そうだなこりゃ。
2010/04/28
社員日記

せんぱい

こんにちは。2年生になりました、オペレーションのともきちです。

もうすぐ黄金週間ですね。皆様、どのように過ごされるのでしょうか。
先日会った友人は、沖縄に行くそうです。私は実家に帰るくらいしか予定していないです。うらやましいです。みやげ買ってこいと言っておきました

話は変わりますが。
ラクラスでは、新卒が入社したときに業務を教える先輩社員とは別に、メンターという先輩がつきます。
メンターさんは社会人の先輩として、仕事以外の悩みや相談も一緒に考えてくれる、頼もしい先輩です。

私のメンターであったセンター長さんが、本日の出社を以って退職されることになりました。
1年間、私のくだらない話を聞いてくださり、くだらない悩みでも一緒に考えてくださり、
一緒にマッサージ受けに行ったり、ご飯食べに行ったり。

自分と同じく新卒で入社した先輩は、身近なお手本でもあり、
バリバリとお仕事をしている姿は、憧れの存在でした。

業務で忙しいときも、態度がでかいともきちを寛大な心で面倒みてくださり、とても元気をもらいました。
こんな場ですが、センター長さんには本当にありがとうございましたと伝えたいです
これからもがんばってください

先輩が去ってしまうのはとっっっっっっても寂しいけど、、、
これからは私が先輩のように、後輩のお手本になれるようにならなきゃいけないのかな。

・・・なれるのかな・・・?

先輩への感謝を思いつつ、2年生になってもまだまだひよっこなともきちでした。
 

2010/04/27
社員日記

ラマダン明け

4月13日から始めた断食が1週間で終わりました。

その間、ゴルフやらジムやら運動は欠かさず続けていましたし、普通通りに仕事もしていました。食事をしないと1日に2~3時間は空きます。その時間を使って本もずいぶん読みましたし、睡眠も長くとりました。さすがに体はややまったりとしましたが、悪くない1週間でした。

様々な健康指標が悪化する傾向へと転じたタイミングで開始した今回のラマダン。成果は十分にありました。体重が10kg減少し、腹囲も10cm削れて、懸念されていた指標はすべて正常値内に戻りました。結局のところ、現代人が体内に蓄積しているものは、過分になっているということでしょう。それを排出することがむしろ健康につながるようです。

今は毎日少しずつ食べる食事量を増やし、腸内環境を整えているところです。例えていえば、離乳食から通常食へと切り替えていくような時期。今日食べてよい分量は、通常の食事量の3分の2まで。まだ乳製品や肉は食べられないし、もちろんアルコールを飲むこともできません。

食生活の中心は少量の野菜と魚と白米です。でもこれが美味しいんだな。トマトの一口、キャベツの芯の一齧りにも、濃い味を感じます。塩はリバウンドの原因になるため、味付けはまだ禁止されています。それでも敏感になっている舌は、素材の味をダイレクトに脳味噌に伝えてくれるようです。

さて、このような食生活をトーマスがずっと続けていくかというと、そうはなりません。トマトの一口も美味しいけど、ワインの一口もそれ以上に美味しい。バランスを取りながら、闇の料理道に励みたいと思っております。

話は変わって、今回から日記を書くときには料理の写真を載せることにしました(いちおう料理人名乗っているし)。写真は、豚肉のパイ皮包みです。
 

 

2010/04/27
社員日記

今年の四月は

こんにちは~ITS花男です。

寒かったり暖かかったり、気温差の激しい日が続いている2010年4月末ですね。

4月と言えば、入学、新学期、入社、引越しなど・・。
「4」という数字はあまり好きじゃないが、4月は何か新しい事が始まる時期でもある。
ある人には楽しみの4月、ある人には緊張満々の4月、ある人には心配だらけの4月・・。
昨年のこの時期の私は、心配だらけの4月を過ごしていたかもしれない。

4月をどうスタートするかによって、最高の一年になるか !まぁまぁな一年になるか
が決まってしまうのではないかなと・・思ってみた。

私に、今年はいいスタートが切れましたか?と聞いたら・・
今は 「・・よく・・分かりません。」 としか言えないかも。
けど今年が終わり2011年になって誰かが聞いてくれたら、
「今までの私の人生で最高の一年でしたよ!」 と答えたい。

みなさんは2010年4月、どう過ごしたのでしょうか。

2010/04/26
社員日記

おしりに空気をいれる。

IT担当のあまがえるです。

とつぜん思い立ってゴスペルのレッスンに通い始め、はや3ヶ月。

低くて通らなくて、ちょっときらいだった自分の声も、
すこしずつ響いたり、のびたりするようになってきました。

まだかじりはじめたばかりですが、声の練習はとても抽象的です。

― おしりにいーっぱい空気が入るように。
― 身体の中心のゴムを、ぴーんと上下にひっぱるように。
― 頭のてっぺんからまっすぐ息が出ていくように。

先生のことばは、だいたいどれもこんな感じです。
でももちろん、実際にはおしりには空気が入るスペースなんてないし、
ましてや身体の中にゴムも埋め込まれてない。
頭から空気がしゅうしゅう出たら、それはたぶん何かの病気に違いない。
でもこういうことを意識するだけで、びっくりするほど声がかわるのです。

つまり、想像するのがたいせつ。

もちろん、うまくイメージできなかったり、
イメージが湧いても、身体が素直にうごいてくれないこともあります。
でも、いっしょけんめい試行錯誤していると、そのうちふっとできるようになったり。

想像力が大事なのは、歌でもお仕事でも、なんでも、同じだなあと思います。
いろんな想像力をはたらかせて、のびのび生きるひとになりたい
とってもそう思う、今日この頃です。

Copyright 2006-2019 Lacras Corporation. All Rights Reserved.