Diary社員日記

ラクラスではどんな生活が待っているのでしょう。
社員が日記に綴ります。

2011/10/07
社員日記

小布施見にマラソン

IT担当のおによめです。

 2年前のちょうど今頃、初めての日記にこんなことを書いていました。
 
私が走るのは、皇居と自宅近所ばかり。
いつも同じコースばかりじゃなく、別のコースも走りたいなと思って、
大会に参加を申し込んでしまいました。
と言っても、走る距離は5Km。
制限時間以内にゴールできるかドキドキです
 
あれから2年。海の日に長野で行われた「小布施見にマラソン」に参加してきました。
ハーフマラソン完走してきましたよ大分成長したでしょ?
 
35度を越える猛暑日だったので、タイムはよくなかったのですが本当に楽しい大会でした。
 
1キロ毎に用意された給水所ではお水やスポーツドリンク以外にも
オレンジ、アイス、りんごジュース、カリカリ梅、なんとワインまで出してくれるところがあって
ゴールするころにはおなかがたぽたぽでした
 
仮装をしているランナーさんも多く、
時々Bダッシュするスーパーマリオ
赤いちゃんちゃんこを着た老夫婦ランナー
(去年はウエディングドレスとタキシードでベストコスチューム賞をとったそうです)

 減量中のボクサー風(ちゃんとパンチを繰り出しながら走っていました)
炎のゴミゼロランナー(ゴミ拾いをしながら走っていました)
仮装ではないけど、震災のチャリティーTシャツを着た人たち
などなど・・・

 
沿道では生バンドの演奏もあったし、
応援してくれる小布施の人たちもたくさんいて、
数え切れない人とハイタッチをしました
20キロもの距離で途中つらかったところもあったはずなのですが
楽しかったことしか思い出せません。
 
また行きた~い!と思っていたら、一緒に参加したラン仲間から
「10月10日エントリー開始だよ!」と連絡がきました
受付開始と同時にエントリーボタンを押さなくては!とはりきっています
 
その前に、2年前と同じ大会(今度は10キロ)と、
11月に2度目のハーフマラソンがあります。
こっちも楽しんで走ってこようと思っています
ハーフはオペレーションの3人と一緒に走ります。よろしくね
 
そういえば、前の日記にはこんな残念なことも書いてありました。
 
運動をするとご飯がとてもおいしいですよね。
「走っているからこれくらいなら平気だよね」とついつい食べ過ぎて、
今年も順調に増量中です
 
ここは今も継続して増量中です。物理的に成長中?
だれか痩せる方法、教えてください
2011/10/06
社員日記

旅欲をかきたてる

活字中毒者さんに引き続き、今日も本です。
旅系でいきたいと思います。

 ①阿房列車 / 内田百けん(門構えに月)
 
内田百けん氏が、弟子のヒマラヤ山系氏とともに、汽車で日本各地を行脚する、その道中のお話。
2人の飄々とした会話が絶妙で、思わずにやにやしながら読んでます。
同氏の「ノラや」も、猫好きならおもしろいです。
 
②バルセロナの印象 / 長島有
 
夫と離婚し飼い猫も行方不明になった姉と、主人公と、その妻が、スペインはバルセロナに旅する話。
旅先という非日常で出会う、ふつうの気持ちとかふつうの光景が、なんだかすごく旅っぽい、というあべこべが平熱で書かれていて、ほっとします。
タンノイのエジンバラ、という短編集収録の作品。
 
③海辺のカフカ / 村上春樹
 
いわずと知れた名作。世界一タフな家出少年・田村カフカ氏が、香川県のとある図書館で生活する話。
毎年春になると読んで、ついそのまま連休に、瀬戸内海に行ってしまいます。次は直島に行きたい。
 
ITのボヘミアでした。
2011/10/05
社員日記

おすすめ本

活字中毒者です。
どなたかお気に入りの作者がいらっしゃれば教えてください。
あてずっぽうで本をゲットして読んでいるのですが、はずれが多いです。今回紹介させていただくのは、面白い本です。

破獄 (吉村 昭さん)
 この方は基本的に史実に基づいて小説を書かれているのですが、この破獄は、何回も刑務所を脱獄した方の物語です。捕まってもどうせまた逃げられると本人は思っているらしく、簡単に捕まります。そして本当に簡単に脱獄します。ルパンのようですが、ルパンより硬派です。
 
漂流(吉村 昭さん)
 江戸時代、台風によって遭難し、無人島にたどり着いた人の物語です。そこで10数年を過ごすのですが、台風の進路はほぼ決まっているので、数年に1度遭難者がその島にたどり着き、その人たちと協力して、何とか帰ろうとします。私だったら、一番先に弱って死んでしまうでしょう。
 
電車屋赤城(山田 深夜さん)
 電車メンテナンス会社(電車の下にもぐって破損箇所のチェック等を行う会社)のプライドある仕事ぶりを記述した物語です。
 本社は、最新車両の導入に躍起ですが、最新車両にしてしまうと、ほぼ全ての装置がブラックボックス化し、故障やメンテはメーカ任せとなり、下請け企業は何もできなくなります。その下請け企業の方たちが、最後の旧車両のメンテを行うのですが、なんとその車両が脱線事故にあってしまい・・・・
 自分の会社の資産を自分で面倒見れないのは、やはり悲しいものです。LIPは旧型かもしれませんが、ホワイトボックスなので、いつでも最新型に生まれ変われるのです。
2011/10/04
社員日記

モーニング娘。続編

こんにちは、おけいはんです。
この日記を書いている今、日本武道館ではモーニング娘。のコンサートツアー最終日が始まろうとしています。
そして今日は、リーダー高橋愛ちゃんの卒業コンサートでもあります。
そう、会社で日記を書いている場合ではないのです。
なぜなんとしてでもチケットを入手しなかったのか、本当に悔やまれます。
(田舎出身なので、ライブに行こうという発想が普通の人よりワンテンポ遅い)

高橋愛ちゃんはモーニング娘。に約10年在籍(最長記録)し、そのうち4年間リーダーを務めました。
他のアイドルたちの勢いもあり、なかなか世間に取り上げられない不遇の時代の中、
一生懸命チームを引っ張ってきた子です。
おかげで今やモーニング娘。は、ブームの頃より遥かにレベルの高いアイドルグループへと成長しました。
愛ちゃんお疲れ様!この想い武道館へ届け!

さてそんな愛ちゃんと入れ替わりで、第10期メンバーが加入します。
これもまた感慨深いといいますか、10期も続くなんて本当に素晴らしいことだと思います。
メンバーの卒業・加入を繰り返しながら、今までの歴史・伝統を守りつつ、
常に進化し続けるアイドルグループが他にいるでしょうか。
そんなグループを作り上げたつんくさん、歴代・現役メンバーたちのことを尊敬してやみません。

新しく生まれ変わったモーニング娘。を、これからも応援していきたいと思います。
あとこの日記にドン引きせず、一緒に応援してくれる人も随時募集しています。
 

2011/10/03
社員日記

2012年5月21日7時32分

昔々その昔、科学大好き少年でした。わからないながらも、理科年表(国立天文台が出版している科学に関するおよそあらゆる種類の基礎情報を詰め込んだ本)を眺めては、色々な想像を膨らませていました。

中でも興味があったのは天文に関する章。特に「皆既日食」と「金環食」に関する項。地図の中に細い線と日時が描かれているページがありまして、線が黒であれば、それは皆既日食が見える地域と日時です。白抜きであれば、それは金環食が見える地域と日時を意味しています。部分日食は広い範囲で見えますが、皆既日食と金環食は細い線の上の地域でしか見ることができないのです。

地球は太陽という恒星を周っている惑星であり、月は地球という惑星を周っている衛星です。太陽系のすべての惑星の中で、月という衛星ほど地球という惑星に対して相対的に大きな衛星をもっている惑星はありません。

地球から見た月の見かけ上の大きさ(視半径といいます)と、太陽の視半径はほぼ同じです。「ほぼ」同じであるからこそ、皆既日食と金環食という2種類の現象が起こります。月が太陽を隠すほど大きければ皆既日食になります。月よりも太陽の方が大きければ、月は太陽を隠し切ることができず、前にある月の周囲から太陽の光が漏れる「金環食」になります。細い指輪のようなきらめきです。

月と太陽の見かけ上の大きさが変化するのは、その軌道が正確な円ではなく、楕円だからです。

さて、2012年5月21日7時32分です。
この時刻から5分4秒間、東京で金環食を見ることができます。
理科年表を見ながら夢を膨らませた金環食を見ることができるのです。

東京で金環食が見えるのは、187年ぶりのこと。
江戸時代の人たちはきっとびっくりしたでしょうね。

今から楽しみ。
晴れますように。
くろくまでした。

バックナンバー

Copyright 2006-2021 Lacras Corporation. All Rights Reserved.