Diary社員日記

ラクラスではどんな生活が待っているのでしょう。
社員が日記に綴ります。

2013/07/24
社員日記

リベンジ、北欧紀行!!

旅行大好き、オペのすぽんじです。

社員日記でも以前書かせていただいたのですが、私は去年オーロラを見に行きました。
その際、乗り継ぎの関係でコペンハーゲンに1泊し、数時間ですが観光をしました。
コペンハーゲンは北欧の中でも雑貨や街並みがとてもかわいく数時間では満喫しきれなかったので
絶対もう1度来るぞっ!!と思って去年は帰路に着きました。
そんなこともあり今年は北欧4国を回る旅行に行ってきました。

まず、最初に訪れた国はノルウェーです。
今年はムンクの生誕150周年で世界各国からムンクの絵が集まってきていました。
私はムンクといえば『叫び』しかわからなかったのですが『マドンナ』という有名な絵や
モネのような色彩の絵など色々ありとても楽しめました。
その後、市内をバスの中から観光し一路フィヨルドの街へと進み1日目が終了しました。

2日目はフィヨルド観光と登山列車『ケルン鉄道』の乗車です。
フィヨルドの中を遊覧船で進むのですが最初はテンションが高かったもののあまり変わり映えがしなく
フィヨルドは地図で見るからきれいなんだなと思いました。
その後はケルン鉄道に乗車し山を登っていきました。
その途中にとても大きな滝がありここでは鉄道から降りて写真を撮ることができます。
こんな大きな滝のそばに行けることはそんなになくマイナスイオンを浴びまくり、
おまけに水滴まで浴びて洋服がしっとりとしてしまうほどでした。
また、この滝には伝説があって滝の近くに妖精が見えると幸せになるということで妖精のかっこうをした人が滝の近くで踊るといった催しを
行っていたのですが水の勢いが強く落ちないかな?大丈夫かな?と
他人事ながら少しハラハラ眺めてしまいました。

ノルウェー最終日、ベルゲンという町で魚市場と昔の長屋のような建物を見学しました。
長屋といってもやはり西洋風で赤や黄色の家が連なって立つ様子はとてもきれいでした。
こちらは港町を埋め立てて拡張していった建物ということで地盤沈下が激しく
お互いの家の一部(梁や柱)が共用となり建設されているため扉や外階段がずれてしまい
全体的に傾いている家など様々でした。
この街並みを保存するために今、改修工事をしているそうなのですがやはり昔のものであったり
地盤沈下の関係もありとても改修が難しいそうです。
歴史的建造物を保持していくというのはやはりとても難しいものなのだと改めて痛感しました。
その後は作曲がグリークの家を見学し面白い場所にあるお墓(なんと岩の中にお墓があるのです。)を
見学しノルウェーを後にしました。

長くなってきたので今回はこのくらいで。。。
次回、また続きを書かせていただきたいと思います
 

2013/07/23
社員日記

注意書き

いつも通っている◯ナミのスポーツクラブ。

更衣室に今週、こんな注意書きが貼られていました。

「目のやり場に困るような行動はお控えください」
 
うーん、いったいどのような行動を想定しているのでしょう。

住宅街にあるこのスポーツクラブ。

特に困るような目に会ったことはありません。平和なものです。

目のやり場に困るような過激な服装も見たことありません。
 
 
悩んでいるクロクマでした。
2013/07/22
社員日記

夏の思い出 手をつないで

「女10人で、沖縄に行ったんですー!」

「ギリギリだなぁ」

 

いちこさんに開口一番に言われました。

なにがギリギリなのかは分からないフリをしています。

しみまいです。

 

1年前から計画をしていて、

ベストシーズンと言われる梅雨明け直後の時期に、沖縄に行ってきました。

10人で。

 

三十路の女性が10人も集まれば、どこに行ったって楽しいのですが、

沖縄となれば何十倍も楽しいです。うるさいです。

 

シュノーケリングをして、ルートビアを飲んで

美ら海水族館に行って、ソーキそばを食べて

古宇利島に行って、オリオンビールを飲んで

一日中食べて飲んで騒いでという幸せな34日でした。

 

気心知れた友人たちと過ごす時間は、私にとって最高の癒しです。

年を重ねるにつれ、友人と会う機会も減ってしまいますが

数年に一度はこういう時間を無理矢理にでも作って

リフレッシュすることは大切だなぁとしみじみ思いました。

 

ちなみに今回の旅の費用

 

航空券(Jettar      往復    16.820

宿泊費(コテージ)      3      8.000

レンタカー代         4日間    3.290

 

合計 28.110

 

旅の思い出、プライスレス!

2013/07/19
社員日記

想像を超えた

今年は、千年に一度の猛暑の夏になるようですね。

暑い日が続き、食欲がなくても甘いものは食べたくなります。
 
ということで、最近感激した、甘いものを簡単にご紹介したいと思います。
感激ポイントは人それぞれですので、あくまで個人の感想としてお楽しみください。
 
●その1  「濃密ギリシャヨーグルト」
ヨーグルトって粘度が低くさらっとしたイメージでしたが、粘っこくて初めての食感でした。
一口食べた瞬間、「濃密」という名前にとても納得させられます。
お値段は少々お高めですが、はちみつorベリーソース付です。
 
●その2  「こだわり極みプリン」
とろりとやわらかい触感で、他のやわらかプリンとの違いをどう表現したらいいのかわからないのですが、
一口食べた瞬間、「!」となりました。
容量もたっぷり、カップいっぱいに入ってます。
お値段もお手頃なので、コスパが良いです。
 
この2品は私の想像を超えてきたため、感激度合いも大きかったです。
 
お仕事でも相手の想像を超えていけるようにしていきたいと思った埋め夏子でした。
2013/07/18
社員日記

みんな大好き

みんな大好きリストランテ・◎◎◎ァーロ。

もう満腹だというのに、やってくるデザートワゴン。
アーモンドタルトだけ注文したら、こんなに綺麗なデコレーションで飾ってくれました。
 
 
リストランテとは、コース料理を出すレストラン。一品料理で注文する場合はトラットリアとかオステリアといった名前になると聞いたことがあります。だからとても高級なオステリアというのも存在するそうな。
 
いずれにせよ美味しいイタリア料理店が身近にあるのは嬉しいことです。
ひょっとしたら前世はイタリア人かもしれない、と思う尻臼でした。

バックナンバー

Copyright 2006-2021 Lacras Corporation. All Rights Reserved.