Diary社員日記

ラクラスではどんな生活が待っているのでしょう。
社員が日記に綴ります。

2017/06/09
社員日記

観光地になっていました

BPO導入を担当している北陸出身です。
地元の石川にお正月ぶりに帰省しました。

実家は田園が広がる田舎で、北陸新幹線開業後の金沢には今回久しぶりに足をのばしました。
新幹線が通ったおかげで?金沢駅はバスロータリーが綺麗になって鼓門が出来たりモニュメントが出来ていたり!!

観光客のようにキョロキョロしながら駅まで歩きましたが、海外からのお客様もたくさんいるしそれなりに賑わっていました。
ただし、18時には閉店準備を進めるお店もあるので閉店時間が早いと思います。
どこの観光地でもそうかと思いますが、金沢は午前中からの観光がおススメです。
中学生の時に遠足で金沢を1日ウロウロしたのですが、その時はとてももつまらなかったのですが、今なら1日中ウロウロしても飽きないと思います!
おいしいものも沢山あるので、ぜひ金沢へ足を運んでください!

≪金沢駅に行く前に寄った定番の観光地≫
(ingressという陣地取りゲームをやっているので寄り道しなければ30分くらいのところが3時間かかりました)

夕方で観光客もまばらな「金沢ひがし茶屋街」

「犀川」と行ったことはないお茶屋が並ぶ「主計(かずえ)町」

中には入っていない「金沢城址」

導入担当の村長さんほどではありませんが、雨を降らす能力がちょっとあるらしく雨・・・。
北陸は雨が似合うと思っているので気にしません。

帰りはバスに乗ったのですが、金沢弁を久しぶりに聞いてほっこりしたので、
今まで車で通り過ぎていた街をゆっくり歩いてみるのもいいな~と思いました。

ゆるキャラの「ひゃくまんさん」
(丸すぎて新幹線に乗れないので、石川と東京にいるそうです・・・)

2017/06/08
社員日記

仕込み

先日お味噌を仕込みました。
発酵し、熟成され、お味噌になる日が楽しみです。

きっかけは義母に誘われたこと。
義母も姑から習ったというので、主人の家に代々伝わる味なのかもしれません。

毎年仕込むその味噌づくりに参加しない罪悪感を感じつつ早10年。
面倒くさがりな私は、なんだかんだと理由をつけ避けてきましたが
我が家の怪獣達は、ばぁばのお味噌が大好き!
特に今年は怪獣1号が一緒にお味噌を作りたいと言い出したため、
仕方なく、やっと重い腰をあげました。

煮た大豆をミンサーというミンチにする機械でつぶすのも
潰した大豆を麹と混ぜて、丸めるのも、重労働。
玉にして、投げつけて空気を抜くのは、もうヘトヘト。

現在、お味噌は我が家の床下収納で眠っています。
あの日以来、何もしていないので、私に非はないハズ。
日ごろの行い?そんなの関係ないハズ。
きっちり密閉したし、カビなど生えないハズ。
と自分に暗示をかけながら、仕上がりにびくついている内部監査室のスイーツ部長でした。

2017/06/07
社員日記

ランニングバイク

双子男子を育てています。先日とうとう3歳になりました。
「自転車がほしい」と言っていた二人なので
お誕生日プレゼントにペダルのない蹴って進む自転車
ランニングバイクを買ってあげました。

写真は室内で試乗しているところですが、
今は近所の公園で走らせています。
ちょっと前までは公園に行くとなると一家総出で行っていましたが
最近付き添うのはパパのみ。
なので、外で乗っているところを私はまだ見ていないのですが
まあまあ上手になってきているそうです。
一人の時間を持てることにちびっ子たちの成長を感じる給与計算システム担当の2人乗り用ママでした。

2017/06/06
社員日記

ネモフィラを見に行く

ちょっと前の話なのですが、家族みんなの希望とこの日記のネタのため
ゴールデンウィーク最終日に茨城県ひたちなか市の国営ひたち海浜公園に行ってきました。
遊園地とかサイクリングコースまである、ものすごく大きな公園です。
が、今回の目的は「みはらしの丘のネモフィラ」です。青いお花だそうで。
お花には疎いのでネモフィラなんて聞いたこともないのです。

綺麗なチューリップ畑を過ぎてから、

サイクリングコースをサイクリングして、こちら~

 

 

はい、綺麗。すごい。
たまには良いですね、花も。
今はもう見ごろは過ぎてますので、次は秋のコキアだそうです。丘全体が真っ赤になるようです。これもいってみようかな。
あと、こんなにでかい鯉のぼりもありました。

うちの黄色い次女が紛れ込んでますね。
ソリューションコンサルティングサービス部門のあぐーでした。

2017/06/05
社員日記

アンデルセン公園

アカウントのスーパードライです。
先日、千葉県船橋市にあるアンデルセン公園に行ってきました。
私の地元なのですが実は一度も行ったことがなく、友人や近所の人からの勧めもあり、嫁と子どもを連れて行ってきました。
ヨーロッパのデンマークをイメージした公園で、広さは東京ドーム約6個分との事です。
以前、日本の人気テーマパークランキングで3位になり、アトラクション類が一切ないのにこの人気っぷりのため、しばしばマスコミにも取り上げられているようです。

公園内は以下のゾーンで構成されています。
・ワンパク王国ゾーン
・メルヘンの丘ゾーン
・子ども美術館ゾーン
・自然体験ゾーン
・花の城ゾーン

まず入口の一番近くにあるワンパク王国ゾーンに入ります。
ここは子ども用の遊具がたくさんあり(人気は長~いローラー滑り台)、また大人用・子供用のアスレチックがあります。
また、ちょっとした乗馬ができたり変形自転車で遊べるコーナーもあります。
更に水遊びができる噴水広場もあり、本格的に水着に着替えて浮輪で遊べます。
このゾーンだけで1日十分楽しめます。

次に、橋を渡ったところにあるメルヘンの丘ゾーンです。
ここは公園のシンボルである風車があり、またデンマークの農家庭園をイメージした広場がたくさんあります。
シートを広げてゆっくりしたい場所で、ワンパク王国ゾーンで疲れた体を癒すには最高だと思います。

橋の下にある池でボートに乗ることもできます。
今回ボートには乗らなかったのですが、昼食はこの池を眺めながらドイツビールとBBQを楽しみました。

少々休憩ということであれば、子ども美術館ゾーンがお勧めです。
子どもがお絵かきや工作をしたり、また折り紙教室なども開催されています。
昼食後に少し休みながら遊ぶにはちょうど良いと思います。

自然体験ゾーンは、田んぼ道を散歩をしながら自然に癒されることができます。
確かこの場所は公園ができる前は元々田んぼや雑木林だったと思います。
おそらくその自然を活かしながら、整備してこのゾーンにしたのだと思います。
5月のこの時期は新緑も綺麗で最高です。

花の城ゾーンは四季の庭で、3歳までの子供が遊べる綺麗な芝生広場もあります。
小さな子どもたちが遊ぶ姿を見てるだけでも何だか和みます。

このように遊び方は色々あります。
また季節ごとに違った風景も楽しめるような気がします。
次回行くときはまだ暑い時期だと思うので水遊びが中心になるかと思いますが、秋にはボートに乗ったり、のんびり散歩でも楽しもうかと思います。

お勧めの公園の一つです。

バックナンバー

Copyright 2006-2021 Lacras Corporation. All Rights Reserved.