Diary社員日記

ラクラスではどんな生活が待っているのでしょう。
社員が日記に綴ります。

2017/11/15
社員日記

ついに我が家にやってきました

こんにちは。
シェアードサービス部門の元・店長です。

待ち焦がれていたあいつが、約2週間ほど前にとうとう我が家にやってきました。

待ち焦がれていたと言いながら、
ネットで情報をつぶさに追いかけていた熱量MAXの日々も遠く過ぎ去り、
なんとなく一縷の望みをかけて近所のお店にふらりと入り、
「やはりないか…」と肩を落とす日々を過ごすこと数か月。

この日は今にも雨が降りそうな曇天の休日でした。

雨が降り出す前に早々に買い物を済ませてしまおうと出かけた帰り道に、
いつものように近所のお店にふらりと入ったのですが、やっぱりあいつはいません。

あっさりと帰ろうと思ったその時、「本日抽選」の文字が!

抽選受付 10:00~11:00
当選発表 12:00

その時点で、受付終了まであと5分。
1時間待つだけであれば!と久しぶりに沸き上がった熱意に突き動かされ、いそいそと受付を済ませて、
近くの喫茶店で時間を潰します(幸いにも手元には文庫本が一冊あったので、困りませんでした。)。

文庫本をキリのよいところまで読んでからお店に向かったので、お店への到着は12:15。
当選発表は時間通りに終わっていて、結果が店頭に張り出されていました。

そこには握りしめた控えに書かれた「48」の数字がしっかりとあったのです!

というわけで。

めでたく我が家にNintendo Switchがやってきました!

某電気店の毎週のネット抽選ではことごとくふられていたのに、実店舗での一発獲得は自分でもびっくりしました。
(今年の運は使い果たしたかな…)

少し在庫が増えているというのは聞いていましたが、来る年末商戦で食いつくされる前に手に入ってよかったです。
しばらく休みの日はゲーム三昧になりそうな予感です。

2017/11/14
社員日記

ロマン

唐突ですが、この間箱買いしました。お菓子を。
箱買いなんて人生初です。
箱買いってなんだがロマンがあると個人的に思います。
小さいころはお菓子の箱の中の一つを買う程度のものでしたが、
中高生になると少し夢を持ち始めて一度でもいいから、「棚の端から端まで全部ください!!」て言ってみたい。と
野心を抱いていた時期もありました。(皆さんもあるはず)

そして社会人となった今、学生の頃と比にならないぐらいお金に余裕があり(おそらく)、そんじょそこらのお菓子買う程度で
躊躇するなんてことはなくなり、今回の暴挙に至ったわけであります。恐ろしや。
ちなみに、買ったのはハバネロのアノお菓子です。食べ過ぎて最近まったく辛く感じなくなってきました(笑)
社内で食べるとなかなか匂いそうなので、家で食べることにします。12袋・・・いつ頃完食できるか・・・。
そして調子に乗って散財しないよう注意しなければ・・・(お菓子と一緒に500mlの飲み物も箱買いしました(笑))

ハバネロ部長(42)でした。

2017/11/13
社員日記

【業務連絡】ドラクエ終わりました。

システム運用グループのボーです。
「ドラクエ始めました。」というタイトルで日記を書くつもりでしたが、クリアしてしまったのでタイトル変更します。

みなさんご存知ですか? ドラゴン・クエスト略してドラクエ。
超王道RPGですよね。

もともとRPGゲームは好きですが、さすがに大人になってからは疎遠になっていました。
が、ここにきて人に勧められまして、今年7月に発売された最新のドラクエ11を購入しました。

主人公の勇者が魔王に支配された世界を救うという、とても素晴らしいストーリーなのですが、
まず主人公を「ユウシャ」と名付けたあたりから失敗でした。

王   「(主人公を見つめ)お前が勇者だ。」
ヒロイン「えっ!? ユウシャが勇者だなんて・・そんなの信じられないわ、ねっユウシャ!?」

という具合に、会話が成立しなくなりました。

また、私の悪い“ゲーム癖”が出てしまい、主人公が勇者らしからぬ人物像になって我ながら残念です。

街中にある「樽」と「壺」は片っ端から破壊(金銭目的)
他人の家に土足で上がり込み、「タンス」や「キャビネ」を物色(金銭目的)
世界に暗雲が立ち込める中、スロット・ポーカー三昧

あ、でも「街中の人間・動物に片っ端から話しかける」「困りごとを聞いてあげる」もやってます。(これは勇者っぽい)

ここからはネタバレですが、65時間プレイしてようやく魔王を倒しホッとしていたら、
実はまだこの先のストーリーがあるそうなんです。
ど、どんだけボリュームあるんだこのゲーム・・・開発、大変だっただろうなぁ。。と思いを馳せます。

ひとまず世界が平和になったので、一旦「こそ泥勇者」も休憩です。
もう一度世界を救いたくなったら、再開しようと思います。

2017/11/10
社員日記

国外への逃亡。

皆様こんにちは。
LIP導入担当のかおすけです。

前の話になりますが、9月下旬に旅行でニューヨークに行ってきました。

私自身初めての海外旅行だったので、事前にインターネット等で情報を調べてみるとスリや置き引きには十分気を付けて下さいとの注意書きが。
なので、ひとまずすれ違う人全員敵だと思うようにしました。

ニューヨーク滞在中はあれを食べたい、これを見たいといった色々なプランを事前に立てていましたが、
私自身最大のメインイベントは「メジャーリーグ観戦」でした。
中でも世界一の球団と言われている「ニューヨークヤンキース」の試合は死ぬまでに一度は見たいと思っていたので、
今回念願叶い観戦することが出来ました。
田中将大投手が当日投げる試合ではありませんでしたが。

地下鉄に乗って、ヤンキースE,153ストリート駅で降りると、すぐ目の前にヤンキースタジアムが。

ヤンキースタジアムはMLBの球場の中でも比較的狭い球場だと聞いていましたが、それでも建物自体は東京ドームよりも全然大きく見えました。
流石アメリカ。
スケールが大きいですね。
ビックリです。

予め購入した電子チケットを受付で見せて早速建物内へ。
因みに日本とは違い、缶の持ち込みはOKみたいですが、飲みかけのペットボトルはNGみたいです。
ヤンキースタジアムで比較的人気があるステーキバーガーとハイネケンを買って観戦席へ。
席に着いた時にはスターティングラインアップを発表し終わって、選手達が守備位置に就こうというところでした。

選手たちの登場と大音量のDJアナウンスによって会場が一気に大声援に。
流石にこればっかりはずっと野球をやってきた人間にとってはたまらなく興奮する瞬間でした。

また、試合中の観戦スタイルもハイネケン片手にポップコーンかステーキを食べながら、
点を取ったら大声援、点を取られたらブーイングと非常に分かりやすく、まるで草野球を見ているような自由な印象がありました。
日本と大きく何が違うのかと問われれば言葉で伝えるのは非常に難しい部分もありますが、
一度生で観戦していただければその独特の雰囲気というのを感じていただけるのかなと思います。

試合自体は残念ながらヤンキースは負けてしまいましたが、私自身非常に満足のいく観戦となりました。
次にいつ生で観戦できるのかは分かりませんが、是非今度は日本人選手も出ている試合を観戦したいと思う今日この頃でした。

2017/11/09
社員日記

紅葉狩り2017

10月の初旬に蔵王まで紅葉狩ハイキングに出掛けました。

ちょっと早いかなと思っていましたが、さすが標高1500mにもなると
そこはすっかり秋色の世界!!


ドッコ沼。水面に映る稜線が美しい。

蔵王は観光地なのでケーブルカーを使うと比較的ラクに絶景ポイントに辿りつけるのですが
この日は久々の晴れ間にテンションが上がり、いっぱい歩こうモードで山頂まで自力で登ることに。

ルートはゲレンデと林道が交互にあらわれます。

雪のないゲレンデ、急傾斜登り、単調。暑い。つまらん。。。
ウンザリしたころに林道ルートに入ると、それはそれはカラフルな木々と
爽やかな風が、疲れを吹き飛ばしてくれます。

「パラダイス」というすてきな響きの標識に誘われて行った先に待っていたのは
またゲレンデで「ザンゲ坂」という名の急傾斜が現れました。
途中までは、「もう、なんだかよくわからないけどホントにごめんなさい」と
罰ゲーム気分で登っていたのですが、一度に10歩くらいしか進めないキツい登りが
延々と続き、だんだんと腹がたってくる始末(笑)

どうやら「ザンゲ坂」がラスボスだったようで、登り切ったら緩やかな稜線が。
森林限界を超え、周囲の木々は地味になり、視界がぐんと広がります。

そしてピーク。
山頂付近にある、有名な蔵王の「お釜」に会えました。
角度によって色が変化する不思議な火山湖は迫力も満点でした。

バスで山形駅まで戻り、ご飯を食べて街をぶらぶら。
初めての山形は思っていたよりもずっと街並みがクリーンで整備された印象でした。
帰りは新幹線に乗り、ちょうど東京を出発した23時に帰宅。

iPhoneによると、この日の歩数は37000歩を超え、1000m近くを登ったそうです!
11月は西丹沢のユーシン渓谷に行きたい、システム運用担当のwillowでした。

バックナンバー

Copyright 2006-2021 Lacras Corporation. All Rights Reserved.