Diary社員日記

ラクラスではどんな生活が待っているのでしょう。
社員が日記に綴ります。

2016/05/24
社員日記

馬が好きです。馬肉も好きです。

こんにちは、最近とてもよい気候ですね。給与計算担当のあきんこです。
実は今年に入ってから馬を始めました。
よく競馬?と聞かれるのですが、いえいえ乗馬のほうです。
埼玉の乗馬クラブで週一を目安に通ってます^^
馬はいいです。臆病なので真後ろに立つと蹴られます。骨折します。
臆病なのでビニール袋が飛んできたらビックリして暴れます。落馬します。
いやぁ・・・ホント馬は可愛いですね。
自分が怪我しても可愛いって言えるように今刷り込んでます。

目標は外乗です。山や海で馬に乗って出かけることなのですが、きちんと乗りこなせるようになったら
是非行きたいです。
落馬する危険性もあるし、金銭的にツライこともありますが(道具高いよー)
それでも馬に会うと癒されます。
写真は乗馬クラブの子です。キリッとしててなんとイケメンでしょう。
馬の引き締まった体について話せる乗馬仲間が欲しいあきんこでした^^
 

2016/05/23
社員日記

21世紀の森と広場

アカウントサービス部のYEBISUです。
ちょうど昨年の今頃の社員日記で千葉県でお奨めの公園をいくつかご紹介しましたが、その中の『21世紀の森と広場』にGWに行ってきましたので、その時の様子を書きたいと思います。
松戸市にあり、東京ドーム11個分の広さで湿地帯や森林といった昔からある自然を生かすように造られた公園です。
大きく分けて以下のエリアで構成されています。
・光と風の広場
 この公園の中で一番大きな芝生の広場で、広さは東京ドーム約1.3個分(6.3ヘクタール)の広さをもっています。林の渕からは湧き水が出ていて小川となって広場のまん中を流れています。

・千駄堀池
人工の池で、広さは東京ドーム約1個分(5ヘクタール)の大きさがあります。

・水と木陰の広場
千駄堀池の正面に位置し多数の、四季折々の花で彩られた花壇で囲まれています。

・みどりの里
田園風景などが広がる昔懐かしい景色が見られるエリアです。

・木もれ陽の森
中心地から離れていますがBBQ場があり、いわゆる森の中という感じです。

・新緑の丘、縄文の森
散策路があり森林浴が楽しめます。竪穴式住居がありタイムスリップした気分を味わえます。

当日10時過ぎに到着し、まずは光と風の広場に行きます。シートを敷いてお菓子屋を食べたりジュースを飲んだりしながら色鮮やかな新緑を堪能します。ここはいろんな緑があります。深く濃い緑から黄緑色まで様々な緑を満喫できます。
11時になると近くの千駄堀池から霧の噴水が人工発生します。10時から4時まで1時間に1回、池の水面を霧が覆います。子供たちが水面近くで気持ちよさそうに霧を浴びて遊んでいます。霧で辺りが真っ白になって、子供の身長だと周りが見えなくなるのが楽しいのでしょうね。夏の暑い日に浴びたらさぞかし気持ち良い事でしょう。
霧の噴水が終わると、今度は真ん中を流れる川で水遊びです。子供たちは膝くらいの高さの石段から軽くジャンプして川に飛び込む(といっても両足からチャプンと着地するのですが)のを面白がってやっています。滑って転ばないでくれよ、と大人は見ていました。
お昼になったので昼食です。みどりの里にある「里の茶屋」というところで、森のそばを食べました。いわゆる山菜そばです。外のテーブル席で新緑を見ながら食べるのは本当に美味しいです。
小川で釣り(?)をしている人が何人かいます。近くに落ちてる小枝に何かエサをひっかけているだけなのですが、バケツの中を見てみるとどうやらザリガニが釣れるそうです。我が子は釣りにかなり興味をもったようで、なかなかその場から離れようとしません。「餌持ってきてないからまた今度ね」と言っても、小枝を手に持って水面につけて観察しているだけでも楽しいらしいので、しばらく釣りごっこしていました。
そうこうしている間に、また霧の噴水の時間です。子供は水遊びに満足し、私はその様子を見ながらこの日初のビールを飲み終えて帰路につきました。
都会にいながら、昔懐かしい田園風景や自然の素晴らしさに癒される場所です。
今回は水遊びが中心でしたが、他にも竪穴式住居の見学もできますし野鳥や植物などを観察できる自然観察舎もあります。興味をもたれた方は是非一度行ってみてください。

 

2016/05/20
社員日記

食を求めて三千里

つい先日、おいしいものを食べよう!ということで友人と一泊二日で熱海旅行へ行ってきました。
一度はブームが去った熱海ですが、現在多くのホテルがリニューアルされ、また旅行者が増えてきたそうです。

熱海といえば海!=海鮮!
ですが、今回私が求めて行ったおいしいものは「肉」です。

肉のコース料理付き宿泊プランを見つけ、値段も気にせず申し込み。
わくわくしながら鈍行でゆっくりと静岡まで行ってきました。
(後から宿泊プランの値段を確認したら、1泊33000円だったため、節約。。。)

長時間の電車を乗り越え、ホテルに着くと目の前は海で部屋もふたりで泊まるには広すぎるデラックスルーム。
一通り部屋に騒いだ後は、夕飯に備えておなかを空かせにお散歩へ。
立ち寄ったコンビニにはこんなかわいい色のご当地ドリンクがありました!
(おいしくなさそう。)

お散歩から帰った後は、お待ちかねのコース料理!!
席に着くなり、献立を凝視。

どれも美味しかったのですが、肉以外の私のお気に入りは「フォアグラのフラン」でした。
フランが何かわからず、ぼーっと説明を聞いていたら「簡単に言うと茶碗蒸しですよ。」とおじいちゃんシェフが教えてくれました。

そして、わくわくドキドキのお肉!!
目の前で炎に包まれるお肉を眺めてよだれが止まりません。

そしてこちらが待望のお肉です!!

・・・と写真を載せたかったのですが、案の定やりました。
興奮しすぎて、メインを撮り損ねました。
目の前に置かれた瞬間、すぐに私の胃の中へ。とても美味しかったです。

ちょっとお高い旅でしたが、贅沢旅も悪くないと思ったBPO導入のごまふあざらしでした。 

 

2016/05/19
社員日記

東京ゲートブリッジ

 シェアードサービスのニヤオレです。

温かくなってきたので、そろそろバイクのシーズン到来です。
週末晴れたので、手始めに都内を走ってきました。

散歩コースは、だいたい海沿いです。
走っていて景色もよく、気持ちいいですね。

とりあえず、湾岸道路を目指して出発します。
今回は次のルートをとりました。
環七→井之頭通り→青山通りで→晴海通り→湾岸通り

道路名だとどんなところを通っているのかわかりずらいかと思います。
こんなランドマークを通過しています。
渋谷のNHKの近くを通って、原宿駅の横を通り、表参道を通り、銀座の数寄屋橋を通り、築地、勝どき橋、晴海大橋を渡って豊洲のビル群を眺め、さらにまっすぐ行くと有明につきます。
そこから湾岸道路へ入ります。
湾岸へ出たら、新木場から東京へリポートのある若洲のほうへ行き、東京ゲートブリッジを渡り、お台場へ出でて、東京ベイエリアを一周してきました。

写真は東京ゲートブリッジです。
建造物大好きなので、遠くからの眺めも最高でした。
徒歩で歩いている人もいるので、一度ゆっくり歩いてみたいです。

 

 

2016/05/18
社員日記

仙台便り(28)

4月下旬の某日、お休みをいただき、かねてより、『一度は行こう!』と思っていた、青森県弘前市の桜祭りに行ってまいりました。
仙台より、車で、片道4時間半。
日帰りでの強行スケジュールの為、ひたすら走る高速道路では、眠気を吹き飛ばすのに大変でした。
しかし、弘前公園に着いた途端、お堀に咲く桜と、お堀に落ちた花びらの光景に感動しました!
この後訪れる「花びらのじゅうたん」に、想いをはせてしまいます。

また、雪の残る 『岩木山』 と共に見る 『弘前公園』 内の桜は、東北の春の訪れを感じるものでした。


あと一つ。りんごの街 弘前は、かなりの『アップルパイ』押しでした。
「弘前アップルパイガイドマップ」なども発行され、食べ歩きも楽しめそうです!

一泊で、ゆっくり行くべきだった、、とちょっと後悔のチャリでした。

バックナンバー

Copyright 2006-2022 Lacras Corporation. All Rights Reserved.