Diary社員日記

ラクラスではどんな生活が待っているのでしょう。
社員が日記に綴ります。

2010/12/28
社員日記

禁煙宣言 その後

 こんにちは、ITSのあかまです。

3ヶ月前に始めた禁煙ですが、見事継続しております。友人も「3ヶ月止められれば大丈夫」と、根拠はわからない持論を展開していたので、多分今後も大丈夫なのだと思います。
ただ禁煙による影響なのかは分からないのですが、見事に酒の量が増えております。
元々普段酒は飲まなかったのですが(月に1,2回飲む程度)、最近は金・土・日は必ず晩酌するようになりました。
色々と原因を考えたのですが、以下が要因となっているのかと勝手に想像しております。 
 
1.タバコを止めて、酒がうまくなった。
2.持病のアトピーの状態がいいので、飲んでも痒くならない。
3.タバコで無意識に発散していたストレス解消が、酒に向かった。
1は確かに匂いに敏感になったので、あるのかもしれません。
2はアトピーの症状改善と禁煙との因果関係が分からないのですが。主治医にも禁煙を指示されたことはありませんし。
3は、、あまり考えないことにしよう。
 
昨日は飲むつもりは無かったので、暇つぶしにたまにやるネトゲ(ネットワークゲーム)をしていたのですが、結局友人と酒の話となり、
友人「今もおでん食べながら、日本酒で1杯やってるよ」
俺「日本酒かぁ、いいですね。俺も飲みたくなってきた」
数分後。。
 
 
(左奥:久保田 中央奥:ジャックダニエル 右奥:黒霧島)
(左手前:ジムスナイパーカスタム 中央手前:ゲルググキャノン 右手前:ジム)
 
我が家に「久保田」が加わりました。フルーティーで飲みやすいけど、2千円はちょっと高いので、安くておいしい日本酒があれば教えてください。

 

2010/12/28
社員日記

社員日記アワード2010発表!

 今年も残すところあと4日ですね、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

今年も社員日記アワードの季節がやって参りました。
 
ラクラス社員の投票により選ばれた、各部門の受賞作品を紹介していきます。
そして栄えある総合優勝は誰の手に!?
 
あっぱれ!部門
 
主演声優賞
 
イタマエさん 2010/7/9 【20:30の声優】
週末はお子さんに絵本を読んであげる優しいパパ。
「おしいれのぼうけん」は私も保育園の時に読みました。懐かしいですね。
時代を超えて受け継がれる名作に、名優の演技が加わり、
きっとお子さん達も楽しみにしているでしょうね。
 
そんなイタマエさんには、
「おもちゃのマイク」を贈呈しました。
これで迫真の演技にさらに磨きをかけて、楽しませてあげてくださいね。
 
素敵なママで賞
 
ウーピーさん 2010/5/18 【ぽにょ子からのおねだり】
ぽにょ子さんへの愛情溢れる愛娘?弁当の日記です。
社内でもとても仲がいいですね。
ぽにょ子さんはいつか親?離れする日が来るのでしょうか・・
 
そんなウーピーさんには、
「お弁当のデコレーション道具」を贈呈しました。
これからも、素敵なお弁当を作ってあげてくださいね。
 
イイネ部門
 
世の中を明るくしま賞
 
マジョラムさん 2010/10/29 【土曜の夕方の過ごし方】
良いニュース、楽しいニュース、笑っちゃうニュースしか流さない番組を紹介してくださいました。
TVから受け取った情報で、その後の気持ちが左右されるというのはよくあると思います。
事実を報道する、という事も大切ですが、暗いニュースばかりでは、気分は明るくならないですね。
見ていて元気が出るような番組も、確かに必要だと思います。
 
そんなマジョラムさんには、
「ピエロの赤鼻」を贈呈しました。
これからも、皆の心が明るくなるような、素敵な日記をお待ちしております。
 
おいしそう!部門
 
ベスト午後3時に読みたいで賞
 
WTBぇさん 2010/9/7 【おススメ!パンケーキ。】
ハワイとオーストラリアの有名パンケーキのお店が日本にも出店。
おススメのパンケーキを写真付きで紹介してくれました。
3時のオヤツに是非食べたい!と思わせる、おいしそうな日記でした
 
そんなWTBぇさんには、
「パンケーキの粉」を贈呈しました。
果たして絶品パンケーキの味を再現できるのか!?
結果報告もお待ちしております。
 
ラー油ブームを先取りしたで賞
 
ビフテキさん 2010/5/14 【ペンギンさんからの贈り物】
大ブームを巻き起こしたこのラー油。
未だに大人気ですね。注文してから届くまで早くても半年ぐらいかかるとか。
 
そんなビフテキさんには、
「自作ラー油セット」を贈呈しました。
このラー油を再現するも良し、オリジナルを作るも良し。
ただし、カロリーにはご注意を。
 
へぇ~!部門
 
ホラー映画より怖いで賞
 
ヤマカンさん 2010/10/6 【アメリカの抜歯術】
親知らずの治療一つにしても国によってずいぶん違うものですね。
「抜歯手術に関する嫌な記憶だけを消し去る薬」は本当に大丈夫なんでしょうか。
ちょっと怖いですね・・・と思ったら私には一本も生えてませんでした。安心安心。
このまま一生生えないで欲しいです。本当に。
 
そんなヤマカンさんには、
「歯ブラシ(歯科医限定品)」を贈呈しました。
これで歯の健康を保っていただきたいと思います。
 
行きたい!部門
 
黒くなったで賞
 
全力中年さん 2010/8/6 【離島良いとこ一度はおいで】
沖縄大好き全力中年さん。
今年は何回行かれたのでしょうか?
行く度に日焼けして黒くなっていく全力中年さん。
他の観光客に現地の人に間違えられたそうです。
 
そんな全力中年さんには、
「MENS肌水(アロエ配合)」を贈呈しました。
これで日焼け後のケアもバッチリですね。
 
グァムをじっくり噛みしめたで賞
 
Yさん 2010/5/13 【チャモロナイト】
毎年海外に行かれるYさん。
今回はグァム旅行の日記を投稿してくださいました。
マリンスポーツにガンシューティング。
Yさんの行動力には脱帽です。
いつか新しい遺跡でも発見してしまうのではと
ひそかに楽しみにしています。
 
でもYさんと一緒に旅行に行った人は
ついていけずにダウンしてしまうという噂も・・・?
 
そんなYさんには
「ガム」を贈呈しました。
噛みしめる度に、グァムの思い出が甦る・・かもしれません。
 
写真きれい!部門
 
暑い夏の儚い思い出で賞
 
花男さん 2010/7/21 【線香花火】
花火大会の日記です。素敵な写真をありがとうございます。
まさに夏の風物詩。迫力ある打ち上げ花火もいいですが、
儚くも美しい、線香花火の魅力が伝わってきます。
 
そんな花男さんには
「ポケムヒ」を贈呈しました。
是非有効活用してくださいね。
 
 
満点大笑!部門
 
ベスト妄想ニスト賞
 
まっとうコンサルさん 2010/8/16 【もしも、『嵐』がラクラスにいたら?】
嵐が好きであることは周知の事実ですが、
この発想はありませんでした。ここまできたら、
もうとことん極めていただきたいと思います。
 
そんなまっとうコンサルさんには、
「ライト(コンサートでの使い切り用)」を贈呈しました。
亀貯金を貯めて、是非会場で使用してくださいね。
 
 
総合優勝
 
そして栄えある総合優勝は・・・
 
しみまいさん 2010/7/13 【もつべきものはともだち。】
今年もこの方、しみまいさんが受賞されました!
昨年に引き続き、こころ温まる日記ですね。
一見なにげない会話のようですが、さらっとこんなことを言ってくれる人が、
同じ社内にいる、というのはとても心強いですね。
 
そんなしみまいさんには、
「メダル」を贈呈しました。
まさに総合優勝にふさわしい栄誉の象徴。
これからも素敵な日記をよろしくお願いします。
 
さて、いかがでしたでしょうか。
今年も読んでくださる方と書いてくださる社員全員にささえられて、
無事一年を終えることができました。
 
もちろん惜しくも受賞を逃した中にも、素敵な日記がたくさんありました。
来年も、大笑いできる日記、ホロリとさせられる日記、様々な日記が
たくさん寄せられることでしょう。これからも楽しみにしていただけると幸いです
 
2011年のラクラスにも、どうぞご期待ください!
それではみなさま、良いお年を

 

2010/12/27
社員日記

近所の隠れた名店

オペレーションのE.Tです。

先日、うちの奥さんに「美味しいおそばが食べたいなぁ~」とリクエストしたところ、「気になるお店があるから行ってみよう!」となって、早速行ってみました。場所は家から車で20分くらいのところ。サッカーのJ1クラブの練習場の目の前にあるお店です。外観はこんな感じ。
 
 
 
何やら雰囲気ある店構えです。「知る人ぞ知る」そば屋らしく、(と言ってもインターネットで簡単に見つけられましたが・・)。結構、各地からの来客があるようです。店の前の道路はいろんな地域のナンバーの車がありました。
 
 
早速、入ってみると、「居酒屋か?」というくらいの大宴会場もあり、とーっても広い!
広い店内も、家族連れ、ご夫婦、奥様方のご近所の集まり・・などなどでほぼ満席。
 
運よく、待たずに席に通されたら、テーブルにはぎっしりと並べられたお惣菜の数々。
 
 
このお店のすごいところはこれなんです。
これ全部、食べ放題なんですよっ!しかも無料で!
 
焼き魚、煮物、サラダ・・その数20皿あまり。おでんやスープもあるんです。
こちらの名物は、てんぷらそばらしいのですが、となりの席の夫婦が注文したそのてんぷらそばを見ると、
どうみても2人前はあるボリュームなので、私たちはおとなしくセイロを注文。でも、セイロが到着する前に
惣菜を調子よくパクパク食べてしまったおかげで、うちの奥さんはセイロを半分も食べられませんでした。。
 
 
食事が終わったら、外へ場所を移してコーヒーが飲めます。
 
 
コーヒーの他にもおしるこが頂けます。これも全て無料なんです。
夏は、おしるこの代わりにカキ氷が頂けるそうです。。
 

セイロ1,000円×2人前=2,000円で二人とも大満足のお昼ごはんになりました。

2010/12/24
社員日記

テードゥンムニ大会

 

両手ますかけです。

10月下旬に夏休みをいただいて、竹富島まで3泊4日で旅行しておりました。
民宿での宿泊2日目のこと、宿のお母さんから
「テードゥンムニ大会っていう方言の大会が19時半から公民館であるから見てみるかい、
 たぶんさっぱりわからないと思うけど。ははは。」
と言われ、掲題の大会を知りました。
外部向けというわけではない島の行事というのは、スケジュールが合わないと見ることができません。
ということで、貴重な機会だと思い、行ってきました。

テードゥンムニという意味ですが、テードゥンが”竹富”、ムニが”言葉”を指します。
つまり、テードゥンムニ大会とは竹富言葉の大会ということです。
宿のお母さんいわく、
・この大会は、竹富方言を保存するために何とかしなければということから始まった
・現在70歳以上くらいの年配の方はテードゥンムニを話せる/分かるとのことなのですが、それより下の世代はそうではない
とのことでした。
(ちなみに帰ってから調べたのですが、八重山方言はユネスコが指定している消滅危機言語のうちの1つなのだそうです。)

テードゥンムニ大会は、2時間ほどの大会です。以下の写真にあるように、いくつかお題目が並んでおります。

島の小・中学生、その親御さん、および小・中学校の先生方は、何人かのグループを組んで、
もしくは一人で、自分(自分たち)のお題についてスピーチする、もしくは劇を披露します。
で、宿のお母さんが「さっぱりわからない」と言われていた理由は、
この大会、演者はテードゥンムニしか話さないからです。さらには司会の方も、テードゥンムニしか話しません。
(※唯一テードゥンムニではないのは演目のタイトルだけ。)

よって、最初から最後までテードゥンムニ。
テードゥンムニが分からないと、演目の話者の話の内容は本当にさっぱりわかりません。
司会の方が最初に開会の挨拶をされたのを聞いたとき、「※◎▼○×て●ぃが・・・」というような感じで
ぜんぜん分かりませんでした。。

理解しようと思ったら、話者のジェスチャーや表情、あるいは方言の分かる方のリアクションから推測するしかありません。
結局、その場で覚えられた方言は、
・くやならー:こんばんは(?だと思う。朝昼に使えるのかは不明。)
・みぃはいゆー:ありがとうございます
くらいでした。
とはいえ、言葉は分からないながらも、演じる方々の表情や演じている様子から十分に楽しめました。

全ての演目を聞き終えて、
・島の子供(ちっちゃい子から中学生)にとっては、自分たちのアイデンティティーとなる言葉を成果として披露する場になっている
・島の大人(移住してきた人:赴任してきた先生や、親御さんなど)にとっては、島の人たちへの自身へのお披露目・仲間入りの場になっている
・島の年配の方(70歳以上のテードゥンムニを話せる方)にとっては、自分たちの言葉の継承がどれくらいできているか確かめる場になっている
・そして何より演目を見ている皆さん/演目を演じている人が和やかに楽しめる
というとても様々な効用を持ったイベントだなーととても感心・感動しました。

同じ時期にもし行く機会があったら、是非また見たいと思いました。
 

 

2010/12/22
社員日記

最近観た映画⑥

 

 こんにちは。ITのイエローサブマリンです。

年末になると、クリスマスコンサートや大晦日の第九、年越しのカウントダウンなど、
コンサートや音楽関係のイベントが多くなりますね。
映画にもコンサートを題材にしたドキュメンタリー作品が数多くあります。
今回は、あるロックフェスティバルを描いたドキュメンタリー映画をご紹介します。
 
1969年に行われたロックフェスティバル"ウッドストック"。名前は知っている方も多いと思います。
この年の8月15~17日の3日間、ニューヨーク州郊外の農場の中に作られた会場で、
昼夜を通してコンサートは開催されました。
当時人気のあったアーティストが多数参加することが前売りの時から話題になっていて、
また、ベトナム戦争が泥沼に陥っていたこの時期、参加アーティストの多くが
"反戦""平和"のメッセージを打ち出していたことも広く受け入れられたようで、
最終的な観客動員数は40万人以上となった大規模なロックフェスティバルです。
 
このフェスティバルのライヴ映像と、関係者の証言をまとめた映画が今回ご紹介する映画「ウッドストック」です。
昨年リリースされたDVD版「ウッドストック 愛と平和と音楽の3日間 ディレクターズカット版」では、
劇場公開時には入っていなっかった映像や曲目が追加されて、
1960年代の音楽が好きな方なら文句無しに楽しめます。
 
この映画、「愛と平和と音楽の3日間」という綺麗なサブタイトルが付いていますが、
実際は、主催者側の準備不足により会場内は大変な事になっていました。
コンサート3日目には土砂降りの雨に見舞われ、気温が急激に下がり、
衛生状態も悪かったために急病人が続出、あげくには州兵のヘリコプターまで出動する始末。
また、会場には食事が出来る店も殆どなく、関係者曰く「まるで難民キャンプ」のようなひどい状況になっていたようです。
"愛と平和"には、レインコートと食糧が必要なのだなあ・・と思いました。
 
さて、この映画のハイライトは、やはり最終日のトリを務めたジミ・ヘンドリックスの演奏シーンです。
彼はウッドストックの1年後、27歳の若さで他界してしまったため、活動期間はとても短かかったのですが、
その幅広い音楽性で、デビュー当時から話題となっていたアーティストです。
ウッドストックでの彼のパフォーマンスは、"歴史的名演"と言われ、今でも数多くのアーティストに影響を与え続けています。
しかし、彼がステージに登場したとき、既に多くの観客が帰ってしまっていて、
散乱しているゴミが目立つほど、会場はガラガラにすいてしまっていました。
ステージ上からこの光景を見た彼は、さぞかし落胆したのではないでしょうか。
ところが、いざ演奏が始まると会場の空気は一変、
その場に居合わせた殆どの人が彼の演奏を食い入るように見つめる様子をカメラは捉えています。
荒れ果てた会場の中で"歴史的名演"が生まれる瞬間は見どころです。
 
Woodstock 3days of peace and music(the director’s cut)
2009年 アメリカ映画
Copyright 2006-2019 Lacras Corporation. All Rights Reserved.