Diary社員日記

ラクラスではどんな生活が待っているのでしょう。
社員が日記に綴ります。

2010/08/31
社員日記

ランキング パート3

IT担当の活字中毒者です。
ランキング第三弾です。すみません。ワンパターンで・・・

 

 

● 会社近くのマイナー昼食ランキング
みなさん、恐らくいったことない順にしてみました。


1位 榮楽 
 焼肉ラーメンを食べました。グルメ系の口コミサイトにもあまり載っていないです。
 安いです。

 

2位 みかさ 
 ファミマの近くです。つい見過ごしてしまいます。

 

 

●この作者にこんなのを書いてほしいランキング


1位 東野 圭吾
 黒笑小説、毒笑小説、怪笑小説に続く 新xx笑小説
 東野さんの小説で、コメディは少ないのですが、上記笑小説シリーズは結構面白いです。

 

2位 奥田 英朗
 ガールに続くもの。“ボーイ”
ガールは、会社内の揉め事をOL目線で記述したものですが、その男版が読んでみたいです。

 

3位 劇団ひとり
 陰日向に咲くに続く独創的でマニアックな小説
 読みたいと思っていましたが、4年ぶりに新作が発売されました。
 非常に楽しみにしています。

2010/08/30
社員日記

あのころ

ごりです。
先日、一人で川原にいたときにちょっと昔・・・かなり昔の子供のころを思い出した。
子供のころの遊びといえば、最近映画化された『20世紀少年』に出てくるような基地を作ったり、山ではカブトムシやクワガタなどの昆虫を捕まえ、沼や田んぼでかえるやイモリを捕まえ、川で魚を捕まえたり、泳いだりしていた。
しかし、今は川原で遊ぶにもお金を掛けイベントのひとつとして行っている。
今にして思えばあのころは毎日がイベントだったんだなぁ~と熱中症になりそうな暑さの中思いだした。
 

2010/08/27
社員日記

本番!

 最近ラジオで中日戦の実況を聞くのが日課になっている、ITすばるです。

 
前回、トレイルランニング(山を走るスポーツ)のお話をしましたが、ついにあさって大会があります!
 
そこでレースに向けていろいろと山を走ってきました。
最近行った山は、東京都最高峰の奥多摩にある雲取山(2017m)、箱根の明神ヶ岳(1169m)、奥多摩の川苔山(1363m)です。
 
かるーくどんなトレランになったかを説明しますと、
雲取山は非常に充実したトレランができました。
途中、斜面を勢いよく下る野生のエゾ鹿と遭遇してびっくり!ということもありましたが、30㌔の行程を無理なく走れました。
 
箱根の明神ヶ岳は夏の厳しさをまざまざと感じました。
道中は急坂の連続、さらに雑草が生い茂り直射日光をさえぎるものもなく、とても走れる環境じゃなかったです…。
しかも暑さで水分などが足りなくなってしまい、明神ヶ岳に続いて登る予定だった金時山を眺めつつ、途中下山しました
その後は仕方なく某巨大温泉リゾートで温泉を楽しみました
 
 
写真が泣く泣く登るのをあきらめた金時山です。ぽっこりした山頂が特徴的。金太郎のお話はこの山発祥らしいです。涼しくなったらリベンジしたい~。
 
また川苔山では山の天候の変わりやすさを体験しました。
予定では川苔山を越え、隣の山まで行く予定でした。天候も良く、これはいける!と思っていたのですが、行程の半分にも満たない川山頂上で突然の雷雨!30分ほど待っても一向に雨も雷もやまず、Uターンして下山しました・・・。しかも雨よけで立ち往生したときに、たくさん虫に刺されました。タイツの上からでも容赦なく虫は攻撃を加えてきました。。。
 
とこんな感じで最近は本番に向けて距離がこなせていません
 
にしても山はいろいろな生き物がいておもしろいですね。
山つつじが咲いてたり、木に変な実がなってたり、朽木に手を突いて折れて転落しそうになったり!
 
 
足が細長い変なクモがたくさんいたり!ピンクのコガネムシ?みたいなのもたくさんいたり!
 
 
熊鈴をならしてると、奥でガサガサっと動物が動く音がしたり!
アブも蜂もたくさんです!さされると危ないからいつもビビッてます。。。
 
というわけで、大会でもいろんな生き物と出会えるのを楽しみに走りたいとおもいまーす
2010/08/26
社員日記

あえて、ベルリン

 イベント開発チームのAKBぇです。

7月にリフレッシュ休暇(という名目)でドイツとフランスに旅行に行ってきました。
会社に帰ってきたら、いろいろな部署の方々から「おかえり」や「旅行どうだった?」と声をかけてくださり、社員日記効果か(?)私の旅行が全社に知れ渡っており、なんだか嬉しかったです
 
さて、旅行ですが、存分にリフレッシュさせていただきました。
 
ドイツでは、ベルリンに行きました。
ベルリン滞在時はヨーロッパに熱波が来ており、気温38度の炎天下のなか外を歩き回りました。
観光2日目にはあまりの暑さに路上で鼻血を出しトイレに駆け込むという事件もありましたが、トイレの清掃員のおばさまに優しく看病していただき、それもまたいい思い出です。
 
ベルリンは、町が広々としていて緑も多く、とても気持ちがいい町です。
そして、今ベルリンは、旧東ドイツ地域が再開発でおしゃれエリアとして活気がでてきていたり、ベルリン中央駅という新しいターミナル駅ができたことで町全体が大きく変化している最中なのだそうです。
ベルリン、といえば壁、というイメージが大きいですが、壁の記憶を残しながらも新しく前向きに変化しているベルリンの町はとても興味深く、楽しかったです。
 
観光客も少なめで落ち着いていますし、人々の暮らしにそっと混ぜてもらえるような雰囲気がありました。
オススメは、マウアーパーク(壁公園)で毎週日曜に開催されているのみの市です。近所の人がのんびり見に来ているような雰囲気ですが、店の数は多く、店主たちも客も楽しんでいるようで見ていてとても楽しくなりました。
そこで飲んだ、冷やしたオレンジをその場で絞ってもらって飲むオレンジジュースが、場の明るい雰囲気にぴったりで、たまらなくおいしかったです。
 
その後は電車にのって「世界の車窓から」気分を味わいながらアムステルダム経由でパリに向かったのですが、
そちらの詳細は次回の投稿のネタにとっておきます~
2010/08/25
社員日記

Mint

アドミのKです。

暑い日が続いておりますが、夏バテ対策について一考。
通常、人間の体は体温調節をしていますが、体温上昇⇒発汗(放熱)というサイクルが崩れ、
そのコントロールが効かなくなることも夏バテの一因と言われます。
 
そこで、体温を下げる効果があると言われているミント。(数値の情報は持っておりませんが)
その効能から、とある熱帯地方の方々もミントティーを常飲しているという話を聞いたことがあります。
ハーブの中でも清涼感・爽快感のある香りですが、品種や産地によっても風味が異なりますので
料理やドリンクに合ったお好みを探すのも楽しいかもしれません。
 
 
それからミントには、嬉しいことにポリフェノールも含まれているとのこと。
夏の終わり、皆様くれぐれもご自愛くださいますよう。

 

Copyright 2006-2019 Lacras Corporation. All Rights Reserved.