Diary社員日記

ラクラスではどんな生活が待っているのでしょう。
社員が日記に綴ります。

2013/07/17
社員日記

大胆!

とある街角。

「レバ刺し」の看板が堂々と路上に出ていました。
大胆な店だ。
 
 
実は、レバ刺しが法律で禁止された後でも、食べることができる店はありました。
でもそれは、禁酒法時代の酒場のようなもので、いわば「もぐり」。
 
無口なマスターに合言葉を言うと、地下への隠し扉が指さされます。
狭い階段を降りていくと、そこにはうっとりした顔つきでレバ刺しを口へと運ぶ人々が(多少の脚色がございます)。
 
それに比べてこの店は、堂々と反旗を振りかざしている、らしい。
頑張って欲しいと思うマジョラムでした。
2013/07/16
社員日記

生活習慣の変化

Diver@OPです。

最近ですが、早起きをするようになりました。
典型的な夜型で学生時代から頑としてそのスタイルを崩さなかったのにです。
 
もちろん、そうしなければならない必然性があったため始めたのですが、
いざやり始めると長年染みついた生活習慣を壊すのには相当のパワーがいることを実感し、
しばらくの間はなんかフワフワした感覚が続きました。
 
ただ、体がそのスタイルに馴染んでくると、朝の出勤前の時間を有効に活用でき、
夜中漫然と同じことをするよりもずっと効果的にでき、会社での午前中の仕事の取り組みにも
変化が出てきました。
 
仕事でもなんでもそうですが、できない、無理だと言って諦めていては何も進まず、
まずは取り組んでみるという前向きな姿勢を持つことが大切なんだな、
そう思う今日この頃です。
2013/07/12
社員日記

はじめてのおつかい

こんにちは。イタマエです。
7歳と4歳の娘のパパです。趣味は料理とガンプラです。

我が家ではタイトルの通り「はじめてのおつかい」を
子供に一度やらせてます。親バカです。本当にありがとうございます。

活発な上の子とは違い、引っ込み思案な下の子にもこの間やらせてみました。
テレビでご存知のように自力で買ってくるというものです。

ミッション:
いくところ ケーキやさん
かうもの シュークリーム4つ
おかね 1000えん

畑の間の農道を通り、通りに出たら信号一つと踏み切り一つを越えて
道のりにして400メートルぐらいのケーキ屋さんが目的地です。
地図を描いて作戦を説明し、道中はお目付け役が周囲を警戒しつつ進みます。

・地図を見て自分で道を辿る
・道中の交通ルールを理解し実践する
・お店の人と自力でコミュニケーションをとる
・お金で物を買う基本を体験する
・困難に自力で立ち向かい、最後までやり遂げる事で自信をつけさせる

などというとってつけ感のある大義名分のもと、イベントとして
家族総出で楽しんでおります。
(ケーキ屋さんにはいつもご迷惑をおかけしすみません・・。)

えーとおうちはどこだっけ・・

結果、ミッションはコンプリート。
無事にシュークリームを4つゲットして得意満面で家に帰ってきました。

単独でケーキ屋さんに入ったものの、なっかなか出てこなくて
偵察部隊(長女)が窓の外から覗いたり、帰り道で迷い
駅に向かってしまうなどお約束のハプニングもありましたが
もじもじ娘もなんとかクリアーしてきました。

コレが終わると、
「ひとりでおつかいにいけるお姉さんはすごいなー」
がひとつ殺し文句で、ぐずぐずゴロゴロしててもスッと立ち上がり
涼しい顔で歯磨き始めたりします。

また、今回は長女もお目付けで参加でしたがこちらにもいろいろと
「気づき」があったようで、危険予測など自分自身のときとは
また違った頭を使っていたのが一つ収穫でした。

だいじょうぶかなー

パパもたまには一人でお買い物行きたいです。
模型店で「パパー!しゃーザクあるよしゃーザク!」とか騒がないで下さい。
イタマエでした。
 

2013/07/11
社員日記

愛着

3ヶ月前、12年間もの間、愛着をもって使ってきた眼鏡を壊しました。
遠視が進むのに合わせてレンズを2度変えたのですが、フレームは同じものを使っていました。
耳にかける部分の塗料が剥げかけていたし、眼鏡屋で調整しても直らない微妙な歪みがありましたが、それでも買い換える気にはなりませんでした。それぐらい好きだったのに、自分の不注意で壊してしまいました。

新しいフレームを求めていくつもの眼鏡屋さんをまわりました。
それなりに気に入ったのはあったけど、「良いな」と思うとフレームだけで数万円。
眼鏡をかけなくても日常生活に支障がないため、なかなか決心がつきませんでした。

あるとき入ってみた量販店の眼鏡屋さん。
あまりの安さ(レンズ込みで数千円)と短納期(出来上がりまで45分)にびっくり。

試しにかけてみると、軽くて快適。デザインも悪くはない。
ほぼ10分の1という値段に惹かれて購入しました。

しかししかししかし。
結局のところ愛着が湧かないのです。
軽いのは確かだけど、鼻や耳にしっくりと馴染んでいるかというと、そういうわけでもない。
必要なので仕方なしにかけている、という感じです。

そして今月。同じく愛着をもって使ってきた鞄が壊れました。
米国の有名メーカーのもので、修理はしてもらえるのですが、これが結構お高いのです。
そこで買い換えることにしました。

量販店に行けば、PC用の多機能な鞄が数多く揃っています。
でも今回は、眼鏡のときの反省も含め、長い期間愛着をもって使えるであろう鞄を選びました。

確かに値段は量販店の数倍。
だけど、ウキウキと時間をかけて、荷物の詰め替え作業をやっている自分に、いささか満足しております。
ポケットの形とか数が違うから、何をどこに入れるかは試行錯誤なのです。
それが楽しいランゲルハンス島でした。

 

2013/07/10
社員日記

深川七福神めぐり

最近我が家で流行っている休日の過ごし方として、

妻と娘(7歳)と3人で朝早く起きて、
散歩もしくはサイクリングに行くということをやっています。

早起きがわりと得意な自分が、早起きが人並みに苦手な妻を起こし、
最後に、とんでもなく苦手な娘を無理やり起こして出かけます。

娘も大分自転車が上手に乗れる様になってきたので、
少し長い距離に挑戦しようということで、先日、自転車で
深川七福神めぐりをしてきました。

道のりはかなり長かったのですが、娘も頑張って自転車をこいで、
七福神全てをめぐることができました。

途中、相撲部屋もいくつか通り、とんでもなく大きい力士を
みかけたりして、予想以上に楽しいサイクリングとなりました。

その日に撮った大黒天様です。
何とも優しそうなお顔ですね。

以上、導入のKでした。
 

バックナンバー

Copyright 2006-2021 Lacras Corporation. All Rights Reserved.