Diary社員日記

ラクラスではどんな生活が待っているのでしょう。
社員が日記に綴ります。

2017/01/10
社員日記

ドレミファソラシ

 

 先日、子供が学校から持ち帰ってきた鍵盤ハーモニカを、何気なく開けてみた時のことです。

鍵盤にシールが貼ってありました。

先生に教わりながら、自分で書いて、貼ったのでしょう。

「ド」・「レ」・「ミ」・「ファ」・「ソ」・「ラ」・「シ」・「ロ」

 

 

「ロ」!?

 

至急、子供を呼びました。

ちょっと、ドレミファソラシドって言ってみて。

・・・・・

よく聞き取れない。

最後の、シド、だけもう一回!

 

「だから、シロ!」

 

アウトでした。

最初に、「ろ」、と聞こえ、そのままそう覚えてしまっているのでしょうw

耳って、思い込みって、不確かなものですね。

ドレミファソラしろって、何すりゃいいんだろう。。。

アドミの椰子でした。

2017/01/06
社員日記

父の教え

 

闇の料理人トーマスです。

3年前に他界した父親は、実に面白い人で、何の役に立つのかわからないものも含め、多彩な豆知識を授けてくれました。

小学生であった私に、焼いた雀(スズメですよ)を食べさせながら、教えてくれたネタもその一つです。「いいか、雀を食べるなら秋だ。春の雀を食べてはならん」。それからずいぶんな歳月が経過しましたが、父の教えは私の中に生き続けてきました。

その後、雀焼きを食べる機会には巡り会えませんでした。雀を出す店に出会うこともありませんでした。たぶん多くの人にとって、「雀を食べる」という食習慣自体、馴染みのないものでしょう。

そしてこの11月、私は秋雀を食べに、京都伏見稲荷に行ってきました。千本稲荷で有名な伏見稲荷は、外国人旅行客にとって人気ナンバーワンの観光地だそうです。そして実は雀焼きが名物です。奈良線稲荷駅を降りると、周囲は英語・中国語・そして判別できない言語が乱れ飛んでいます。紅葉シーズンの真っ盛りですから、参道は様々なグラデーションの赤や黄で彩られています。

でも私の目的は秋雀。喧騒には目もくれず、「雀焼き」と書いてある店に飛び込み、一本500円也を注文しました。頭から足先羽先まですべて丸ごといただき、そして父親のことを思い出しました。

その写真がこちら。よーーーく見てもらうと、雀の姿が浮き出てきます(笑)。

さえ、なぜ食べるなら秋雀なのでしょうか?
父の説明は明快でした。「春雀は昆虫を食べ、秋雀は穀物を食べる」からです。動物を食べている肉は不味いので、「食べるなら植物を食べている秋にせよ」という教えでした。父の教えを忠実に守る息子でした。 

 

2017/01/05
社員日記

拝啓、(約)10年前の私

 

寒さが強くなるにつれ、お布団への執着が加速している上京カピバラです。
先日、高校時代の友人とかなり久しぶりに集合しました。
 
前回集まった時はまだ大学生だったので、本当に久しぶりです。
私含め4人で集合したのですが、そのうち2人は東北からやってきてくれました。
 
看護師さんや保育士さん、アパレルなど、各々女子力とやさしさが溢れる職に就いて、
とても素敵な大人になっているようにみえつつ、中身はそれはそれはよく笑う、ちょっとおバカなままで安心しました。
 
そんな4人で向かうは舞浜にある夢の国です!めちゃくちゃさむい!!
宮城や福島の方はわかりませんが、北東北はだいたい中学の修学旅行先が東京で、メインが夢の国なので
中学の修学旅行をやり直している気分でした。近々高校バージョンの京都・大阪もやり直したいです・・・!
積もる話がありすぎて、アトラクションの待ち時間があっという間に過ぎます。
 
あの時間が嫌いな方は、久しぶりに再会する人と行くのをおすすめします!笑
ですが、基本的にゆっくりおしゃべりを楽しむ場所ではないので、話すことが多いと
話す、並ぶ、歩く、乗る、叫ぶ、買う、はしゃぐ、等、異常に忙しいので要注意です。
 
全力ではしゃぎ倒して、次の日はHPがほぼゼロ。寒さと疲労でぷるぷる震えながら、
お昼ご飯だけ一緒に食べて、後ろ髪引かれつつお別れしました。
 
高校時代、看護系・保育系など、それぞれ将来を見据えて進学先を決めた彼女らを横目に、
私は自分の興味のある学問を優先して進学先を決めたので
追い込まれるまではいかないでも、将来に対してぼんやりとした不安がありました。
 
が、いざ社会人になってみたら、毎日自分の仕事に奮闘しつつ、
休日には当時の友人たちが遠いところまで会いにきてくれて、
あの頃の自分に教えてあげたいくらい、いい人生を進んでるな~と、
東京駅の新幹線改札口でお見送りしながら思いました。
 
早くも京都旅行計画を練り始める、勤怠システム運用 上京カピバラでした。
 

 

2017/01/04
社員日記

私の好きなお菓子

 
みなさんは、好きなお菓子はありますか?
 
私は、このスナック菓子が大好きです。
 
ダダーン!

このお菓子は、生地にカニとエビが練り込んであり、程よい甘塩っぱさが後を引く美味しさです。
 
私は、関東に来てから1年ちょっと経ちました。
 
このお菓子を食べたくて、スーパーに行っては探す日々を繰り返しました。
 
とうとう耐えきれず、ネットで調べてみることに…
 
すると、岐阜県の会社で製造され、中部地方に出荷されていることが分かりました。
 
どうりで見当たらない訳ですね。
 
結局お菓子を食べたくて、愛知の実家に依頼し2ヶ月…
 
やっと届きました〜!
 
これから大切に食べようと思います。
 
管理部門のカニガールでした。

 

バックナンバー

Copyright 2006-2022 Lacras Corporation. All Rights Reserved.