Diary社員日記

ラクラスではどんな生活が待っているのでしょう。
社員が日記に綴ります。

2015/02/12
社員日記

チランジアはじめました

 

2015年の目標の一つに、目指せグリーンハンド!を掲げた

勤怠管理システムの運用を担当しているあべこです。
 
グリーンハンドとは植物を上手に育てる人のことを指すらしいのですが
わたしはその正反対でけっこうな頻度で植木を枯らしてしまい、うちに唯一残ったのは
シェフレラというタフガイな鉢が1つだけです。
ここ数年はめっきり切り花で季節のグリーンを楽しむ生活を続けていました。
(ちなみに枯らしてしまう人はグレーハンドと言うそうです・・・)
 
お手軽な観葉植物はないかと探していたところチランジアという植物を知りました。
エアープランツとも呼ばれていて、空気中の水分を吸収するため
水遣りは週に2回ほどの霧吹きでOKなうえに、なんと土も要らないというのです。
インテリア性も高く、これならば!と早速いくつか注文。 
 
かわいいんですよ。なんとも無骨で。
多肉植物のぷるんとした感じとは真逆でガサガサしたワイルドな風貌です。
エキゾチックな花も咲くのですが、咲くまでに何年もかかる株もあるようで・・・
(ちなみに、上の写真の左に写っている食虫植物みたいなのはポピーの蕾です)
花のあとは子株を出すので、それを分けたりそのまま大きく育てたりと楽しみ方もいろいろです。
 
すっかり気に入ってしまいました。
 
大切に育てようという気持ちがムクムク湧いてきて
さらに栽培方法を調べていくと、そんなに甘いもんじゃないらしい事がわかり
専門書もオーダーしたとろこです。
さて、わたしは枯らさずに花を咲かせることができるのでしょうか?
いつか花が咲いたらまたこちらでお知らせしますね。
2015/02/10
社員日記

南会津日記

こんつわ!(会津弁で、こんにちは!)

セールス&マーケティングの2Bです。


正月、福島県の実家に帰省していたところ、同じく帰省中の友人が「年越しそばを食べそびれたので、おいしいそばを食べに行こう」というので、その誘いに乗り、そばどころとして有名な会津地方、そのなかでも普段なかなか行く機会のない南会津の大内宿(おおうちじゅく)へドライブがてら行くことにしました。

 

現地は雪深い山奥なので、実家から自動車で23時間はかかるだろうと朝早めに出発するも、さすが年間百万人以上が訪れる観光地、道路の除雪状況もよく、休憩をしながら2時間弱と、思いのほかすんなり到着することができました。

 

駐車場から少しばかり歩くと、このとおり。

 

 

雪です。古い宿場町です。

江戸時代にタイムスリップしてしまったかのような風景です。

 

 

この大内宿は、江戸時代初期に会津城下と下野の国(日光あたり)をむすぶ会津西街道に整備された宿場町です。

 

 現在も地元の方々の努力により茅葺屋根の立派な家屋が数十棟保存されています。

もともと農村であったこの地区も、近年、観光客が増加したことにより、農村から観光地へと変貌し、これらの家屋もそば屋や土産物屋として使われるようになったそうです。

 

そして、大内宿は「ねぎそば」といって、長ネギ一本を箸の代わりに使い食べる風習が残されています。

 

 

本当に長ネギ一本です。この姿で出てきます。

 

そばをすすり、ねぎをかじり、そばをすすって、ねぎをかじる、繰り返しです。

残ったねぎはラップに包んでもらい持ち帰ることができます。

もちろんお箸も用意されていますので、そばを普通に食べることができます。

 

しかし、なぜ、ねぎで食べるのか。

 

かつて祝言の席で振舞われた祝言そばが由来ということです。

詳しい説明を書きたいところですが、大内宿のホームページなどにも詳しくは書かれておらず、店側は、直接来て聞いてほしいということなので、興味をもたれた方は、ぜひ現地へ訪れ、ねぎそばを食べながら店員さんに聞いてみてください。

 

今回訪れたこの店ほかにも大内宿にはそば屋が何軒もあり、それぞれ味や薬味が違うので、「はしご」をする人もいるそうです。

この日は、そばを食べ終わったあたりで雪が降り出したので、このまま帰路につきましたが、時間があれば、もうすこし滞在して散歩してまわり、ぜひ他の店のそばも食べてみたいと思える、街並みの美しさ、そばの美味しさでした。

 

きっと現地の方々は、茅葺屋根を守るため、伝統料理を守るため、あるいは震災以降の状況を脱するため、多くの努力やご苦労があるのだと思います。

 

そんなことにも思いを馳せながら、いずれ暖かくなったら機会を作って、周辺の地域も見てまわりたいと考えています。

 

あんがでぇなし!(会津弁で、ありがとうございます!)

2015/02/09
社員日記

音楽フェス

ここの所、ロードバイクがほしくてしょうがない500円貯金中のBPO業務効率化の合理化GNextです。

昨年末のお話になりますが、年末休みに年末の大型音楽イベントに参加してきました。 
  
 
毎年、夏はストレス発散、冬は来年に向けての活力をもらうために、こういうイベントに参加しています。
こういった音楽フェスに参加すると懐かしいアーティストから、最近のアーティストまで、色々な音楽をたくさん
楽しめるのが良い所です。
 
毎回思いますが、音楽って不思議な力がありますね、元気をもらったり、心を癒されたり。
また、昔の思い出と一緒に記憶に残る忘れられない音楽が必ずあるから不思議なものです。
 
最近は、「妖怪」の歌や「元気」の歌が流行っていますが、きっと今の子供たちの記憶に残る音楽になるのかな?
とか考えながら、2015年も頑張ろうと思う 合理化GNextでした。

 

2015/02/06
社員日記

シーズンがやってくる!!

こんにちは。オレンジ色なプロ野球球団と、関西出身の歌って笑えるアイドルグループをこよなく愛している給与担当2等兵です。

1月下旬…毎年恒例、怒涛の年末調整を終え、法定調書関連の処理が終わり、ちょっと一息つく季節です。
そして、この季節になると、、すごく気になりだすのが、アレです。
プロ野球開幕!!!
2015年の開幕は215/3/27(金)。楽しみ~楽しみ~楽しみ~…いや…もう…待ちきれない。。。
待ちきれないから…オープン戦なら、2月から始まるじゃーん!!
と、オープン戦のチケット…すでに3試合、取っちゃった

来月からシーズン開始というわけで、張り切って東京ドームに通います!15時くらいから浮かれているので、いつも東京ドーム行く日がバレバレになりますが、楽しみなんですもの。行ってきまーす!
東京ドームが職場から徒歩すぐって…すごく幸せ。

…実は…3月に、平日のデーゲームで行きたいオープン戦あるんですが、お休み頂戴してもよいでしょうか???ww
 

2015/02/05
社員日記

仙台便り(13)

牛舌五郎です。仙台のオフィスが開設され2年が経とうとしております。転勤への誘惑を駆るため仙台オフィス環境の魅力を伝えてきたこの仙台便りもはや13回目です。1回目は杜の都の代名詞、新緑の定禅寺通りでした。
今回はその冬バージョン。

オフィスビルの少し隣が三越でその隣が定禅寺通りです。年調時期は光のページェントで彩られます。
 

バックナンバー

Copyright 2006-2021 Lacras Corporation. All Rights Reserved.