Diary社員日記

ラクラスではどんな生活が待っているのでしょう。
社員が日記に綴ります。

2013/06/17
社員日記

マルコメ

が家の若鯉(2)をマルコメにしました。

 
上のお姉ちゃん(6)はいっちょまえに美容院で調髪しているのですが、息子にそんなお金をかける必要もなかろう、ということで家庭用バリカンを導入して切っています。
最近の家庭用バリカン(カチャカチャ握るやつじゃなくて当然電動ですよ)は坊主頭だけではなく、いろんなアレンジをすることができます。小坊主もこれまでは数種類のアタッチメントを使って、前髪と後ろ&横の長さを変えたり、最後は「ナチュラル仕上げアタッチメント」で自然感を出したり。実は切るほうが楽しんでるんですが。。
 
「失敗したら全部刈ればいいや」ということで楽しんでいましたが、夏を迎えるにあたり、「いつ刈るの?」ってことで3mmアタッチメントで丸刈りにしてみました。
 
以前こんなだったのが・・・
 
 
こんな感じにすっきりしました!
 

 
カメラに向けるポーズも心なしか男らしくなったような気がします♪
 
しかしなぜか一部からは「かわいそう」の声が・・・
かわいそう???男はやっぱり坊主じゃろ!
 
それでも全体的に年齢高め(ごめんなさい・・・)の保育園の先生方には好評で、上のクラスの子たちからも毎日頭をスリスリされています。なにより本人が「バリカンかっこいいから好きなの!」と気に入ってくれています。よかったよかった。
 
そういえば自分も小学生~大学生までは定期的に坊主にしていました。時には若気の至りで“茶ボウズ”にしたとこも・・・
さすがに今は怖くなるのでできませんが、いつかまたやってみようと密かにタイミングをうかがっています。
 
 
以上、バリカンの魔術師でした。
2013/06/14
社員日記

雪に目覚める!?

数ヶ月前の話になってしまいますが、今年の冬はゲッティ、雪に目覚めました!!

会社の方々にスキーに誘っていただいたおかげで、スキーブーツを買い、愛車もスタッドレスにしてと冬の遊びを満喫した数ヶ月でした。

 

車をスタッドレスにしたおかげで今まで行けなかった冬の白川郷にも行くことができて、いい思い出ができました

ただし、満喫しすぎたおかげで冬にも関わらず、顔が焼けすぎてちょっと東南アジア風の人になりかけていたのはご愛嬌です

2013/06/13
社員日記

えいえいお~!

6月に入社しました^^ この度、仙台でお世話になりますいたちくんといいます。

せっかくですのでここで簡単な自己紹介を

かわいい?ニックネームとは裏腹に、人生の折り返し地点をクルッと周った中年イタチでございます^^:
 
飼っているペットに由来してまして、「フェレット」という、ほそなが~い一人娘を溺愛しております。
 
春先までは毎週公園に出向き、追いかけっこをすればこっちが先にバテてしまうほどの元気っぷりが、
自慢の娘も、梅雨から夏にかけては、デリケートに扱ってあげなければいけない季節となり、少し寂しい今日この頃です。
 
さて、歳月だけは重ねてきた私ではございますが、幾つになっても拭いきれないなぁとしみじみ思ったのは、入社直後の不安と緊張・・・。皆さんもご経験ありますよね
 
肩の力が抜けるまで、人より遅いかもしれませんが、前職で培った経験を糧に、「精進精進また精進」の気概を持って頑張ります!みなさんもほそなが~い目で見てやってください^^
 
さ、気合を入れて、えいえいお~!
2013/06/12
社員日記

1ポンド

先日、目黒の有名なステーキ屋さんに行きました。

レスラーや格闘家も通うことで有名だそうです。
店内にはたくさんの写真があります。
 
メニューは基本的にステーキのみ。半ポンドのメニューもありますが、
1ポンドステーキ(450g)がメインです。
一番大きな曙ステーキ(1.5ポンド)もあります。
リブロースなので思ったより柔らかく、にんにくの効いたソースもあって
あっという間にたいらげました。
霜降りではなく、しっかりとした赤身の肉の味を堪能できます。
 
 
 
思ったより女性のお客さんも見かけました。
駅からだいぶ歩くのですが、おすすめです。
(デートにはおすすめできないかもしれません)
 
ビジネスプロセスのうりぼうでした。
2013/06/11
社員日記

昔を思い出して。

 

こんにちは。
 
「弓道したい!」と思い立ち、初心者弓道教室に参加してみました。
 
一応、高校のときに部活でやっていたんです。
動機は、袴姿に憧れて。あとは、先輩がかっこよかったから
ただのミーハーです。すいません。
 
十数年ぶりの弓道にドキドキしながら、教室がスタートしました。
まずは、基礎の基礎、射法八節から。
弓を引いて矢を放つための手順がありまして、
それが射法八節というものです。
 
先生が手本を見せてくれて、参加者がそれを真似します。
それなりに真面目に部活に参加していたので、
射法八節は、ちゃんと体が覚えておりました!
 
型までは昔の記憶でなんとかなったものの、
実際に矢をつがえて放つとなると、そう易々とはいきません。。。
 
弓道は、右手に「かけ」という手袋のような道具をつけ、
親指の付け根に溝があるので、そこに弦をひっかけて弓を引きます。
(人差し指と中指で引っ掛けて引くんじゃないんですよ)
 
かけを付けて引く感覚が・・・、あの頃の感覚が取り戻せないー!!
というわけで、矢が的とは全然違う方向に・・・
でも何本目かで、スパアアンと懐かしい音が!十数年ぶりに中ったーー!!
マグレでも嬉しい!大満足の初心者教室でした
 
ちなみに、弓道は的のどこに中っても「中り(あたり)」です。
真ん中のほうが得点が高い、とかはありません。
試合の勝敗は、中った本数で決まるんですよ。
(勝負がつかなかったときに、より的心に近いほうが勝ち、
 というのはありますが)
 
「真ん中のほうが点数高いんでしょ?」と聞かれるたびに、
「それはアーチェリーだから!」とつっこんでしまう
元弓道部員の村長@コンサルチームでした。
Copyright 2006-2020 Lacras Corporation. All Rights Reserved.