Diary社員日記

ラクラスではどんな生活が待っているのでしょう。
社員が日記に綴ります。

2015/01/08
社員日記

牡蠣食べる

先日、牡蠣が食べたくなり食べログの行きたいお店リストを見ていると…
貝料理専門店を発見。しかも生牡蠣が一つ100円!行くしかない!!
 
しかしこのお店、リストに追加した覚えが一切ないのです。
評判のよいお店なので、おそらく何かの折に見かけて追加したと思うのですが、
いつ、どんなタイミングで追加したのか全く思い出せず。(笑)
 
もはや運命すら感じて、この貝料理店Hに行ってきました。
狭い店内、親しみやすい親父さん、貝がとにかく美味しい老舗… などなど、
事前に読み漁った口コミで期待が高まります。
狭い店内でガヤガヤしていて、知らない人とも自然に会話が生まれるような…
そんな昭和の匂いっていいですよね(笑)
 
心行くまで牡蠣を食べつつ、はまぐりの昆布焼き、北寄貝ウニ焼きなどを堪能しました。
(食べるのに夢中でお料理の写真はありません。すみません。)
 
貝料理ってこんなにも種類があるのかと感心するくらい、貝ずくめなメニューでした。
あと、アワビが高い!驚くほど高い。
よく知らないのですが、アワビってこんなにも高級食材なんですね。
 
次こそはアワビを食べてやろうと心に誓う、勤怠管理システム担当のがんもでした。
2015/01/07
社員日記

ラーメン屋で聞くカントリー&ウェスタン

 
ラクラスの最寄駅である飯田橋周辺はラーメン屋激戦区です。
その中の一つ、「T橋」は昭和の香りも濃い古びたビルの一角にあります。
年末調整書類のチェックのために出勤したある土曜日の昼休み、そのT橋に行ってみました。
 
頼んだのはワンタンメン。塩味のスープにワンタンの厚めの皮が良くマッチしていました。
店内を流れていたのは、カントリー&ウェスタン(C&W)。なかなか珍しい組み合わせです。
 
ギター、バンジョー、フィドル、そして男性の深い歌声を聞いていると、僕が知っている数少ないC&Wがかかりました。
「Green, Green Glass of Home」。
森山良子さんの歌で日本でもヒットした「思い出のグリーングラス」です。
 
「小さな駅で汽車を降りるとパパとママと彼が迎えてくれる」という愛らしい歌詞は、
のんびりとした米国南部の曲調に良く合っています。
庭に聳える樫の濃い緑が作り出す木陰がそこに見えてくるようです。
 
しかし、英語の原曲はまったく違う歌詞なんだということを、以前どこかの雑誌で読んだことがありました。
そこで僕は、ワンタンをかじるのを止めて、歌に集中することにしました。そこでわかったことは、
この曲は「囚人が緑の故郷を夢見ている」という曲なのです。
1番と2番において、英語歌詞と日本語歌詞の間には細かい違いしかありません。
3番(というか語り)の中で初めて、「目覚めると四方は灰色の壁で囲われていて、
自分は夢を見ていただけなんだということを悟る」という衝撃の告白が出てきます。
 
そして追い討ちをかけるように、
「夜明けになると私は看守と牧師とともに歩いていく。そして私は再び故郷の緑に触れる」という歌詞が続きます。
この囚人は翌朝死刑となり、そして故郷の緑に触れる、という歌なのです。
 
曲が終わって再びラーメンをすすりながら、「顔を上げたら四方が灰色の壁に覆われていたらどうしよう」という妄想が湧き上がってきました。
このワンタンメンは夢であり、実はまったく違う場所に閉じ込められているのかもしれません。
 
事業開発担当のランゲルハンス島でした。
2015/01/06
社員日記

徳政令カード

 
あけましておめでとうございます。
ギザミミピチューです。 
 
今年こそ、手の平でお豆腐を切れるようになりたいです。
 
春に学生から社会人になった私は、
昨年のお正月までは、多少なりともお年玉をもらっていたわけですが、
ついに今年からは4月に生まれた姪っ子にあげる立場になりました。
(私もお年玉ほしい。)
 
私が小さい頃、お年玉をタダでもらえることはなくて、
我が家ではなかなかフロンティア精神に溢れた方法が採用されていました。
 
簡単に説明すると、
①家の2階で15分程度、兄と一緒に待機
②その間に両親が、金額が書かれたカードを1階の至るところに隠す
③制限時間30分で見つけられた分だけ支給
・・・みたいなシステムです。
 
おそらく一般的な、年功序列型ではないので、兄より少ない年もあれば多い年もあって、
子どもながら「なかなかフェアじゃないか」と気に入っていました。(かわいくない…。)
 
ですが、カードの中にはアブノーマルなものも存在していて、
「-2,000円」や「-5,000円」を引いた日には、逆に親にお年玉をあげるなんて年もあります。笑
中には「徳政令カード(今までのマイナス分が0円になる)」なんてものもあって、
結構、割と、まぁまぁ盛り上がります。
 
世知辛い思いをする年もありますが、それもいい思い出です。
パパママのみなさん、是非やってみてください。
 
本年も宜しくお願いします!
 
給与1年目 ギザミミピチューでした。
 
2015/01/05
社員日記

ほぼ同期会開催!

 
アカウントサービス部門のHです。
9月に入社してから3か月半。
本当にあっという間に過ぎ、徐々に先輩社員のみなさんにも馴染みはじめた(と思っている)この頃です。
 
先日、近い時期に入社した社員同士で集まっての「ほぼ同期会」が開催されました。
同期会で初めてお話する方もいらっしゃったので、まずはそれぞれの自己紹介からスタートし、
初めて言葉を交わしたとは思えないほど、自由に飲んで語り、プライベートのディープな話題を発信する人もいれば、
二次会でよだれを垂らして寝ている人もいたりと、それぞれの個性の出る楽しい会となり、終電ギリギリまで大盛り上がりでした!
 
これまで同期と呼べる方の居なかった私にとっては、そういう仲間ができたことがうれしく、
今後も同期会を開催していけたらいいな~と思っています。
この場を借りて、みなさん今後ともお付き合いよろしくお願いします~!
 

バックナンバー

Copyright 2006-2021 Lacras Corporation. All Rights Reserved.