Diary社員日記

ラクラスではどんな生活が待っているのでしょう。
社員が日記に綴ります。

2012/06/11
社員日記

おすすめ本

活字中毒者です。
スティーブジョブスの本をまだ最後まで読みきれていません。スティーブジョブスって、技術者ではなかったんですね。
 最近読んだ本を紹介します。
 
虹色ほたる~永遠の夏休み~ (川口 雅幸さん)
 会社で映画の招待券をいただきました。ついつい本を買って読んでしまいました。(映画はまだ行ってません。)
文庫本で、上下巻に分かれているのでヘビーかなと思っていましたが、すいすい読めました。子供のころは、超ド田舎で育ったため、昔を思い出しました。物語は子供でもわかるように単純でひねりはありません。
 
ルパンの消息(横山 秀夫さん)
 いつものように、エレベータ内でもこの本を読んでいたら、一緒に乗っていた会社の人に“私この小説読みました!!”と言われました。その後、“最後がねーー”と言われたときは、“結論言っちゃうの?”と心配しましたが、そんないじわるはされませんでした。
 本を読んで頭を使いたくない私は、トリックを理解することを放棄しています。なので、本当の面白さは判っていないのかもしれませんが面白かったです。
 
大脱走 スピンアウト(高杉 良さん)
 “燃ゆるとき”等、この方の作品はドキュメントが多いのですが、この大脱走は実名(会社名、人物名共)で書かれています。
 大企業のシステム開発の外販ビジネス部門(お客さんのシステムを開発する部門)が、組織変更でなくなる運命になります。上層部は、社内(本業)のシステムの充実化を図りたいための判断だったのですが、その部門の方がスピンアウト(退職)し、ベンチャーを立ち上げようとします。
 んんんっ!!
 部門内の技術者(キーマン)をどんどん引き抜いていくのですが、なぜ優秀なのか、どのような技術があるのでベンチャーで成功できるのかの裏づけが書かれていないので、よくわかりませんでした。
 ただ、実名なのがすごいです。
2012/06/08
社員日記

長年の相棒とさよなら

ライフル射撃を18歳のときからやっていたのですが、最近なかなか大会に出ることもできず、ついにこの3月に愛銃を手放しました。

これまで手にしたライフルは3丁。

 

1代目:ファインベルグバウ モデル601、空気銃。

所持からすでに20年以上、Made in West Germany。買ったときは、ドイツがまだ東西に分かれてたもんなぁ。

当時、空気銃の最新モデルで、世界のトップシューターのほとんどが使っていたほど画期的なモデルでした。

何と言ってもバランスがよい。しかし、トリガーは優柔不断気味でキレいまひとつだったな

コイツのおかげで、大会で獲得したトロフィーやら盾やらメダルは、大きなダンボール2箱ほどになり、実家の倉庫に眠っています。

さすがに古過ぎて、もらってくれる人もいないので、今回、廃銃処分となりました。今までありがとう!合掌。

 

2代目(番外編):ワルサー モデルGX1、22口径の実弾。

ワルサーといえば、ドイツの鉄砲屋さんの老舗。ルパンⅢ世もジェームズボンドも銃はワルサー

さっきのモデル601が人間工学を究めた銃なら、当時のこいつはまさに質実剛健、大きさはゲルマンサイズ、とっても扱いづらいでした。

構えられるもんなら構えてみろ、みたいな。

2代目は、大学卒業とともに、後輩の女子選手にられました。構えることできたのかな?

 

3代目:アンシュッツ モデル2002、空気銃。

10年ほど前に、やはりドイツから輸入した銃。1代目はポンプ式といって、一発撃つごとに、

銃についているレバーをコッキングして空気を圧縮する必要がありましたが、この世代からは

圧縮空気タンクを内装つまりコッキングが不要になった)、銃床も木製から、アルミフレームに変わりました。

撃つのは楽になりましたが、使用するごとに圧縮空気をプレチャージしなくてはならないので、

でかいアクアラングの親タンクも一緒に買うことに維持費が、、、

3代目はまだ活躍できそうなので、銃砲店に預けられ、いずれ後輩の大学1年生が使うことになるでしょう。

 

いずれまた、余裕ができたらライフルをはじめよう、でも今度はピストル競技がいいかな、と思うわらじすとでした。

2012/06/07
社員日記

大福

最近はまっている菓子ですが

護国寺にある某和菓子屋の豆大福にはまっております。

モチモチした餅、ちょうど良いかたさの豆、甘すぎずちょうど良い塩梅の餡

たまらなく美味しいのです。

今回、買いに行ったときはお昼頃に行ったのでかなりの行列でお店の人からは

かなり微妙なのでもしかすると買えないかもしれませんとのことでしたが

1時間後、無事に購入することが出来ました。

その日は暑かったのでちょうど水羊羹も販売しており、

予定外でしたが購入をしました。

これもまたちょうど良い塩梅で甘すぎず、みずみずしく美味しく頂きました。

皆さんもよろしければ一度ご賞味ください。

ごり

2012/06/06
社員日記

もう今年も半ばですね・・

入社して3ヶ月が経ちました、OPKです。

 

今日は、映画について書きたいと思います。

 

毎年映画を20本くらいは、映画館で見るようにしています。

今年は、例年になくスローペースで現在まだ8本しかみていません。。

この状況でまだ前半ですが、あえてランキングしてみたいと思います!

 

 

1位 ヘルプ

 

2位 アーティスト

 

3位 J・エドガー

 

他には、マーガレット・サッチャー、ダークシャドーも見ましたが期待が大きすぎたせいか、完成度は、

高いと思いまが好きか嫌いかと考えると。。「あまり・・・」でした。

 

ヘルプは、おすすめです☆

人種差別問題の小説が映画化されたものですが、何となくパワーがつくような気がしました!!

 

さて2012年後半は、どうなるでしょう。期待したいです♪

2012/06/05
社員日記

どこが気に入ったのかわからないのですが、我が家の玄関に鳩が巣を作ろうとしています。

ある朝、ドアを開けたら「バサバサッ」と大きな音がしました。
傘でも倒したのかなと思ったら、床に小枝が散らばっていました。
顔を上げると、鳩が手すりに止まっていました。

まったく逃げる気配もなく、特にこちらを見る様子もなく、手すりにとまったまま。
声を出して追い払うと、離れた場所にいるもう一羽の方へと飛んでいきました。

小枝を片付けて、さて会社へ行こうとドアを開けると、再び「バサバサッ」という大きな音。
床を見ると小枝が散らばっていて、顔を上げると鳩が手すりに止まっている。先ほどと同じ風景です。

今度こそ追い払おうと決めて、傘を振りながら近づくと逃げていきました。
後は管理人さんに引き継いだのですが、何度追い払っても、性懲りもなく戻ってきたそうです。よほど気に入る何かがあったのでしょう。
結局、彼らが巣を作ろうとした天井の梁にネットを張って、強制排除するしかありませんでした。

朱鷺もそうだけど、この時期は鳥たちの営巣と子育ての季節なんでしょうね。
かつては2度もカラスに襲われ、今度は鳩に家を奪われそうになったくろくまでした。
鳥って怖いです。

Copyright 2006-2020 Lacras Corporation. All Rights Reserved.