Diary社員日記

ラクラスではどんな生活が待っているのでしょう。
社員が日記に綴ります。

2015/11/30
社員日記

空腹時はこの日記を読まないでください。

 社会保険担当のえび部長です。
10月下旬に函館に行ってきました。

メンバーは、羽田空港から私含めて3名、現地合流で、去年まで函館に住んでいた友人1名の計4名です。
この4人の共通点は、食べること(飲むこと)が大好きなこと。
よって当然、食い倒れツアーになります。
しかもほぼ地元民の友人がいますから、ガイドブックに頼らず、安くて本当に美味しいお店へ連れてってくれる。
しかもしかも私以外の2人も、道民ではないのに、やたらと北海道通というメンツ。
なので私は気楽にノープランで参加しました。

到着後のお昼時、塩ラーメンから始まり、夕方地元の小さな飲み屋さんで夕食。
夜景観賞後、函館にしかない『ラッキー●●ロ』の名物『チャイニーズチキンバーガー』を食べ、一日目終了。

二日目、日本一美味しい朝食と有名なホテルでの朝食スタートし、
昼食は観光しながら、色々つまみぐい。
夕食は、友人大絶賛の飲み屋さんで地元の物を。
ちょうどイカのシーズン。
活イカをさばいてもらい、そのお味に感動して終了。
 

翌朝はふつう?のホテルで軽く朝食。
ランチは函館最後の食事として、これまた友人絶賛の回転寿司へ。
お味も値段も驚きの連続。

ここでタイムイアップ。
函館に来たら是非とも食べたかった『やきとり弁当』は、お土産になりました。

え?
本当に食べてばかりですって?
ちゃんと観光もしましたよ、ということで、こちらの証拠写真をどうぞ。

2015/11/27
社員日記

名古屋のカポナータ

 闇の料理人トーマスです。なんくるないさんと同様、出張先での出来事を書かせてもらいます。

私の話題はやはり食べ物です。
 
 
写真は、名古屋で食べたカポナータです。野菜の歯ごたえを残したレシピで、とても美味しくできていました。
家庭料理ですから材料も作り方も千差万別なのですが、私も歯ごたえを残す方法を好んでおります。
加熱時間が長すぎると、まるでラタテュイユのようにクタッとなってしまいます。
 
トーマスのカポナータは次の通り。
1)色どりの異なるパプリカ、ズッキーニ、ナス、セロリ、玉ねぎ、カボチャ、トマト、
  ニンジン、ジャガイモなどを一口大に切る。
2)これらを油で揚げる。パプリカ、ニンジン、セロリなどは長めに揚げるが、クタッとはさせない。油を切る。
3)トマトソースの中に、揚げた野菜を入れて煮込む。ここでも煮込みすぎないこと。
4)ハーブでかざったり、オリーブオイルをかけて、食卓に供します。
 
野菜を一回揚げることと、トマトソースと和えることが、カポナータの特徴です。お試しくださいませ。
2015/11/26
社員日記

貪欲と禁欲

1週間の断食が明けたランゲルハンス島です。

3年間かけて太って、1週間(準備と回復期間を入れると4週間)かけて元に戻すというパターンでの生活が、既に5ラウンド続いています。坐禅を組んでじっとしている断食ではなく、普通に仕事をして運動をして遊びにもいって、ただし水と必須ミネラル以外は補給しないというなかなかアクティブな断食です。1週間、完全に摂取カロリーゼロ。

デトックスとしての効果も絶大でして、老廃物が身体から出て行く感触があります。1週間食べなくても十分なぐらいの蓄えが体内にあることがわかるだけでも、なかなか価値あるわけです。

さて断食明けのこの時期に、ちょっと素敵な箴言を見つけました。
「貪欲は多くのものを失うが、禁欲が何かを生み出すということもない」。

また美味しいものを食べてよい、というお告げかもしれません。
食欲から離れることのできないランゲルハンス島でありました。 

2015/11/25
社員日記

はじめまして日記

はじめまして。11月1日にインフラチームで入社しました、エーシーズと申します。
前職はインフラの運用監視を専門としている会社で監視業務をしておりました。
業務の性質上先月まで、シフト勤務で土日深夜関係のない生活を送っておりましたので、7年ぶりにカレンダー通りの生活に多少の戸惑いを感じながらもそれも新鮮な気持ちです。
※というか業務説明を聞く限り戦々恐々ですが...
インフラチームということもあり、これから多くの皆様と関わることになるかと思います。ご迷惑をおかけすることもあるかと思いますがよろしくお願いいたします。 

2015/11/24
社員日記

はじめまして日記

はじめまして。11月1日に人事データベース導入担当として入社しましたラク美です。
今回、約10年ぶりに転職しました。
10年ぶりに転職をして、当社に対して感じたことは、忙しいにも関わらず、殺伐とした雰囲気がないということです。
入社初日に先輩社員の方々にランチに連れて行って頂きましたが、みなさん疲れた様子も見せず、和気あいあいとした雰囲気であることに驚きました。
と同時に、これまで楽な仕事をしてきた自分が、ついていけるかどうかに不安を感じましたが。。

まずは自分ができることをこなしつつ、なるべく早くキャッチアップできるよう努めたいと思います。
少し歳をとった新入社員ですが、これからよろしくお願いいたします! 

Copyright 2006-2019 Lacras Corporation. All Rights Reserved.