Diary社員日記

ラクラスではどんな生活が待っているのでしょう。
社員が日記に綴ります。

2011/07/29
社員日記

日本の夏

 

今年も暑い夏がやってきましたね
夏になるといつも思うことがあります。
それは、「音楽のルーツ」について。
 
音楽史としては、連絡や伝達の手段として生まれたという説が有効で、
木と木をぶつけて音を出したことや、声の高低や長さを変えたことなどがルーツとされているようです。
 
いわゆる「現代音楽」としてのルーツは、このような手段が発展して民族音楽となり、
ジャズ、ブルース、カントリーなどが生まれ、
ロックが形成される基礎が出来上がった、とされています。(※諸説あります。)
 
では、日本はどうだったのでしょうか。
日本では、詩歌を詠むときの歌声がルーツとされています。
楽器を使うものとしては、シルクロードを通じてヨーロッパから楽器や楽人が中国・朝鮮に渡り、
その後渡来人が日本へ持ち込んだことで「雅楽」が誕生した、とされています。(※諸説あります。)
 
 
雅楽は、笛や太鼓など、どこか馴染みのある楽器がありますが、
これって意外と身近なところにあると思いませんか?
 
・・・そうお祭りのお囃子や盆踊りの曲です
飛鳥とか奈良とか、大昔から現代まで、その形が残っているなんて
なんだかすごいですよね!
それに、お囃子や盆踊りを聞くと、世代を問わずノってしまうのは、
日本人のDNAに音楽のルーツも刻まれているのでは、と思ってしまいます
 
 
暑い夏の夜、お祭りに行くと太古の昔に思いを馳せてしまう
オペレーションのボサツでした。
2011/07/28
社員日記

最近

 

最近以前に比べて運動量が増えたSAMのミソジです。
何かと言えば、ヨガをスタートしてみたからです。
ヨガはもっぱら家ヨガで、DVDを見ながら真似してポーズを取る感じ。
こんなもんかな??という程度でしかやってないな。と実感するのがレッスンに行った時。ポーズを取って静止していると先生がグイグイ直してきます。「えっ??これ以上無理!!」と顔でアピールしても先生はスルーして違う人の元へ・・・。
先生曰く、「こんなもんかな」ではなく、「自分の考える限界よりもうちょっとがんばってやってみる」という気持ちでチャレンジしていくのがヨガの精神とのこと。仕事や日常生活につながってくるものだなと思いつつ、まだそんな気持ちを持ってやれるほどの余裕はないのでした。。。
とはいえ、奥が深い世界なのでじっくり取り組めば「第3の目」とやらが開く日が来るかも・・・??
2011/07/27
社員日記

北の国から

 おぺのしろくまです。

 
わたくし、先日、北海道へ行ってきました。
そして、長年ずーーーーーーっと温めていた「富良野のラベンダーを見る」という夢が叶いました!
 
 
 
 
時期もちょうどシーズンだったので、ほかのところも素敵でしたが、
お勧めは、上記写真の「中富良野町営ラベンダー園」です。
冬はスキー場らしいのですが、この時期は、ラベンダーを植えているそうです。
スキーのリフト(一人乗り)で上まで行くと、ラベンダー畑と富良野の町並みが見渡せてとっても素敵なのです♪
 
ラベンダーの色がとっても濃厚で、さらに香りもとっても濃厚ですごく心地よいのです♪
ラベンダーは、アロマオイルとかでもありますが、商品によっては、香りが強すぎたりして微妙だったりするのですが、本物のラベンダーの香りはこんなに爽やかで心地よいものなのかと夢心地になってしまいました。
 
そして、やっぱり・・・・・食ですよね♪
 
 
 
 
ラベンダー畑で有名な富田ファームでは、ラベンダーのソフトクリームとラベンダーのラムネを食しました。
ラムネは、ん?ラベンダー入っている?普通にラムネとしておいしいけど?という感じでしたが、
ラベンダーソフトクリームは、想像以上に爽やかでおいしかったです!
 
ラベンダー畑を見ながら、ラベンダーソフトクリームを食べて・・・北海道の爽やかな風を感じて。。。
とっても爽やかで素敵な休暇を過ごすことができました
 
やっぱり北海道は何度行ってもよいものです。
次はどこへ行こうかな~♪
2011/07/26
社員日記

東京スカイツリー(8)

 

東京スカイツリー伸捗報告の8回目です。
高さ的には318日に完成しているので634mから変わりませんが、第一展望台の上にあった大きな4基のクレーンが解体され残る小さな1基となっています。来年5月の開業に向け着々と進んでいます。
 
 
ホームページがリニューアルし検索の仕組みが変ったのか、残念ながら検索で過去の写真を纏めて表示できなくなりました。トランジショングループの関西風でした。
2011/07/25
社員日記

不思議な出会い

事の発端は新宿のバーでした。過去に2回ほど行った事があるバー。

バーとはいうものの、このお店にはしっかりとした料理メニューがあります。
料理メニューの特徴は、新鮮な牛肉を食べさせる事。
ユッケの事故もなんのその、このお店では普通に生肉を食べさせていました。
なんたって、その日の朝に取れたばかりの新鮮なお肉。
僕らも、タン、レバー、ハラミの刺身をいただきました。

さて、そのバーで飲んでいるときの出来事。
僕は腰痛に悩んでいて、長い間椅子に座り続けるのが苦手です。
そこで、カウンターのスツールから立ち上がって飲んでいたら、バーのマスターが「腰痛ですか?」と尋ねてきました。
そして勧めてくれたのが、「サーノ博士のヒーリング・バックペイン」という本です。

マスターから本の詳細の説明はなし。言われたのは、「読めば治りますから」という不思議な一言だけ。
マスター自身も、立ち上がれないほどの腰痛に悩まされていたのに、この本を読んだだけで治ってしまった。
そしてその後再発もしていない、とのこと。
それにしても、「読めば治る」って何??

「なんだそりゃ」と思いながらも、僕はすぐにその場で携帯からアマゾンに注文しました。まずは5冊。
僕は、「不思議な出来事」を信じるわけではないけど、「不思議な出会い」に関してはかなり強く信じる方です。
「読むだけで治る」ことを信じたわけじゃないけど、「マスターとその本との出会い」に関しては、これは本物の出会いだなという確信がありました。

本が届くと、まず自分で1冊とり、残りを社内の4名に配りました。
読んでみると、その内容はスピリチュアルなものでもマジカルなものでもなく、すごく真面目に書かれた医学書でした。
サーノ博士の経験や統計に裏打ちされた、とても論理的な本です。

そして読書の結果、5名中3名の腰痛、肩こり、首こりはきれいに消えてしまいました。
あとの2名はまだ読み終わっていないから結果は不明。

マスターの言う通り、本当に読むだけで治ってしまったのです。治癒率は少なくとも60%。
「読めば治る」というよりは、「痛みをコントロールする方法を学べる」と言った方が正確な表現かもしれません。
その後も痛み兆しはあるのですが、うまくコントロールすればその痛みはスッと消えていってしまうのですから。
五十肩も、完治はしないものの、かなり軽くなりました。

よろしければお試しを。ヤマカンでした。

Copyright 2006-2019 Lacras Corporation. All Rights Reserved.