Diary社員日記

ラクラスではどんな生活が待っているのでしょう。
社員が日記に綴ります。

2013/10/24
社員日記

秋の味覚

私は学生時代、ワインや輸入食品を扱っているお店でアルバイトをしていました。

そのお店ではチーズも多く取り扱っていました。私は特にチーズが好きというわけではなかったのですが、たまたま賞味期限間近で割引になっていたウォッシュチーズを買って食べたとき、冗談ではなく「この世にこんな美味しいチーズがあったのか…!!」と感動しました。それ以来、色々なチーズを買って食べるようになり、チーズが大好きになりました。
 
そんな私が、去年からずっと食べてみたいと思っていたチーズが「モンドール」というチーズです。モンドールは、フランス及びスイスで、8月15日~翌3月15日までの期間限定で製造されるウォッシュチーズです。非常に柔らかいため、丸い木箱に収められた状態で販売され、中身をスプーンですくって食べるそうです。
 
私がアルバイトをしていたお店でもモンドールを置いていたのですが、学生だった私にはややお高めの値段だったので、散々迷った挙句、結局買いませんでした。先述の通り、モンドールは製造期間が限られているため、いつでも手に入るわけではありません。断腸の思いで購入を諦めた(大げさ)あの日から早1年、今年もモンドールの季節がやってきました…
 
今年の私は一味違います。去年と同じ轍は踏みません。ちょっとお高くても、迷わず購入しました!!!
 
 
ご覧のように、トロトロです!そのまますくって食べても、野菜やパンにのせて食べても美味しいです。
モンドールにニンニクや白ワインを加えてオーブンで焼き、チーズフォンデュのようにしたものを「フォンドール」と言うそうなのですが、是非こちらにもチャレンジしたいです。
 
家にはオーブンではなくオーブントースターしかないけど大丈夫かな…と若干気がかりな、OP部門のIQ兄弟でした。
2013/10/23
社員日記

持つor着る

 「雨具」 を 持つか着るか? 迷っている、オペのコメッコです

 
スコールみたいにザーッってくる雨が、私のしょぼいダッシュでは回避できない事を
今更自覚しまして、最近、ネットで雨具を物色しています。
 
風に強い傘は、折りたたまないタイプが多いんですね。
持ち歩きたいからなぁ。。。
ワンタッチ折り畳み傘。
ちょっと重そう。。。
カッパ。
かっこいい!けど下はサッと脱げないし。
ポンチョ?
いーかも。 でも大袈裟にみえるかな?
 
悩んでなかなか購入に至らず
まだ ちょいちょいダッシュでごまかしてます。
この日記を書いているうちに、心が決まってきました。「どれでもいいから早く買おう。」
だね。
2013/10/22
社員日記

英語学習

 ここ2年間ほど週1回のペースで英語のレッスンに通っています。

きっかけはグローバル企業の案件が増えてきたことにほかなりません。

 

ラクラスのお客様の3分の1は外資系企業です。

ひとくちに外資系企業といっても、業種によって日本に置く機能も違えば、日本での歴史も異なります。人事制度も外資系企業はシンプルと思われがちですが、日本の伝統企業もびっくりの複雑な制度を持つ企業もあります。

 

ただ外資系企業に共通して言えることは、日系企業と比べて「アウトソーシングに積極的」であることです。

こうした企業では人事部門の果たすべき役割もグローバルのポリシーで定められています。給与計算を中心としたオペレーション業務は極力アウトソーシングを活用し、人事としてのコア業務に特化する少数精鋭の人事部門となることが、海の向こうの本社から要求されます。

 

ITを活用したBPOサービスを提供しているラクラスは、こうしたグローバル企業の要求にお応えしています。

特にここ数年は外資系の中でも各業界の世界大手の企業様の案件が増えており、プロジェクトの規模も大きくなっています。給与計算は既にアウトソーシングしているという会社が多いのですが、テクノロジーを活用したラクラスのサービスへ乗り換える、という案件も多くなっています。

 

このあたりの事情は社外セミナー等でも発信しています(ちょっと宣伝)。

http://expo.nikkeibp.co.jp/hc/2013osaka/seminar/popup/?id=B-5

 

そんな中で、グローバルやアジアパシフィック地域といった世界中のプロジェクトマネージャー、ITチーム、セキュリティ監査チームの皆様とコミュニケーションする機会も増えてきており、やはり英語が必要!ということで勉強をしている次第です。社内で海外と電話会議をしたり、海外のゲストがラクラスを訪れたり、といった光景ももはや珍しいものではなくなりました。

 

 

一方、外資系企業に追随する形で、日本企業にもクラウドやBPOの活用は着実に広がっています。

ラクラスがサービスを開始した当初数年間、外資比率は50%でした。現在1/3ということは日本企業の比重が増えつつあるとうことでもあります。

現在多くの日本企業がグローバル化を進めています。ラクラスも進化したソリューションでこうした企業様の人事給与業務をご支援していきたいと考えています。

 

 

レッスン以上に大切なセルフトレーニングにはなかなか重い腰があがらない、一応人事の人でした。

2013/10/21
社員日記

ガーデニング

金木犀の香りがあたりに漂う季節になりましたが、今年は観測史上最も遅い夏日を記録するなど年々季節のずれを感じる昨今であります。

そうしたなか、先日私の園芸ポットに異変が生じているのに気づきました。
 
 
                
 
 
スイカが芽を出しました。右はバジルです。バジルは食べてしまった部分が若干茶色に変色しております。スイカのほうは出来れば収穫したいと思います。

ではまた。ITのononoでした。
2013/10/18
社員日記

相席のすすめ

 オペレーションのおこめです。

昨日のお昼、行きつけの和食屋さんに一人で行ったところ、白髪のご婦人と相席になりました。この店は時間帯によっては満席になってしまって入れないことも多々あり、相席になるも今日で2度目です。
向かい合ってあとから座ると、「10月なのに今日は暑いわね~」なんて話しかけてくださり、私も「そうですね~10月なのにほんとに。西のほうでは30度を超えたりして、もっと暑いようですね~」などと会話が続きました。その後、その日が昔の「体育の日」だったということもあり、過去と未来の東京オリンピックの話をしたり、お店のランチメニューがリニューアルするというのでその話をしたり、仙台の気候の話をしたり震災の時の話をしたり。限られた休憩時間ですのでお互いご飯もしっかり食べつつ、時折ほどよく会話もしながら、ほのぼのと楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。そろそろ行かなきゃという時間になると、ご婦人は「楽しかったわ。またお店でお会いしたらその時はご一緒しましょう」と言ってくださり、私も「是非」と笑顔で店をあとにしました。
 
私はいつから「相席」でも気にならなくなり、むしろ楽しみになったのでしょうか。

劇的な出会いでなくても、日常の中のちょっとした出会いも楽しむことができたら、きっと人生はもっと素晴らしいものになると思う、おこめでした。

バックナンバー

Copyright 2006-2021 Lacras Corporation. All Rights Reserved.