Diary社員日記

ラクラスではどんな生活が待っているのでしょう。
社員が日記に綴ります。

2013/11/21
社員日記

お正月の風物詩

こんにちは。コンサルチームの村長です。

関東生まれ関東育ちの村長の家では、お正月はテレビで箱根駅伝を見るのが恒例です。
早稲田の渡辺監督が現役で走っていたのもテレビで見ていたし、もちろん山の神童 柏原君が衝撃デビューを飾ったのも見ていました。

都会をスタートして湘南の海岸沿いを通り、箱根の山を登って芦ノ湖にたどり着く。どんどん景色が変わっていくコースも魅力的な箱根駅伝ですが、先日、仲間たちと箱根駅伝のコースをタスキをつないで走る、という企画を決行しました!

早朝5:30、まだ夜も明けきらぬ中、大手町の読売本社前(建て替え工事中)をスタート。
もちろん本番とは異なり、歩道を走ることになるので、横浜駅前の複雑な道で迷子になったり、戸塚付近で渋滞にハマって次のランナーを乗せた車が中継地点に着くのが遅れてしまったり、強烈な海風にココロ折られそうになったり、歩道橋でしか渡れない交差点に殺意を抱いたり。。。(数キロ走った後の階段は鬼のようです!) ハプニングがありながらも、タスキは徐々に西へとつながれてゆきます。

5区山登りのコースは歩道がほぼないため、安全を考慮して日没までにゴールできなかったら中止にする予定でしたが、目標タイムを上回る走りを見せた山の神々のおかげで、無事ゴール!スタートから11時間後、芦ノ湖までタスキがたどり着いたときは感動ものでした。

その後は、箱根の温泉に入って、旅館で宴会です♪ このための企画といっても過言ではない!(笑)
私が走ったのは、スタートから田町付近まで6キロほどで、1区コースの4分の1程度。あとはほぼドライブ&応援をしていたわけなのですが(汗)、充実感とともにいただく美味しい料理とお酒は最高でした!

来年のお正月は、この企画を思い出しながらより楽しんで観戦しているだろう、村長でした。

↓往路ゴールと、浮世絵のような富士山@大涌谷
 

2013/11/20
社員日記

できたて。

ビジネスプロセスのうりぼうです。
渋谷にその日できたてのチーズを食べられるお店があると聞いて
行って来ました。

多摩から毎朝届く新鮮な牛乳でその日にチーズを作ります。
前日夕方までに予約をすると、お店に行った時に
その場で練りたてモッツァレラを作ってもらえるそうです。

チーズ以外にもピザやワインもあるし、
チーズもお持ち帰りできるのでおすすめです。

2013/11/19
社員日記

インソール

最近、靴の中敷きやインソールに凝ってます。

ランニング用やウォーキング用等の他に、
足腰の負担軽減用や、聞いたことのなかったモートン病用、足底筋膜炎用など
今は、様々な症状や用途に合わせたインソールがあります。

同じシューズで、トレッキングのときと普段履きのときで
インソールを変えて試してみたところ、とても違いが分かってびっくりしました
上手く活用できたら、体にもいいし、靴も長持ちしそうです。

値段が高めのものもあるので、沢山の種類を試すのは難しいのですが
あるメーカーで、半年間の使用で効果が出ない場合は全額返金されるものもありました。

インソールって意外と奥が深いと思う、OPらいちでした。
 

2013/11/18
社員日記

工場ラヴ

 

工場が好きです
 
先日、九州にあるお客様の工場を訪問してきました。
 
近年ラクラスでは製造業のお客様も増えています。
クラウドで就業管理やワークフローというセルフサービスのアプリケーションを利用いただくところに強みを持つラクラスのBPOサービスは、創業当初はホワイトカラー系の職種が中心の業種が多く、製造業のお客様の引き合いはそれほど多くありませんでした。
ところが近年では工場や物流センターの現場でもITの活用が人事以外の領域も含めて進んできており、選択できるソリューションの幅が広がりつつあります。タブレットなどのモバイルデバイスの普及もそれを後押ししていますね。
ラクラスでもPCからのアプリケーション利用だけでなく、ICカードを使った打刻システムや打刻機にタッチパネル型のアプリケーションを構築したりと、積極的に新しいソリューションを開発、提案しています。
 
 
さて、これまでもいくつかお客様の工場へ伺ってきました。半導体工場、製薬工場、先進医療機器の工場、食品製造の工場、などなど。
その度に感じるのが、「あぁ、自分はやっぱり工場が好きなんだなあ」ってこと。
当然ながら都会の喧騒とはだいぶ離れたところに立地していて、各地域ごとに独特の雰囲気があります。そしてどの工場も品質や生産性を向上するための独自の工夫が凝らしてあり、それらを紹介していただく度に興奮します。
 
私が新卒で入った会社では本社と工場が併設されており、人事の仕事のかたわら、休日にお越しになる工場見学ツアーの案内係、なんてのをやっていました。そんな生い立ちのせいか、色んな業種の工場で新しい話を聞くたびに胸が躍るのです。
また工場でそういう説明をしてくださるお客様の社員の方って、自社の製品やラインの工夫などを実にいきいきと話してくださるんですよね。このあたりも工場に惹かれる要素の一つだと感じます。(あとは田舎者なので地方が好き!というのもあります)
 
 
そうそう、実はラクラスという会社が創業されるにあたっては、ある工場(会社)を訪問したことが大きく影響しています。ラクラスのルーツは工場にあり?? この話はまたいずれ…。
 
 
SC担当のもう鯉なんて嫌いなんて言わないよ絶対でした
2013/11/15
社員日記

緑のバッグ

勤怠管理システム関連の仕事をしているIT部門の埋め草四郎です。
私は衝動買いをあまりしないのですが、本は例外です。
本屋に行くとつい本を買ってしまい、読んでない本が家には山積みに・・・。

私がよくいく本屋は池袋ジュンク堂本店です。
買った本は大抵、茶色のプラスチックの手さげ袋に入れられるのですが、
実はカウンターには緑の布製のバッグがあり、それに本を入れてもらっている人もいます。
長らく布製のバッグとは縁がなく、どうやったらもらえるか謎でした。
しかし・・・最近ついに私も緑の布製のバッグに入れてもらいました!
どうやら本を1万円以上買うと布製のバッグがもらえるみたいです。

その時はたまたま、通っている通信教育課程のテキストをまとめて買ったので
1万円を超えてしまいました。

それ以外の理由で普段から一度に1万円も本を買うなんて、よっぽどの本好きかもしれません。

勝手に本好きのレベル(?)が上がったような気になった埋め草四郎でした。

バックナンバー

Copyright 2006-2021 Lacras Corporation. All Rights Reserved.