Diary社員日記

ラクラスではどんな生活が待っているのでしょう。
社員が日記に綴ります。

2015/05/22
社員日記

買占め

 

とある自販機で、おいしそうなミックスジュースを見かけました。

パッケージには、ミックスジュースの定番、モモやマスカット、オレンジの他に、イチゴが描かれていました。
イチゴが入ったミックスジュースはあまり見かけたことがなかったので、わくわくしながらボタンを押したところ、
出てきたのはどう見てもグレープフルーツジュースでした。

 

「きっと何かの間違いだ……!」

 

そう思い、次の日もミックスジュースを買ってみましたが、やはり出てきたのはグレープフルーツジュースでした。

 

「いや、前から3番目以降はミックスジュースかもしれない……」

 

苦しい言い訳をしつつミックスジュースのボタンを押しては、
ミックスジュースのふりをしたグレープフルーツジュースを飲み続ける日々が続ましたが、ある時ふと思いつきました。

 

「偽ミックスジュースを売切れに追い込めば、次の補充で本物のミックスジュースが入るかもしれない!!」

 

それからは、絶対グレープフルーツジュースが出てくると知りながらも偽ミックスジュースのボタンを押し続け、
およそ1ヶ月でついに「売切れ」の文字を出現させることに成功しました。

私の思惑通り、補充で本物のミックスジュースが入ったようで、
苦節1ヶ月、ようやく念願のミックスジュースにありつけたのでした。

補充員が商品の入れ間違いに気づく機会を奪ってしまったかもと思いながらも、
私と同じように偽ミックスジュースに戸惑う人たちを救った(?)と、ちょっといい事した気分になりました。

実は果物の中ではグレープフルーツが一番好き、給与計算担当の六本木一丁目でした。
 

2015/05/21
社員日記

奈良日記

こんにちは。アカウントサービス部門のアンドレです。

昨秋、奈良は唐招提寺へ行ってきました。
唐招提寺は、約1300年前に鑑真が建立した古刹で、その名は「唐僧鑑真和上の寺」という意味だそうです。

何年か前に、知人から小説家・井上靖の作品をすすめられ、何冊か読む中に「天平の甍」がありました。
天平の時代に、遣唐使・普照たちが、唐の高僧であった鑑真を
日本に連れてくるまでの苦難に満ちた長い旅の様子を書いた歴史小説です。

井上靖が描くあまりの苦難さ、そしてその果てしなさ、あるいは無常さには、
読んでいるこちらも精神的に疲れますが、その分読み応えも抜群です。
天平の甍を読んで以来、唐招提寺に行ってみたいと思い続け、ようやく実現することができました。

唐招提寺に到着すると、まずはじめに南大門の向こうに見える金堂の荘厳さに圧倒されます。
門をくぐり、正面の金堂に入ると、廬舎那仏座像、薬師如来立像、千手観音立像などを目の当たりにすることになるのですが、
これが千年以上も前に作られたものだと考えると、気が遠くなるような思いにとらわれると同時に、
その大きさ、繊細さ、美しさなど、またも圧倒され、ひたすらに魅了されます。

そして、鑑真も普照も、ここに実際にいたのだと思うと、境内をはじめ建物や仏像の見え方も違ってきます。
鑑真や普照がこの像や建造物を見たのかどうかはわかりませんけれど。

境内をひとまわりし、最後に鑑真和上御廟へ行きました。
静かな境内のなかでもひときわ静かな場所にあり、時の流れが止まったような独特の雰囲気です。

一面を埋め尽くした苔の深い緑の上に紅葉がぱらぱらと散る様子がとても美しく、
小雨が降る肌寒い天気すら晩秋の情緒を引き立てます。
鑑真の墓の傍に、井上靖の文字で「天平の甍」と彫られた石碑が置かれていたことも、強く印象に残っています。

私に井上文学を紹介してくれた知人は、残念ながら数年前に亡くなられたので、この旅の報告をすることはできません。
しかし、その方が井上文学の何に魅力を感じて私に紹介してくださったのかを考えながら歩くことができました。

そして、目の前にあるものを単に古い貴重なものとして眺めるのではなく、
その当時のことを想像しながら尋ねることができたこの旅は、
私なりによい時間の過ごし方ができたのではないかと思います。

2015/05/20
社員日記

おばけなんてないさ

給与計算業務関連をしているWBSです。
 
最近、妖怪ウォッチが流行っていますが、妖怪とかお化けは本当に存在するのでしょうか。
 
個人的に疑問なのが、なぜ恐竜のお化けを見た人がいないのかということです。
死んでお化けになるなら、恐竜のお化けが世の中にあふれていてもよさそうです。
別に恐竜に限らず、昆虫とか絶滅した動物のお化けとか出てきてもよさそうですが、聞いたことがないです。
 
何かの本で読んだのですが、心理学の実験かなにかで、殺人が起こった家とそうでない家に実験者を住ませたそうです。
殺人が起こった家に住んでいると言われた被験者は霊的な現象を報告しました。
しかし実際その家で殺人は起きていませんでした。殺人が起こっていないと言われた被験者は
霊的なことは報告しなかったらしいですが、こちらは実際に殺人が起こった家でした。
 
ずいぶん悪趣味な実験ですが、幽霊の正体見たり、枯れ尾花ということでしょうか。
 
晩年、エジソンはオカルトに傾倒したらしいですが、科学では説明できない、未知なるなにかにロマンを感じるWBSでした。
2015/05/19
社員日記

ドラゴンボール探してます。

 

前回、我が家のスパルタサンタを紹介したギザミミピチューです。
4月で仙台から上京して1年が経ちました。(もう5月終わるけど。)

春になると、学生時代を思い出してセンチメンタルをこじらせたりもしますが(もう夏だけど。)
今現在、とても充実しているので、しばらく東京でもやっていけそうです。

仙台人にとって(私の周りで)東京は、大都会!物価高い!恐い!の三拍子でした。
テレビで流れている恐ろしいニュースは大体関東ですし、
家賃も住民税も、大好きなお野菜も割高。

しかし、都会に対する憧れも強くて、
芸能人がいっぱいいる!終電遅い!「渋谷なう」ってSNSでつぶやきたい!
なんて思っていたりもしていました。何もかもがハイレベルなイメージ。

例えるなら
ワンピースのインペルダウンで言えばレベル6。
ソードアートオンラインのアインクラッドで言えば最上階みたいな感じです。

怪盗キッドもルパンも、普通に歩いてるんじゃないかと思うくらいのドリーミング具合。
(ドラゴンボールも探せばありそう。)

しかし1年も経つと、怪盗キッドもルパンも
もちろんコナンくんもいないことはさすがに分かりましたし、
思ってたより渋谷のハチ公も上野のパンダに愛着も湧きません。

上野公園を「上の公園」だと勘違いしていて、「下の公園」もあるもんだと思っていたことや、
代官山が高尾山などの「山」の類だと思っていたことは、もはやネタです。

東京2年目、社会人2年目、
元気にドラゴンボール探し・・・じゃなくて、お仕事頑張ります。

給与2年目 ギザミミピチューでした。

2015/05/18
社員日記

春の楽しみ

 

システム開発グループのパスカルです。

社会人になって初めてのGWが終わり若干5月病気味ですが、
優しい先輩や愉快な同期に支えられ、充実した毎日を過ごすことができています。

日々感謝です(^^)

さて、今回の社員日記には私が愛してやまないディズニーリゾートについて書かせていただきます!

パークではショーやパレードを見たり、レストランでのんびりしたり…ゆったり過ごすことが多いです。
特に春はパークの至る所に色とりどりの花が咲いていて、散歩しているだけで幸せな気持ちになります。

▽毎年楽しみにしているチューリップです。早ければ2月中旬から見ることができます。

ディズニーならではの植物もあります。
「ディズニーランドローズ」という名前のバラは、バラ育成会社であるジャクソン&パーキンス社がディズニーとコラボした品種です。
毎年5月中旬~下旬に咲き始めるので、来週末に見に行こうかな~と計画中です ^o^

▽こちらがディズニーランドローズです!オレンジとピンクの可愛らしい花がパークを彩ります。

イベント開催中はより一層華やかです。
▽Easter eggとお花畑です。

リゾート内では19種類の桜をはじめ、約750種類の植物が大切に育てられているそうです。
季節によって花壇のレイアウトが大きく違ったり、キャラクターの姿の形をした植木があったり、
見ているだけでディズニーの世界を感じることができます。
アトラクションに並ぶのも良いですが、暖かいこの時期、のんびり散策しながら歩くのも素敵だと思います
 

バックナンバー

Copyright 2006-2021 Lacras Corporation. All Rights Reserved.