Diary社員日記

ラクラスではどんな生活が待っているのでしょう。
社員が日記に綴ります。

2012/10/02
社員日記

内定式

今年も101日がやってまいりました。
来年4月に入社予定の新卒男女合わせて5名の内定式です。

思い起こせばラクラスは、事業開始の1ヵ月後には、新卒採用活動を開始していました。
それぐらい新卒のもつ力と、新卒採用の重要性を信じてしました。

事業開始の9ヵ月後に入社してきた新卒君は、いまや立派な中堅エンジニア。
丁寧な仕事でお客様に信頼され、そして後輩の憧れの先輩へと成長しています。
以降入社してきた新卒君達も、ラクラスという会社の企業文化を支える根幹として、職分を超えた活躍をしています。

さて、今年の内定者5名はどのように育っていくのでしょうか。
そして、今年4月に入社した5名はどのように先輩として振舞っていくのでしょうか。
半年後が今から楽しみです。

マジョラムでした。

2012/10/01
社員日記

どぜう

 東京に来て、早9年目。ITのスバールバルです。

 
大学から東京に出てきたのですが、もうそんなに経ったのか。あっというまの8年でした。
ただ東京の8年間で、東京らしいものをそんなに体験していないんじゃないか、とも思います。
これぞ東京(江戸)、という文化には思ったほど触れていない
そんなこんなで東京体験をしたいと思い、
 
どぜう鍋
 
を初めて食べました。
 
どじょうを今まで食べたことなく、どんなものか一度体験したく、
どぜうで有名なお店がいくつかある浅草に行きました。
 
お店についたら、さすが老舗!という店構えに、そして観光地の宿命、行列。
そして待ちながら、お店の隣にある某社を見て、あるゲームの最強パスワード(住所を入力するあれ)を
思い浮かべてしまいました。
 
そうこうして20分ほどで入店。
いざお店に足を踏み入れると、タイムスリップした気分。
一面畳の座敷。家のつくりも古い。
お店の雰囲気だけでも来たかいがあったなぁと思いました。
そして注文したのはどぜう鍋の定食。
どぜう鍋は、酔わせたどじょうを鍋で煮る料理だとか。
 
そして料理が届いて一枚
 
 
一見すると少しグ○いように感じましたが・・・
味付けは甘辛の割下、少し濃いめです。
それにネギを大量にのせて火が少しとおってから食べるんですが、
ごはんがすごく合っておいしかったです。
そしてどじょうを丸ごと食べるので、スタミナが付きそうでした。
 
まだまだ東京のことなんてほとんど知らないんだなぁと思いながら、
東京でしたいことを何か探そうと思った体験でした。

バックナンバー

Copyright 2006-2022 Lacras Corporation. All Rights Reserved.