Diary社員日記

ラクラスではどんな生活が待っているのでしょう。
社員が日記に綴ります。

2011/12/15
社員日記

丸ノ内線

 はじめまして!

 
ラクラスに入社してから初めての日記です 
 
小さい頃から丸ノ内線には縁があり、久しぶりの通勤に懐かしさと少しの嬉しさを
感じながら毎日通勤しています。
 
今では、オンとオフの切り替えをするには少し長めの通勤時間も悪くないのかもと
思えるようになりましたが、高校時代から10年間利用してきた丸ノ内線から
JRに変わったときには「一区間が長い 」 「まるで遠足みたい 」等々
いろいろ思ったものです。
 
ワンマン運転、ホームドア・・・あの頃からずいぶん丸ノ内線も進化(!?)していて
新鮮な反面、変わらないのが車内に乗った時の感覚です。
「あぁ、丸ノ内線の感じ!」とほっとしてしまいます 
いろいろ変化のある学生時代に利用した思い出のある路線だからなのかも・・・ 
 
そんな思い出と雰囲気に浸りながら、本を片手に後楽園までの
中距離通勤を楽しもうと思います! 
 
コンサル でぃん
2011/12/15
社員日記

人間ドック

 テゴマスと嵐のLIVEチケット購入により、亀貯0円のまっとうコンサルです。

 
先日、人間ドックを受けてきました。
・・・そもそも、ドックってネーミング、もう50年以上も前に名づけられたものらしく、
今ではタンカーより人間の検査っていうイメージが定着していますね。
言葉って、文化~。
 
さてドック。
私をブルーな気持ちにさせる年次イベントの一つ。
特に苦手な検査を一部ご紹介しますと、
 
1、眼圧
プシュっと空気が出てくるやつです。
左目がどうもダメで、目を開いていられず何回も失敗。
(結局技師さん、検査を諦めた?と思ったことも・・・)
 
2、マンモグラフィー
女性にとって画期的な装置だとは思うのですが、
工夫&改良を是非お願いいたします。
 
3、バリウム
え、造影剤なんだから仕方が無い?
お言葉を返すようで恐縮ですが、飲むことで体調が崩れたり、
ストレスさえ覚えるこの硫酸バリウム様にどう向き合えばよいのでしょうか。
 
今回も最後の悪あがきで、X線の技師さんに、
咳がでることと、私の胃はすこぶる快調であることを申し出ました。
技師さんは満面の笑みで「さぁ、ゆっくりやっていきましょう。」
結局、逃れることができませんでした。。。
 
以前新聞で読んだのですが、
24時間体内の様子を撮影し続ける超小型カメラがあるそうで、
これが普及すれば、この白いドロドロの液体から解放される日がやってくるかも 
 
科学や技術の進歩はとても大事なことです。
 2番じゃダメですか?なんて順位で考えるのではなく、
一見ムダに思えるその努力が、不可能を可能にする尊さを
お嬢様におかれましては、お忘れなきよう。
 
2011/12/14
社員日記

○○デビュー

 小さいときはクリスマスと誕生日のプレゼントが一緒にされていたはちです。

今年も大人になる季節がやってきて、つい最近誕生日を迎えました。
 
毎年12月は何か新しいことをやってみようと思いつつ、
なんとなく過ぎてしまっていましたが、今年はなんか違う!!
 
なんだかデビューが多いこの12月になりそうです。
 
・・・誕生日当日 = テキーラデビュー
仕事帰り友人と新丸ビルでイタリアンディナー(おしゃれ
バーカウンターでお酒を飲みつつ会話していると隣のおじさまに声をかけられる。
誕生日だというとバーテンさんも含めみんなでテキーラでお祝いしてもらう(大人
 
初テキーラとともに初りんごのブランデーをご馳走になる。
きれいなイルミネーションのとおりを歩いて満足♪
 
 
・・・誕生日休暇 = スキューバデビュー
今年の夏休みにきれいな海でシュノーケリングをして以来、
もっと潜りたいという願望から誕生日休暇を利用して初スキューバをしてきました 
初めは耳抜きが下手すぎて耳が痛かったのですが、
できるようになってからは周りの景色に感動!!
2本目は沈没船まで潜ったので、陸上にはない異空間がそこにはありました。
 
 
・・・年末 = 1人暮らしデビュー
前回の日記では部屋さがし真っ只中でしたが、ついに今月引越しを決行します 
初めのうちは荷物を運びつつ実家を行き来するつもりですが、
ちゃんと実家にいられるのもあと少しと思うとさみしいやら人恋しいやら・・・ 
現在、断捨離真っ只中です。
無事引っ越せるのか引っ越せないのか。
事件が起こるのか起こらないのか。
気が向いたら続きは次回ご報告しまーす
 
2011/12/13
社員日記

ロビンソン

 千葉県から来た299です。

 
2011年も終わりに近付いてまいりましたので、今年を振返って印象に
残っているおもろかったことについて書きます。
 
私事ですが、今年5月に長女が産まれました。
名前は妻が好きなスピッツ(バンド)にまつわるものにしようと
決めていたので、そのようにしました。
名前の由来をある人に言ったところ、「なんでロビンソンじゃないんだ。」と
言われました。
なんでと言われましても。。
「なんでロビンソンじゃないんだ。」と言われたことをまた別の人に言ったところ、
「だって女の子ですよね?」と
言われました。
いやいや、男の子だとしても、そうはしませんから。。
 
ともあれ長女はすくすく育っています。
2011/12/12
社員日記

長期休暇

 こんにちはトレハロースです。

IT担当です。
 
先日インフルエンザの予防接種を受けました
わたくしは基本的にチャキチャキの江戸っ子ばりに医者嫌い病気知らずの無頼漢ですが
インフルエンザだけは恐ろしいのです
一度だけ罹患しましたがそれはとてもとても退屈な病だったのです
 
当時大流行のさなか朝起きると体がアツイ
猛烈に発熱していましたが倦怠感などより先にやってきたので
むしろ体温上昇によりテンションあがります
その熱も病院いってタミフル飲んだらすぐに下がります
ですがその先が長い
熱が下がっても感染能力があるらしく一週間は自宅軟禁
体はすっかり健康なのにとりあえず不貞寝をして過ごすしかありませんでした
特効薬があるとはいえ体力の弱い方々がかかると命の危険性もあるウイルスを
撒き散らすわけにはいけません
恐ろしい病です
 
Copyright 2006-2020 Lacras Corporation. All Rights Reserved.