Diary社員日記

ラクラスではどんな生活が待っているのでしょう。
社員が日記に綴ります。

2010/11/30
社員日記

ちょっとシリアスな、でもいい話。

先日、といってももう半年近く前の話ですが、学生時代からの友人から突然『ちょっと相談したいことがあるんだけど、あえないかな?』との連絡があり新宿のへぎ蕎麦屋で話を聞きました。

話の内容はかなりシリアスで彼の奥さん(正式には元奥さん)が、以前から患っていた難病が悪化し、いよいよ○●移植をしないと生命が維持できないとの事。その手術は、日本ではなかなか出来ない手術で、米国に渡り、ドナーを待っての大手術との事でした。費用もとんでもなくかかるようで、本人一人の力では、到底負担できる金額ではない額でした
 
学生のときの仲間を中心に何とか少しでも力になれればとも考えましたが、このような人の善意にすがることは、非常にデリケートな部分もあり、下手に活動をすると様々な波紋を呼んでしまうことも多々あります。すぐにオープンな活動を起こすより、クローズドな活動から着手すべきとの結論にいたり、まずは彼自身、日本の有数の大企業に所属しており、その奥さんも一時その企業に籍をおいていたこともある中、まずは会社(組合)にも相談をしてみようということになりました。彼自身は、退職金の前借りから家を抵当に入れての借入の可否等自分で出来ることは全てやってみて、その上で、どうしても不足があるのなら我々で可能な限り援助するということにしました。(こういった問題は、「人の命とは何なのか」も含め、本人及びその家族がどうしたいかが、全てでもある気がしました。)
 
先にも述べましたが、彼の所属している会社は社員数○万名の大企業であり、その組合の幹部の方々及び彼の上司である役員をはじめ、同僚、部下含め相当数の方々がいます。彼は、一時休職をして全国を回り、その実情を訴えました。そして、会社の皆さんは快く協力をするべく約束をしてくれたのです。一人ひとりはわずかずつではあったかもしれませんが、相当数の仲間たちが『善意』を重ねてくれ、その結果とてつもないお金が集まりました。
 
その善意の集合の結果、めでたくこの12月中旬に彼の奥さんは、米国に出発することが決まりました。
普通の渡米とはわけが違って、集中治療室に入っての飛行機での移動から、しばらくの間は検査入院を重ね、その間にドナーを探して、手術へと至る半年間以上の長丁場との事。
 
私たちに出来ることは、ただただ手術が無事成功して、又元気な体で彼の奥さんが帰国することを祈るだけです。(頑張れ~!)
規模の大きい会社だからでは済まされない、会社と呼ばれている集団でこれほどまで善意にあふれた集団は、やはりすばらしいと感動します。又、その原動力となっているのは、なんといっても私の友人の彼がいかにその会社で一生懸命仕事をし、皆から信頼されている人物であるからと思います。そして、彼の『助けたい!』というその気持ちが、皆に伝わった結果であるとも思います。
 
人と人の繋がりは、そういった中で深く長く続いていくと感じ入る次第です。
 
ADM加齢臭Write
2010/11/29
社員日記

山のふもとのおいしいもの

こんにちは。 

めっきり寒くなりました。社内は年中行事の年末調整でわらわらしています。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。
 
さて、私はそんな寒いなか、さらに東京より温度が一度低いとある街へ行ってまいりました。
学生時代に住んでいた街です。
お目当ては、おいしいミルクティーとスコーン
 
この街は、なぜかとてもカフェが多いのです。
そして、その数あるカフェの中でも、私と友人達の一番のお気に入りのカフェに
そのカフェに行くためだけに
・・・
そのカフェに行くためだけに。
片道2時間かけて行って参りました。
 
見た目は普通、そう、いたって普通のスコーンとミルクティー。
添えてあるのは、たっぷりのクリームとブルーベリージャム、そして林檎のコンポート。
友人とも毎回、「なしてこのスコーンとミルクティーはこんなうまいかね?」 と談義に花が咲くのですが、
いまだにその答えは見つかりません。
 
惜しむらくは、テーブルにおいてあるお砂糖が、
角砂糖からふつうのコーヒーシュガーになっていたこと。。。
それでもミルクティーは変わらずにおいしいからいいんですけど。
 
東京に住んでいるのだから、(埼玉だろというツッコミは受け付けません)
探せばもっとおいしいスコーンなんて絶対見つかると思うのですが、
いつも食べたくなるのは、あの街のあのスコーンなのでした 
では、また。
さいきん胃弱のともきちでした。
さようなら。さようなら。
 
2010/11/26
社員日記

ストレスさんとのお付き合い

 早いもので年末が近づいて来ました。

1年はあっという間・・・と近頃しみじみとかみしめている時折ママです。

 
バタバタと慌しいこの季節、いつも以上にストレスを感じたりしますね。
そこで、ママ流乗り越え方をご紹介します
 
1. お酒を楽しむ
  当然のように1番目にあがりますね。
  寒いこの季節はゆっくりお風呂に入ってから楽しむと体がポカポカして
  自然と眠りにつくことが出来るのがとてもステキ
  飲みすぎないのがコツです。
 
2. 好きな時間に好きなものを食べる
  最近は朝からチョコレートを食べています。
  なぜかはわかりませんが、体が欲しているようなので望みを聞いてあげています。
  体の声を素直に聞いてあげる方が良い栄養になる気がします。
  お気に入りはナッツの入ったチョコレートです
 
3. いつもと違う道を通る
  毎日毎日同じことを繰り返していると知らない間に日々が過ぎて・・・と
  ちょっと空しくなるので小さな工夫です。普段は後楽園駅を利用しているのですが
  たまに水道橋駅から歩いてみたりもします。  
 
4. 夜中にこっそりリリアンをする
  『リリアン』ってご存知ですか?星型になっているピンに糸を巻きつけて編むと紐が出来る
  子供の頃によくやったおもちゃです。
  100円ショップで発見して懐かしさのあまり購入したのですが、これが楽しい。
  出来上がった紐を何に使うのかは疑問ですが、静まりかえった夜中に黙々と集中していると
  意外とリラックスするんです。
 
5. ゆるゆるの服を着て仕事をする
  仕事がいっぱいで残業になりそうな時ほど、体をできるだけ締め付けない服で出社します。
  緊張感がないと言われそうですが、リラックスして仕事をする方がはかどる気がします
  長時間座りっぱなしになるので体が辛くないが1番です。
 
 
とても小さなことですが、効き目は抜群ですよ。
みなさまも身近なところから探して年末を乗り越えましょうね
2010/11/25
社員日記

『葉山マーケット』

 こんにちは、オペレーションのNです。

先日、葉山マーケットに行ってきました。
TVやブログでもときどき紹介される有名な朝市です。
 
私と子供は、自転車で、朝6時に出発。
途中、鎌倉駅を通過し、峠を越えて、葉山まで約2時間で到着。
先に電車で向かったカミさんは、すでに到着し行列に並んでいるが、
カミさんの前にはすでに何十人もの人が・・・
あちこちから来ている方々とおしゃべりし盛り上がっていました。
 
お目当ては、
この葉山朝市でしか買えないらしい
1000円のタルトと100円のケーキの切り落とし。
タルトはアップル・洋ナシ・オレンジの3種類があり、我が家は洋ナシをゲット。
100円の切り落としケーキも人気があるそうです。
ここのタルトやケーキはすぐに売り切れになってしまうようで
かなり運が良かったようです。
 
この他、マグロのヅケ丼、牛すじ煮込み、石原裕次郎も食べたらしい葉山コロッケ、
葉山産地ダコのタコ焼き、鰯のつみれ汁、イクラ丼を購入。
港の風景を眺めながらの食事はとっても美味しかったです。
 
おなか一杯になったところで、帰宅。
帰りは、基本的にずっと下りが続き、鎌倉に戻った後は、国道134号線に沿って江の島を眺めながらののんびりサイクリングでした。
2010/11/24
社員日記

寝ても覚めても

 食欲の秋から冬眠に向けて栄養を溜め込んでいるマッコリでございます。
何を食べてもおいしい季節です♪
さて、先日、ふらりと入ったお店で衝撃の出会いをしてしましました!(←大げさ?)
こちら↓

 


ガレットです♪
お料理のガレットは食べたことがあったのですが、デザートは初めて食べました。
ほろ苦いチョコレートのアイスと甘いクリームとガレットのほんのり塩分が絶妙でした

あの日以来・・・あの味が恋しくてたまらないです。
寝ても覚めても・・・
また近々行ってみようと思います♪
あの味を求めて♪
こうやって・・・栄養分を溜めこんじゃうんだな、ブヒッ

Copyright 2006-2019 Lacras Corporation. All Rights Reserved.