Diary社員日記

ラクラスではどんな生活が待っているのでしょう。
社員が日記に綴ります。

2016/11/08
社員日記

酒のつまみ

 アカウントサービス部のYEBISUです。
最近、お酒のつまみに塩辛をよく食べます。
いかの塩辛です。
これがまた日本酒に最高に合います。
私はまずビールを一本飲んでから日本酒に移るのですが、ビールの時はこの塩辛は我慢します。
塩辛のにがみといいますか、あの独特な味が日本酒を飲んだ後に口に広がり、何とも言えない味のコラボレーションになり、お酒も塩辛もどんどん進みます。
とやっていると飲み過ぎになってしまうので、そこそこのところで我慢です。
塩辛も食べ過ぎると喉が渇いてしまいますしね。
お酒好きの方(特に日本酒派の方)には、是非お薦めです!

 

2016/11/07
社員日記

はじめての懇親会

こんにちは。給与計算担当のカフェオレです。入社して1ヶ月が経ちました。
まだまだ分からないことが多く、日々戸惑っていますが、周りの方に助けられて何とかこなしています。
一日でも早く一人前になれるよう頑張ります。
先日はじめて社内の懇親会に参加しました。
普段話す機会がなかなかない他部署の方とお話しできて大変刺激になりました。お店のお料理も四川料理で美味しかったのですが、こちらも山椒がきいていて刺激的でした。
お酒はあまり飲めませんが、今後も参加できるときは参加できればと思います。
これから寒くなって鍋がおいしい季節になりますので、おいしい鍋が食べられたら嬉しいです
 

 

2016/11/04
社員日記

恋に発展!?

先日、電車でお出かけをした際、目の前に大荷物を持った女性が乗車してきました。

見た目から推測すると恐らく50歳前後の女性。
これは席を譲らなきゃ!と思いつつ、いや、年寄り扱いしてると思われたら怒られるかもしれない…
やっぱりやめようかな…いやいや、言い方を工夫すれば問題ない!

ただ、「よかったら座りますか?」のように疑問系で言ってしまうと、人間は断りやすくなって
しまうので、そこにも気を付けないと…
と、瞬間的に頭をフル回転させ
「荷物大変そうですね。よかったらここの席座ってください。」
と声をかける。

すると、ありがとう。と怒られることなく席に座ってくれました。

席を譲るだけでも色々考えてしまうこの性格はいかがなものかな…と思いつつ、
その後席を譲った女性と世間話を展開。すっかり仲良くなり、別れ際にはお菓子をいただくまでに。

そしてその1ヶ月後、今度は自分が家出レベルの大荷物で電車に乗った時がありました。
電車に乗車したら、

「お兄さん、ここの席座りなさい。」

と近くにいた女性に声をかけられました。
そしたらその人は以前自分が席を譲った女性でした。

あ、あの時の!とお互いすぐに気付き、またまた世間話を展開。
ダイエット中だと言っていたので、別れ際にはお菓子ではなく飴をあげました。

曜日も路線も違う電車での出来事に運命的なものを感じつつ(笑)、
良いことをすると自分に返ってくるってこういうことなんだなー、となんだか良い気分になった
勤怠管理システム担当のnorichiでした。
 

2016/11/02
社員日記

時代劇

給与計算担当のあるふぉんすです。
昔から曾祖母といっしょにテレビを見る習慣があり、時代劇に違和感なくなじんだ少年時代でしたが、最近になって魅力を再発見することがありました。

きっかけは、有名な将軍様が活躍する時代劇は長く続いたシリーズだということに気づき、ほかの時代劇はどうか調べ始めたのが始まりでした。

有名な副将軍様がお供を連れて旅する時代劇は、馴染みがあったので見返そうかと思わなかったのですが、桜が吹雪いてる遊び人でお奉行様の時代劇は思いのほか長いシリーズでどっぷりとハマってしまいました。

その他には、
火付け盗賊改方の活躍する時代劇、
お白洲での名裁きを行う時代劇、
普段は昼行燈だが裏では仕事人の時代劇、
名だたる名俳優が出演していており、ストーリだけでなく役者の演技を楽しむ新たな発見がありました。

また時代背景を考えるのも楽しく、当時の町人の生活や侍の高すぎるプライドを見ると、当時の文化を感じられるのも魅力の一つです。

ちょうど、超高速で参勤交代をせざるを得なかった殿様の映画も見にいけたので、まだまだ時代劇熱は冷めそうにありません。

2016/11/01
社員日記

久しぶりの母校

ドキュメントフローのニヤオレです。
先週、恩師の退職記念講演を聴講しに母校へ行ってきました。

久しぶりにいったこともあり、私が学生だったころと比べ、ずいぶんと雰囲気が変わった気がしました。
馴染み深かった古い大講堂は真新しい建物に建て替えられており、昔の記憶をたどるのに時間がかかりました。

わずかに残っている懐かしい建物も耐震構造が足りないとのことで休館中。
中に入ることができませんでした。

学生の頃、新しい校舎も少なからずありましたが、おんぼろで冬は寒く夏は熱い教室で
授業を受けたことのほうが今ではよく思い出されます。

ゼミの思い出で衝撃的だったのは、
ゼミ旅行の最中にアメリカ同時多発テロが発生して、その晩は恩師と一緒にTVにくぎ付けになったことでした。
また、ゼミの合宿は悪天候が多かったような。
おそらくゼミの中にだれか雨男か雨女がいたのでしょう。。
悪天候でも楽しかったし、良い思い出です。

一年に一度、OB・OG総会で学友や先輩、後輩に会うのが楽しみでした。
今年が最後のOB・OG総会となると思いましたが、来年も、引き続き続けるそうです。

現役の学生が、OB/OG総会を企画運営していますが、現役の学生はもうおりません。
OB・OGの中で、企画運営することになりました。

教授の肩書がなくなっても、一年に一度恩師を囲んで、先輩、後輩が集える場があることは、とても幸せだと思います。

学生の頃に勉強した本を手に取ってみたくなりました。 

バックナンバー

Copyright 2006-2020 Lacras Corporation. All Rights Reserved.