Diary社員日記

ラクラスではどんな生活が待っているのでしょう。
社員が日記に綴ります。

2013/05/31
社員日記

悪の求人募集。

『ショッカーが人員を募集します!』

先日、そんな奇妙なポスター(イベントの)を見つけました。
 
悪の秘密結社が、人員を大々的に募集!!?
いろいろな意味で大丈夫なのだろうか・・・(笑)。
 
ショッカーと言えば、昔懐かしの初代仮面ライダーに出てくる雑魚キャラ。
口を開けば『イーー!!』と叫び、集団で仮面ライダーに立ち向かうもあっという間にやられてしまう。
そんな脇役でしかないショッカーにわざわざなりたいと思う人がいるのかな・・・?。
きっと労働条件だって悪いはず、ブラック企業なのは間違いありません。
 
でも、悪の秘密結社の一員になれるチャンスなんてそうそうないと思うので。
私はこの会に参加することにしました。
 
受付を済ませて中に入ると、大勢の人と案内役のショッカーで会場がごった返しています。
 
ショッカー採用試験では『知力・体力(血圧、握力)、視力、運、判断力、観察力、忠誠心』が試されます。
 
テストの中で個人的に面白かったのは、血圧と忠誠心。
 
血圧を測る機械は、最近あまり見かけなくなったポンプ式の血圧計。
ショッカーが小声で『イッ、イッ』とささやきながら押して計ってくれるのですが、なんともシュール(笑)
 
忠誠心は舞台に立って『イー!』という声とおなじみのポーズを、真剣にできるかという事で試されます。
30年生きてきたけれど、大声で『イー!』と叫んだ事などもちろんあるわけもなく、とても恥ずかしかったです。
 
無事に試験をクリアすると、認定証が貰えます。
 
私ももちろん貰いました。
今日から秘密結社の一員です。あ、この事は内緒でお願いいたしますね。
 

全身タイツをいつ買うか悩んでいる、ITNEKONYASSでした。

2013/05/30
社員日記

流行りのヤツ

近よく聞く「酵素」を昨年末より取り入れ始めました。

とは言っても、果物や野菜に含まれる酵素を、スムージーにして直接摂ってしまうという単純な方法です。
普通のミキサーにかけると壊れてしまうらしいデリケートなもののようですが、
我が家にある安いミキサーでリンゴやニンジンをミックスしたスムージーでも効果を実感することができました。
 
それが何かと言えば花粉症です。今年の大量花粉情報にシーズン前からビクビクしていたのですが、
季節が終わってみると、強い薬に頼ることなく、鼻水止まらず寝れない。。。なんてことが全くなかったのです。
 
あくまで自分比なのですが、思い当たる節がこれ以外に見つからない。。
毎年ツライ花粉時期に楽チンに過ごせるなんて、酵素パワーすばらしい!!と何気なく始めたマイブームがこのまま定番になりそうな感じです。
私の効果を見た両親はいつの頃からか朝の食卓にリンゴがお供されるようになりました()
 

このまま続けて来年の花粉対策までばっちりにしておきたいと思うミソジ過ぎでした。

2013/05/29
社員日記

A.B.C-Zと全国制覇PJ2013

こんにちは、窓際コンサルです!

A.B.C-Z と全国制覇PJ(プロジェクト)2013」が終わりました。
 
趣旨は『Twinkle TwinkleA.B.C-Z全国ツアー2013』の9都市13公演を一緒に回る、
参加者は私と従妹の先着2名というシンプルなPJです。
 
私の出席率は、9公演÷13公演69.23・・・約70
まぁ、従妹は100%の完全制覇ですから、それからすると見劣りしますが、
空港で出迎えるだけのファンより貢献度高いでしょ?

さて今回はPJの思い出<第1弾>として、道中で記憶に残ったことをいくつか書こうと思います。


~その1~ 奇跡はスタートの札幌から始まっていた
 
PJ一行は札幌へ前日入りし、蟹さんを食べに行こうとタクシーでススキノへ向かっていた。
すると、窓の外を見ていた従妹が急に私の方を振り返り、真面目な顔で言った。
「横の車見て・・・」
並行して走ってる車の窓を見やると、金髪・・・
なんという奇遇、コンサートの前日にして彼に逢えたなんて!
翌日聞いた話によると、彼らはシンギスカンを食べに行かれたらしいです。
 
~その2~ 人生初、四国に上陸
 
PJ一行は、飛行機で徳島入りから帰りの大阪行きバスまで滞在時間約20時間という
過酷なスケジュールをこなしていた。
え、初めての四国だったのに、それだけで帰るのはもったいないって?
お忘れですか、これでも私はコンサルタントのハシクレ。
目的のためなら優先順位の低いものは容赦なく切り捨てる、
それがPJってもんです、ブレちゃいけません。
(意味不明)
 
~その3~ ラスト富山は羽田で赤っ恥
 
PJ一行は、スタートの札幌から3ヶ月経ち、とうとうラストの富山を迎えていた。
私は「もう終わっちゃうね」と、従妹をいじめながら飛行機の搭乗手続の手荷物検査で
金属探知トンネルをくぐり抜けた。
 
ビーーー
 
保安員:「こちらに来てください。」
 
私は無実だ!
そうそう、広島のときもベルトの金具が反応したっけ。

私:「このベルトのせいだと思います。外してもう一度くぐり抜けます。」
保安員:「何時の飛行機ですか?」
私:「640分です。あと20分しかない・・・。」
保安員:「この探知機で確認します。」

尖端が丸い輪になった棒で体の表面に輪をかざされ、
あっちで「ピー」、こっちで「ピー」
あぁ、飛行機飛んじゃうかも・・・と、不安がよぎるPJ一行。
 
保安員:「鳴ったところを触ってもいいですか?」
 
触る??
うーん、でも早くしないと。
 
私:「はい、どうぞ」
 
保安員(同性ですが)に、マジかーというくらい触られました。
どんどん通過する搭乗者たちの視線をうけ、かなりの勢いで恥ずかしかったー
皆さんもトミーフィルフィガーのベルトには十分お気をつけください。
 
 
若干のトラブルも発生しましたが、今回のPJが成功を納めることができたのも
会社の皆さんが私のお休みを快くOKしてくれて、
そして、お休みの間もカバーしてくれたからこそだと思っています。

本当に感謝しています、ありがとうございました!

2013/05/28
社員日記

大人の 障害物競争

よくよく考えたら、中学生以来本気で走っていないIT部門の埋め草子です。

 
4月某日、CMでもおなじみシューズメーカーReebok主催、お・と・な・の・障害物競争・・・
その名も「Reebok URBANATHLON」 に出場してきました!
 
こちらの大会は、18歳以上の健康な男女が参加資格であり、
全長7.2キロのコース上に設置された8つの障害物を乗り越えてゴールする、というものです。
ちなみに日本では初開催!
 
最近人気の、自称・百獣の王 武○壮も来ていました。
(最後に握手してもらっちゃいました
 
個人戦と団体戦とありましたが、
私は会社の同期・先輩方と3人の男女混合チームを2つ作り、レースに臨みました。
各チームお揃いのTシャツを着て、ジャージもこの日のために新調し、準備は万端!
でもチーム戦は1人でも欠けたらゴールが認められません。 プレッシャー
 
タイヤを飛び、階段を上り下りし、ハードルを飛んでくぐって、自動車の下をくぐって、2mの壁を乗り越えて・・・
平坦な道では 「なんだかいけそうな気がする!」
坂道の途中・後半では 「もう無理な気がする!」
 
7.2キロを走っている間、何度も「もう無理かも・・・」とつぶやきましたが、
同じチームの先輩と同期に声をかけてもらいながら、最後は3人手をつないでゴーーーーーーーーーール!!
(タイムは60分でした。)
 
普段全く運動をせず、本気で走ったのも中学校の部活以来・・・というだらけボディの私でしたが、
なんだかんだ走っている途中もチーム内でおしゃべりをして、最後は笑顔でゴールできました♥
 
とっっっっても久しぶりに走ったので、その日の夜にはもうすごい筋肉痛でしたが、
みんなでお日様の下で汗をかいて、気づけばずっと笑っていて、とても思い出深い1日になりました。
 
正直走る前はあまり気乗りがしていませんでしたが笑、チャレンジしてよかったです^^
7.2キロを走破できたことは奇跡! IT部門の埋め草子でした。
2013/05/27
社員日記

帰省

ゴールデンウィークに1年半ぶりとなる実家へ帰省して、昨年12月に生まれた姪っ子と初対面してきました。

 
元々泣かれると困ってしまうタイプなので、どうしようかと少し心配もしていたのですが、
いざ抱いてみると可愛いと思う感情でいっぱいになりました。
まだ首がすわったばかりでしたが、動くものにいろいろ興味を示しているのを見ているだけでも楽しめます。
  
小さい頃、一緒に遊んでいた妹が子育てをしている・・・
自分と上の妹は、叔父と叔母になった・・・
自分の両親は、祖父と祖母になった・・・
新しく家族になった子の視点で、自分や自分を取り巻く人の立ち位置や役割が大きく変化した事に、

感慨深いものがあったアドミのかまくらでした。

Copyright 2006-2019 Lacras Corporation. All Rights Reserved.