Diary社員日記

ラクラスではどんな生活が待っているのでしょう。
社員が日記に綴ります。

2013/02/06
社員日記

スキーも仕事も

 

昨年4月にシーズンオフしてから、ずっと待ち焦がれていた
2013スキーシーズンが始まりました!
 
早速3回ほど滑ってきました。
2、3本軽く滑り体を温めてから頂上に行くとこの絶景!
非日常感を満喫できますね。

 

しばし景色を堪能してから滑り初め、丁寧にターンを繰り返し、
徐々にスピードを上げて行きます。
すると、不思議な感覚を憶えます。
斜面の凹凸を体で受け流し、時には飛び跳ね、まるで
石ころになって転がり落ちて行くような感覚です。
 
滑りきった時の達成感も気持ちいいのですが、滑っている最中の
この感覚も気持ちいいのです。
でも、この感覚になれるのは思いどおり滑れているときだけです。
 
仕事も同じような気がします。集中して作業がはかどっている時は
なぜか心地よい!
いつも同じようにできるのが一番よいのですが、様々な要因で
集中できないことも多々あります。うーん、残念。
 
スキーも仕事も最高のパフォーマンスを常に出したいと
願っている、ITのドロえもんでした。
2013/02/05
社員日記

女の嫉妬

 

女「これで終わりにするか!続けるか!シャア!」
男「そんな決定権がお前にあるのか!」
 
 
・・こんにちは。イタマエです。
4歳と7歳の娘のパパです。趣味は料理とガンプラです。
 
冒頭の写真と台詞は宇宙で行われた壮大な痴話喧嘩の1シーンですが
以下にとある家庭の女達の嫉妬の1シーンをご紹介しましょう。
 
女1「たらこゲット!」(最後のひときれ)
女2「あぁ~それ女2ちゃんがたべるのだったのにぃぃ」
女1「早いもん勝ちなんだよ~」(モグモグ
女2「・・・・・女2ちゃんの」(涙たまる)
女2「・・たらこだったのに・・ずぅるぅいぃぃ」(涙落ちる)
女1「ごちそうさまでしたぁ!」(完食)
女2「ぅヴぁぁぁぁぁ~~~」(号泣)
女2「ママぁぁだっこぉぉぉ」(鼻水追加)
女0「はいよしよし」(ハグ)
女0「女1ちゃん、今のはちょっとヒドいんじゃな~い。」
女1「えぇ~・・だってぇ~・・」
女0「だってじゃないの。女2ちゃんになんていうの。」
女1「・・のこってたもん・・」
女0「あっそう!じゃぁもう女1は今度からたらこ無し!!!」(落雷)
女1「ええええぇぇぇ」(涙目)
男 「まぁ待て待て」
男 「女2ちゃんはたらこ食べたかったね」
女2「うん」(鼻水)
男 「女1は早いもん勝ちだと思ったね」
女1「うん」(涙目)
男 「じゃあ男が先に全部取ってもいいかな?」
女1「ううん」
男 「それは嫌だよね。はんぶんこにしようって言われたらどうかな?」
女1「そのほうがいい」
男 「女2ちゃんもそう思ってると思うよ」
女1「・・そうかぁ」
女1「女2ちゃんごめんね・・」
女2「・・いぃよ・・」(鼻水)
女1「ママ・・」
女0「ん?」
女1「だっこ」
女0「えぇ~もう1年生のお姉さんが?」
女1「女2ちゃんばっかりずるい!」
女0「はいはい」(ハグ)
男 「・・さて、女0さん、大声出さない約束だったよね。」
女0「はい」
男 「なんていうの」
女0「ごめんなさい」
男 「はい」
男 「よし、食べよう」
女0「男・・」
男 「はい」
女0「だっこ」
男 「・・・!?・・・はい」(ハグ)
女1&2「ずっるーい!」
 

・・うぅむ女の嫉妬恐るべし。イタマエでした。

2013/02/04
社員日記

目指せ、72!

今年に入って、72という数字を目標を掲げています。
新規お客様の受注件数ではなく、ゴルフのスコアでもありません。
僕の目標体重。

年齢が30代後半に入り、一気に中年太りの傾向が表れてきました。
3年ほど前は、かれこれ20年ほど72kgの体重を維持していたのですが、あれよ、あれよという間に
体が重くなり、お腹まわりはタプタプ。

僕の場合、太る原因は明らかで、食べる量がすばらしい(いっぱい食べる)からです。
飲んでいる時は、ほどほどですが、それ以外の食事は限度を知りません。
食べられるだけ食べてしまいます。

というわけで、運動してエネルギーを消費する以前(その時間を確保するのが厳しいので)に、
まずは、カロリーコントロールを実施してみようと思い立ちました。

iPhoneアプリに『カロリー管理』という、機能がとても素晴らしいアプリがあるのですが、
そのアプリを使って、今年に入ってから記録をつけ、コントロールしています。

記録の付け始めは、77kg。
5月末までに-5kgを目指す場合、一日あたりの摂取可能なカロリーは約1,900kcalと
このアプリが教えてくれます。

目標体重を目指して、毎日、1,900kcal前後に収まるように、日々の食事を制限している訳ですが、
先日、久々に体重を量ってみたところ、70kgまで減っていました…。

1ヶ月もたたずに、-7kgです。断食しているわけでもなく、ちょっと、食事量を意識するだけで。
これが事実なら、みんなに知らせないと、と思ったのです。

しかし、確かにやせてきている実感はあるけれど、なんかおかしい、この数字…。
もしかすると何か大変な病気にかかっているのでは?

と、考え、もう一度体重を量りなおすと、今度は77kg。
ん…。

計6回ほど確認してみると、69kgから80kgまで、不規則に体重が表示されるではないですか…。
そう、体重計が壊れていたのです。

急いで、信頼性の高そうな某国産有名メーカーの体重計を買ってきて、測りなおしたところ、
79kg。何度測っても、79kg…。
きっと、これが本当の体重なのだろうと思いながらも、思わず服を脱いでしまいました。
(脱いだところで大して変わらないけど…)

一体、僕は何キロまで太ってたんだ?、もしや80kgオーバーまで行ってた?
道理でドライバー(ゴルフ)の飛距離が伸びるわけだ…、とか、ぶつぶつ独り言をつぶやくこと10分。

気を取り直して、カロリーコントロールによるダイエット、再出発です。
現在の体重を入れなおして、目標数値は72kgのまま(-7kg)。食事は1日、1,800kcalまで、
制限されてしまいました。

これを続ければ、夏を迎えるころにはきっとスリムボディーになっているはずだ。
次回の社員日記で成功体験を報告できるように頑張ろう!!と思いつつ、
お腹を減らしているCAULでした。

2013/02/01
社員日記

水族館

こんにちは。コンサルの海男です。
 
水が大好きな私は、海、川、プールだけでなく、水族館も大好きです。
 
最近は、家族で東京ソラマチのすみだ水族館に良く行きます。
 
規模は決して大きいとは言えないのですが、展示の仕方が面白くてとても気に入っています。
特にペンギン!みんなのびのびと暮らしていて、とってもかわいいですよ~
 
入館料は大人2,000円で、はじめ規模のわりに高いと感じましたが、年間パスポートが4,000円で、こちらはお得感があります。
2回で元が取れるなんて、変わった年パスですよね。
 
しかもユニークなのは、普通の入館料2,000円で入館して、気に入ってまた来たいと思ったら、帰り際に差額の2,000円を払えば年間パスポートに切り替えてくれるところです。
 
これってすごくお客様志向なサービスだと思いました。
 
我々のビジネスに置き換えると、初期投資が高いパッケージソフトは想定した効果が得られなかった場合のリスクが非常に高いのに対して、ラクラスの様にSaaSでサービスを提供する方がやはりお客様志向だなと、あらためて感じました。
 
さて、最近撮った写真を1枚。
お魚はどこにいるでしょう?

バックナンバー

Copyright 2006-2021 Lacras Corporation. All Rights Reserved.