Diary社員日記

ラクラスではどんな生活が待っているのでしょう。
社員が日記に綴ります。

2013/08/15
社員日記

快眠

 

みなさん、快眠できていますか?
快眠には、起床タイミングも大切なようです。
 
そういうわけで、長らく目覚ましアプリを利用しています。
 
レム睡眠とノンレム睡眠を計測して、眠りが浅くなったタイミングで
起こしてくれる携帯電話のアプリケーションです。
 
睡眠時間や眠りの深さをグラフで表示してくれます。
 
何でも見える化の時代、睡眠の質まで見える化です。
プライベートでは、グラフを見て、「ほほぅ」という位で、
まさか、データ分析する気にはなれませんが・・・。
 
さて、このアプリケーション、
アラーム音は携帯電話に入っている音楽から自由に設定できます。
 
先日まで設定していた音楽に飽きたので、
ちょっとおとなしい曲にでもするかと、
パッヘルベルの「カノン」を設定。
 
おとなしすぎて、浅い眠りのタイミングで鳴り響くカノンの中、

再び深い眠りに落ちる、最近のコンサルM&Mでした。

2013/08/14
社員日記

星の王子様に会いにいきませんか

小惑星「イトカワ」まで旅をしたはやぶさが帰還したのが2010年6月。

 

はやぶさ2が来年2014年に打ち上げられる予定だそうです。

期限ぎりぎりでしたが、JAXAの「星の王子様に会いにいきませんかミリオンキャンペーン2」に申しこみました。

 

小惑星に投下するターゲットマーカー、地球に帰還する再突入カプセル、

それぞれに名前やメッセージを入れることができるそうです。

(メッセージはカプセルのみ)

 

前回はキャンペーンのこともはやぶさのことも

ニュースで騒がれるまで知りませんでしたが、

「はやぶさ」が帰ってきてからは相模原キャンパスへ見学に行きました。

近くにプラネタリウムもあり、一日楽しめます。

 

はやぶさ2は2020年には地球に戻ってくるそうです。

今度もきっと帰ってきてくれると思います。

その頃自分も周りもどうなっているかはわかりませんが、今からとても楽しみです。

 

ビジプロのうりぼうでした。

2013/08/13
社員日記

タダほど高いものはない

 

友達が金麦のキャンペーンで花火鑑賞特等席を当て、いたばしの花火大会に行ってきました。
花火が間近で見れる特等席で、かつ金麦が飲み放題、おつまみつきというなんとも豪華な席。
 
花火はさすがの見応え、こんなに間近で見れたことがなかったため大興奮でした。
 
 
 
     
 
 
 
            
 
そんなこんなで、ついつい嬉しくて最初から勢いよく飲んでしまいました。
結果、とても気持ちよくなってしまい、注意心がゆるんだのでしょう。
 
携帯を落としました。
 
花火会場で気づき、その場の警察に届出をしてきたものの、いまだ見つからず。
ちなみに買って3ヶ月足らずの、ぴかぴかのiphone5です。
 
戻ってこなかった場合は買い換えないといけないのですが、なんと端末代ウン万円。
 
なんとも、高くついてしまいました。
タダほど高いものはない、ということを学んだIT48でした。

 

2013/08/12
社員日記

100キロ

こんにちは、ITのスバールバルです。

 
先月、長野県の王滝村というところに行ってまいりました。かなり過疎が進行した村で場所は岐阜県との境。木曽福島や下呂が近いです。東京からだと、電車・バスを乗り継いで3時間程度かかります。
この村には御嶽山(標高3,067m)という霊峰があり、巡礼者が沢山訪れます。ふもとのスキー場も有名です。
さてなぜこの村を訪れたかというと、
 
 
100キロのトレイルランニングのレース出場のためです
そう、100キロの山道を走るレースです。
 
 
レーススタートは真夜中の0時。
制限時間20時間なので、夜の8時までにゴールすれば完走できます。現地に夕方17時ごろについたので、そこから受付、夕食、仮眠してスタート時間まで待ちました。スタート前、すごく雨が降っていて、どうなることやらと不安でした。
 
そして0時を迎えレーススタート
 
さっきまではザーザーと降っていた雨も小雨になりひとまず安心しました。ただスタートから周りはかなりのハイペース(自分から見てですが・・・)。それにつられて最初の20キロほどは登りもほぼ走ってしまいました。が、これで地獄を見ることに・・・
4時ごろになると明るくなってきました。が、最初のハイペースがたたってもう動けなくなってきました。そして第一関門の32キロを超えたあたりから身体的にも精神的にもかなりしんどくなってきました。
 
次の第二関門は63キロ地点。そこまでなかなかたどり着けず、歩いたり止まったりを繰り返していました。途方もなく長く、また足が痛く、ここが一番つらかったです。
 
頭の中は、
「もうやめたい」「次の関門でリタイアしよう」「こんなに金かけたのにリタイアとかもったいない」「リタイアとか、知り合いに言いたくない」「とりあえず関門についてから続けるかどうか考えよう」「完走したい、ゴールテープ切りたい」「どんなポーズでゴールしようか」と、いろいろと考えていました。
 
そんなことを考えていても、歩を進めていたらゴールまで近づくもので、第二関門に着きました。これでのこり30キロちょっと。もうフルマラソンも残っていないです。
ただ第二関門を出るときはまだ足が重かったです。それでも70キロ地点の標識をみたら、突如と自分の中のスイッチが入って、走りだせました。なぜ70キロなのかといえば、今年3月に70キロの大会をリタイアして完走できなかったこと、また今までの大会の最長距離が82キロで、あとちょっとで自己最長だと思うと、痛くて重かった足が気にならなくなりました。長い距離のレースほど、気の持ちようだなと思いました。最後の関門は78キロ地点。ここのエイドでそうめんを食べて少し休憩し、走り出しました。ここからは快調にゴールまでノンストップで走れました。
 
そしてとうとうゴールテープをきる瞬間が!
 
感動の涙、は流しませんでしたが、やはり100キロの大台は感慨深かったです。
この大会で得たものは、
右足首の故障、
100マイル(160キロ)の大会への出場資格、
そして大きな達成感。
長旅はつらいですが・・・やはりゴールした時の感激も一入です。
来年は100マイルのレースに出るべく、準備をしようと思います。
2013/08/09
社員日記

リラックマ

 こんにちは。日々の業務お疲れ様です。

 
最近、やたらとリラックマグッズを購入しています。
去年までは全く興味がなかったリラックマですが、
今年に入ってから、なぜかリラックマばかりに目がいくようになり、
雑貨屋さんに寄っては色々と買ってしまいます。
 
ボールペン・シャーペン・カレンダー・扇子等など。
薬局に売られている玩具にも手を出してしまいます。
 
あのぐだ~っとした感じがたまらなく可愛く、
本屋さんでも4コママンガを売っているのを発見して、3巻まで大人買い
イライラしたときとかに読んでは癒されています
 
そして先日、「お~いお茶」と「お~いお茶 濃い味」についているリラックマのペットボトルカバーを全種類制覇しました!
その日の気分によって付け替えています。
 
次は3DS用のリラックマケースを買おうか考え中です。
 
この暑い夏も大好きなリラックマグッズの発掘で乗り切っていこうと決意した社保チームのとあでした。

バックナンバー

Copyright 2006-2022 Lacras Corporation. All Rights Reserved.