Diary社員日記

ラクラスではどんな生活が待っているのでしょう。
社員が日記に綴ります。

2011/10/17
社員日記

上空へ・・・

こんにちは。社保チームのエビ部長です。

今年の夏季休暇は、オーストラリアのケアンズに行ってきました。 
 

グレートバリアリーフで体験ダイビングをしたり、鉄道に乗ってケアンズ高原へ行ったりと

思い出は色々あるのですが、もっとも印象的だったのが、気球に乗ったことです。

高所恐怖症の私はちょっと不安このブラウザではこの画像を表示できない可能性があります。でしたが、ネット上の評判がとても良かったので

思い切って申し込んでみました。

気球は30分の乗車が2組で、前半と後半で交代制です。

1組目は日の出前に飛び立ち、上空で日の出を迎えます。

2組目は車でその気球を追い、気球が着陸した場所まで行って交代です。

どちらの組になるかは、乗る時までわかりません。 
 

当日の朝、4時20分にホテル前集合。

まだ肌寒い中、眠い目をこすりながら、送迎の車に乗り込みます。

車内では、まず注意事項のビデオを見て(3か国語)、その後は2時間程眠りながら乗船場所まで向かいます。

車が止まって目を覚まし、外を見るとそこには・・・ 

とても大きな気球が!!! 
 

すごく大きな音を立てながら、どんどん膨らんでいます。

どうやら私たちは2組目だったらしく、乗船の指示がなかったので、写真を撮影したり

ぼんやり眺めていたら、その気球がふんわりと浮かびあがりました。

その綺麗な光景といったら・・・

見とれていたら、スタッフの方から車に乗るように指示されました。

気球を追いながら、車を走らせます

しばらくすると、畑の真ん中に着陸した気球を発見。

畑の中は車では入れないので、リヤカーの大きい版のような荷台に乗り込み気球のそばに行きます 
 

そしていよいよ私達2組目が気球に乗る番です。

気球に乗り込む時は、1組目の一人が降りたら2組目の一人が乗り込むという形で交代します。

これは急に人数が減ると、気球が飛んで行ってしまうからだそうです。

うーん、面白い。 
 

交代完了後、ふんわりと浮かび上がり、あっという間に上空へ。

日の出後の澄んだ空気の中、遮る物のない高原をゆったりゆったり漂います。

音といえば、バーナーで高度を調整する音が聞こえるだけ。。。

 

とても優雅な気分のまま、あっという間に30分が過ぎ、着陸。 
 

でもこれで終わりではなく、この後2班だけのお楽しみが。

それは乗客みんなで協力して、気球を片づける。

24人乗りの気球はとても大きいけれど、空気を抜いて畳むとすごくコンパクトになるんです。

 

中々出来ない体験で、これがとっても楽しかったです。

気球ツアー、おススメですよ

 

2011/10/14
社員日記

時間は有限

 

こんにちは。ITのちゃっぴぃです。
 
社会人になって半年、時間に対する考え方が変わりました。
時間は有限だなんて、あまり考えたことがありませんでした。
1日がこんなに短いとも、1週間がこんなに早いとも感じたことはありませんでした。
 
毎日とても充実していますが、時の早さに圧倒されます。
人生設計を見直さないと何も出来ないまま時間だけが過ぎていってしまいそうで、少し恐怖を感じます。
 
新卒研修で、「キャリアデザイン教育」を受けました。
あの頃はただ漠然とあれがやりたい、これがやりたいと思うだけでしたが今は違います。
仕事に関しては、自分の出来ること出来ないことを知り、ステップアップに関する考え方が変わりました。
私事に関しては、もっと具体的に期限を決めなければと思うようになりました。
社会に出るということは、こんなにも自分を成長させてくれるのかと感心しています。
ここに書き記すのが恥ずかしいくらい、学生の頃の私は子どもでした。
 
仕事面でも、そして人間としても、もっともっと成長していこうと思います
 
ラクラスの皆さま、
ご迷惑をおかけすることもあるかもしれませんが、こんな私をこれからもどうぞよろしくお願いします
2011/10/13
社員日記

社会人生活早半年。

 

季節はすっかり秋。
一気に寒くなりました・・・。
そして、社会人になって早半年が過ぎました。
 
この半年どうだったかというと、時間が経つのがとにかく早すぎて、
正直「もう半年か~」というのが率直な感想です。
 
最近は、業務で任せていただく範囲も増え、毎日、社内であたふたしています。
(ご迷惑おかけした皆さま、スイマセン・・・)
それでも半年間、なんとかやってこれたのも、業務担当のおふたりやメンターさん、
同じチームの方々や皆さまのおかげです!!
(いつもありがとうございます!!!)
 
この半年間でできるようになったことは少ししかないと思いますが、
残り半年(1年後)にもっとできることが増えるよう、より一層あたふたしようと思います
今後ともよろしくおねがいします!!
 
オペの【坦々うどんの会・会長】でした
2011/10/12
社員日記

人生を秋に想う

 こんにちは。IT48です。
怒涛の9月後半を終え、とてもすっきりした気分です。
ミスがあってはならぬと、神経はりつめて作業したあとの解放感といったら!
プロジェクト完了の醍醐味です。
今ならとてもおいしそうにビールを飲む自信がありますので、ぜひ皆様私を打ち上げにお誘いください
調子のいいこと言っていますが、しかしこれからも安定稼働に向け頑張りたいと思います!

そんななか、久しぶりに開放的な気分で見上げた空は、秋でした。
夏は、忙しいさなかでも、お休みの日はいろいろなところに出かけました。今年も、夏休みの思い出いっぱいです。
しかし、夏がおわります。
私も、いつまでもうかうか遊んではいられません。
なんだか、最近、私、他に20代のうちにやり残していることはなかったっけ、と思いがよぎるようになりました。

そろそろ、いろんなことをスタートしたいと思います。

できればやりたいな~と思っていて、中途半端になっていたこと。
たとえば、英会話。
そして、趣味でインテリアコーディネーターの勉強もしてみたいな~とも思っています。
あとは、そろそろ大人の芸術鑑賞。クラシックを聴いたり、オペラを見たり、歌舞伎をみたり、今まで踏み入れてこなかった世界にも入ってみたいです。
他には…
誰か、ビールでも飲みながら熱く人生について語りたいというかた、ぜひ私をお供にお連れください

またまた調子のいいこと言っていますが、今後を見据えて、目標を持って頑張っていきたいと思います。

2011/10/11
社員日記

幸せのかおり

この半年、新たな仕事に挑戦しているスイーツ部長です

担当しているのは正解のない答えのないお仕事。

なかなか出口が見えません
しかし、もうひとつお仕事をしています。今日はそのもうひとつのお仕事について。

 

夕暮れ時、住宅街を通るといいかおりがしてきます

炒めもののかおり、焼き魚のかおり、カレーのかおり。

何だか懐かしいような、落ちつくかおり。

そう晩ご飯のかおりです

 

 

 

小学生の頃、遊んだ帰りに、このかおりをかぎながら

家路を急いだ頃が思い出されます。

 

大きくなって、こんな時間に家に帰ることもなくなり

すっかり忘れていた幸せのかおり

保育園の帰り道、息子との生活の中で、また出会うことができました。

 

我が家にとっての晩ご飯。

小さな怪獣君は離乳食を卒業したものの、まだ乳児食。

野菜をやわらかく煮込んだり、苦手なお肉にとろみをつけたり。

手間と時間がかかります。

 

 

時々疲れ果ててやめてしまいたくなる時も、発狂しそうになる時もあるけれど

でも毎日元気にニコニコ食べてくれるその笑顔がママの原動力です

 

 

 

 

 

バックナンバー

Copyright 2006-2021 Lacras Corporation. All Rights Reserved.