Diary社員日記

ラクラスではどんな生活が待っているのでしょう。
社員が日記に綴ります。

2012/08/17
社員日記

習慣の力

・円高だから
・今年に入って更に英語でコミュニケーションする機会が多いので、触れる量を増やしたいから
という理由で、高校の時に無理やり読まさせられた以来で洋書を購入しました。

せっかく買うのだからだから、
・最後まで興味を持って読めそう
・ビジネスレベルっぽそう
・仕事/プライベート両方に役立ちそう
・レビューがいっぱいついている、かつ評価が高い
という観点で探したところ、
「習慣」に関する本が売れているらしいということで、購入しました。

タイトルは
”The Power of Habit: Why We Do What We Do in Life and Business”
(※ちなみに、この本は339レビューついていました。)

アマ○ンは本当に安くてすてき。

習慣というのは、
”引き金になるきっかけ→一連の行動→報酬(行動の結果として得られるもの)”
という3つで成り立っていて、この一連の流れを繰り返しで強固にすることで
脳のとある深い部分に刻み込まれ、半ば自動化された状態にまで進化するのだとか。

例えば、アルコール中毒の人の習慣は
酒を見る・手に取る→買う+飲む→酔っぱらって現実逃避できる
というような構造化できるらしい。

あるいは、家に帰るとついついテレビをつけてしまう、というのは
リモコンが目に留まる→テレビをつける+チャンネルを変える→楽しい
というような風に当てはめることができます。

この本では上記のような習慣の一連の流れについて様々な事例
・病気で倒れた結果、記憶する能力を失ってしまい、自宅の見取り図も書けず、
自分がどこにいるかもわからなくなっている人が、なぜ近所を全く迷うことなく散歩できてしまうのか?
・アルコール中毒だった人がどうやってアルコールを断ち切れたのか。断酒会が果たしている役割とは?
・P&Gはどうやってファブリーズを消費者に根付かせたのか
・弱小チームだったアメリカのとあるNFLのチームがどうやって勝てるようになったのか
・アルコア(アルミニウムに関係する世界的なメーカー)が会社を立て直すために根付かせた習慣は?
・・・
を通じて、習慣を根付かせる/変える/止める過程など、習慣にまつわるメカニズムや科学的な裏付けが説明されています。

まだ3分の1程度読み進めた段階ですが、事例が面白いので最後まで楽しめそうです。
ついでにこの本を通じて、自分に根付いている”習慣”を改めて確認して、自分のブラッシュアップも試みたいと思います。

ガーリックナンでした。

2012/08/16
社員日記

残暑

こんにちはオペレーションのおむらいすです。
 
今年の夏は蝉の鳴き声を聞いていない気がします。
近所の大きな公園でも、最近足繁く通っている実家の東京郊外でも全然聞いていないです。
みなさんはどうですか?
意識しないという人も多いと思いますが、
意識しないということはきっと聞いていないんだと思うんです。
蝉すらもいなくなったと思うと、少しさみしくなります。
 
昨年の春頃の日記でも季節感のあまりない生活をしている話を書いた気がしているのですが、
今年も相変わらず季節感の薄い生活をしています。
やはり夏は夏らしく、冬は冬らしく季節の遊びをし、季節のものを食べ、季節を感じながら生活したいですよね。
 
もはや残暑ですが、夏休みはこれからなので夏らしくをテーマに過ごし方を考えようと思います。

 

2012/08/15
社員日記

もうすぐパパ

こんにちは、トランジションチームのぴろです。
順調にいけば今年の9月末についにパパデビューです!
先日ベビーザラスと赤ちゃん本舗をはしごして準備を整え、やっと実感が湧いてきました
あとは名前を決めればOKなのですが、ここが悩みどころ。
最近多いキラキラネームと呼ばれる、昔はないような名前も考えたのですが、
自分の子だと考えると名前負けするとかわいそうなので、その線はやめました
画数、響き、漢字の意味に加えて、本人の書きやすさなども考慮してあげようと思うとなかなか決められず、
電化製品を比べるがごとく、あらゆる観点から模索の毎日です。
最終的にはたとえ響きが無難であっても自分達なりの思いをこめた名前をつけたいと思います。

 

2012/08/14
社員日記

ちょうちん

先々週、山口へ帰省してきました。
金曜日仕事終わった後から月曜日までと短い時間ではありましたが、子供たちにとっても短い夏休み、ということでリフレッシュすることができました。今回はそんな帰省日記をふるさとの方言で書いてみます
 
・金曜夜:出発
私と家内は仕事終わってから、子供たちはじいじとばあばに保育園に迎えに行ってもろうて、羽田空港に集合したんよ。
19:00発のANA699便はボーイング787!最新鋭じゃけぇね。
シートの足元が広いんと、国内線でも一席一台のタッチパネルモニタがついちょる。じゃけ、子供たちも飽んこぉポケ〇ンを鑑賞して山口宇部空港へ到着。
 
・土曜日:収穫とパーティ
気温37度、これぞ盆地の夏。田舎は空の色が違ういね、とノスタルジーに浸る。
実家の庭では百日紅(読めるかいね?)がきれいに咲いちょって、その周りにはきゅうり、トマト、カボチャ、スイカらが生えちょる。これらの野菜を子供たちが収穫して晩御飯。
前の日が誕生日じゃった息子の2歳の誕生日パーティをいっしょに開催(ケーキはほとんどお姉ちゃんが食べたんじゃけどね)
 
 
 
 
・日曜日:ちょうちん祭り
山口のこの時期のイベントは、旧暦の七夕にやりよる「七夕ちょうちん祭り」。ちょうちん祭りに出るんは高校生以来20年ぶりっちゃ。
中心街のアーケード(ちゅうても高円寺くらいじゃけ)を中心にたくさんのちょうちんが灯されてぶちきれいなんよ。
このちょうちん、電気じゃのおて本当にろうそくを立てちょるんよ。なのでなにかの拍子にろうそくが倒れると、ちょうちんが燃えながら頭の上から落ちてくるそっちゃ(笑)
 
 
 
・月曜日:帰京
月曜日はまた宇部から東京へ。帰りも787でポケ〇ン
東京は大雨と雷がひどかったみたいじゃけど、ちょうどあわんでえかったわぁ。
じゃけど羽田からの帰り道がちょうど帰宅時間にあたってしもぉとったけぇ、これが一番大変じゃった。ぶちたいぎぃ
 
 
こうして東京へ、標準語へと戻ってまいりました。
SCの長州人でした。
2012/08/13
社員日記

オリンピックの裏側で、熱い(?)戦いをしていた私。

こんにちは。コンサルの村民です。
 
実はワタクシ、つい先日、国立競技場のトラックを走ってきました
というのも、「12時間リレーマラソン」なるものに参加したのです。
 
国立競技場のトラックを含む1周1.4キロのコースを、チームで襷を繋ぎながら
12時間で何周できるか、というこのレース。
夜の7時から朝の7時まで、交代しながら夜を徹して走ります
 
マラソンとか決して得意ではないのですが、国立競技場を走れるというレア感と
達成感ありそうだし楽しそう!というお祭り魂とで、うっかりエントリーしてしまいました。
 
熱帯夜の蒸し暑さに苦しめられたり、給水のコーラにむせたり(何で給水に炭酸飲料!?)
花火が上がってテンション上げ上げになったり、スイカが配給されて今年初スイカを食べたり、
ちょっとの上り坂で心が折れたり、午前3~5時頃は交代要員が手薄になってしんどかったり・・・
いろいろありましたが、我がチームは、101周・141.4キロでゴールしました!(200チーム中、51位!!)
 
・・・私は、6周しか走ってませんが。
でも、人手不足になった夜中に走ったし、一生懸命応援したし(応援してもらうとほんと頑張れるんですよ!)
写真も撮ったし、戦闘力が足りないなりに頑張ったんですよ。。。
しかも、しっかり筋肉痛にもなったし・・・。
 
貢献度はともあれ、ゴールしたときの達成感はやみつきです。
きっと秋の大会もエントリーしてしまうな。。。

 

バックナンバー

Copyright 2006-2020 Lacras Corporation. All Rights Reserved.