Diary社員日記

ラクラスではどんな生活が待っているのでしょう。
社員が日記に綴ります。

2017/12/28
社員日記

昔につながるサイン

お散歩やサイクリングをしていて、ひっそりとたっている歴史や文化を解説したサインを見るのが好きです。

今回ご紹介するのは、清瀬市から練馬を経由して江戸へ行き来するのにつかわれていたとされる「清戸道」の端っこで見つけたサインです。
まずは江戸川橋横、目白坂の下にはこのようなサインがありました。

「清戸道」は農民が江戸に野菜を売りに来るのに使われていたとか。
郊外の農民が江戸から戻るときに下肥を持ち帰ったおかげで、江戸が清潔だったという話をどこかで聞いたことがあります。

次は護国寺から目白通りに向う 不忍通りの坂道にあったサインで、ここは清戸道に通じる坂だから「清戸坂」というそうです。

雑司ヶ谷などお墓が多くある地域ですが、このあたりに牧場があったとは…驚きました。

初めに登場した目白坂はなかなかパンチのある坂ですが、頑張ってのぼると「椿山荘」にたどり着きます。
山縣有朋の邸宅だったことで有名ですが、付近では他にも「肥後細川庭園」など、高低差のある地形を生かした素晴らしいお庭を見ることができます。
早稲田方面に行けば「大隈庭園」もあり、四季折々の庭園巡りも楽しいです。

その中でも私のお気にいりは、椿山荘の横、目白通りから神田川に下る「胸突坂」です。

こちらの標識はこのような解説がかかれていました。

胸突坂
目白通りから蕉雨園(もと田中光顕旧邸)と永青文庫(旧細川下屋敷跡)の間を
神田川の駒塚橋に下る急な坂である。
坂下の西には水神社(神田上水の守護神)があるので,
別名「水神坂」ともいわれる。東は関口芭蕉庵である。
坂がけわしく,自分の胸を突くようにしなければ上れないことから,急な坂には江戸の人がよくつけた名前である。
ぬかるんだ雨の日や凍りついた冬の日に上り下りした往時の人々の苦労がしのばれる。

「急な坂には江戸の人がよくつけた名前」とのことなので、ほかにも「胸突坂」という坂があるのかもしれません。
蕉雨園は一般公開されていませんが、坂の途中にある「水神社」では、こちらでお世話されている地域猫達を眺めたり、
水神社と反対側の「関口芭蕉庵」では通用口から入りお庭をぐるっとまわることができます。
どちらもひっそりとして、のんびりするのにおすすめです。

係りの方にお断りして芭蕉庵の入口を撮影させていただきました。

2017/12/27
社員日記

かぼちゃ・キラキラ

ここ最近は気持ち的に穏やかな日々を過ごしております、オペレーション担当の色々です。

たまにはアート的な話題を。

特別なファンという訳ではありませんが、先日、運よく完全予約制のチケットに当選したので、

早稲田にて期間限定で開催されている、草間彌生美術館に行ってまいりました。

時間は90分、定員は50名と入れ替え制となっているため、ゆっくりと観てまわる事ができました。

外国の方が半数ほどを占めていて、わざわざ日程を合わせて観に来られた方もいらしたようで、

なんともアクティブ!という感想と同時に、世界的な人気の高さを実感した次第です。

館内はそんなに広くはなく、オブジェや絵画の展示数もそれほど多くはありませんが、

たくさんの作品集が揃っていて自由に閲覧ができるので、瞬く間に時間は過ぎ、

程よい刺激が不思議とフラットな気持ちになれた気がいたしました。

ちなみに、2018年2月25日まで開催されているようです。

2017/12/26
社員日記

イルミネーション

インフラのエーシーズです。

竹橋移転当初は東京からオフィスまでは1駅なので体力維持を兼ねて歩くという目標にしていたのに
この寒さに三日坊主状態。

そうしたところにこんなイベントが

http://www.tokyo-michiterasu.jp/

なるほど。。。これなら、寒さも気にせずに楽しめそう。。。

オフィスから皇居に沿って歩いていくと写真の撮りがいのある
景色がたくさんある。。。ということで携帯でパシャリパシャリ。

ということで撮った中から良さげなものを数枚アップしてみます。
※と書いていますが実はほとんどの写真がブレてしまっておりまともなのが数枚しかなかったのです
携帯カメラの質が上がっているというのに本人の腕がないとこんなものなのですねw

これはちゃんとしたデジカメでリベンジしなければ。。。

2017/12/25
社員日記

大人の社会科見学

合理化推進チームのえび部長です。

工場見学が大好きです。

夏の暑さがまだ残る頃の話になりますが
とあるワイナリーに行きました。

こちらのワイナリー、実はある目的のために設立されたものなのです。

その目的とは・・・
(説明がちょっと長いです)

約60年前、特殊学級(現在の支援学級)に通う生徒たちが
卒業後にも通える施設を・・・と
元教員であった男性が、自費で急斜面の土地を取得し、施設を開設。
開墾した畑で育つ作物を試行錯誤しているうちに
葡萄が一番適していることが判明。
その葡萄を活かすものは何か?とまた試行錯誤の上に
たどり着いたのがワイン。
(その当時はまだワインが日本で評価されておらず、反対意見もあったそうです)
そのワインを販売するためには、酒税法上、会社を設立しないといけないため
生徒たちの父兄等が中心となって
ワイナリーを立ち上げた、というもの。

但し、こういう施設で造られたワインだから、という
気持ちで買ってもらえる物ではなく、
そんな事を知らない人が、純粋に味だけで購入してもらえる物を!という
信念で作られています。
その証拠に、世界的なサミットや、航空会社のファーストクラスで
採用されております。

で、本題。

工場見学スタートです。
畑の説明を聞いた後、実際作業を行っている場所で説明を受けます。

貯蔵庫にも入れてもらいました。(ガスが出てます!)

スパークリングワインがなぜ高価なのか、製造工程も伺いました。
最後にワイン用の葡萄を試食し、1時間弱で見学終了。

その後は併設されているレストランのテラスでランチ。
とっても美味し~♬

食後に、運転手を除く3名は試飲コーナーへ。
ワンコインで好みの5種類を飲ませて頂きました。

白・ロゼ・赤・デザートワイン。超美味しー♬

最後にお土産のワインを購入し、大満足で大人の社会科見学が終了しました。

2017/12/22
社員日記

はじめまして日記(リナ子)

はじめまして。

12/11よりアカウント第一グループに配属いたしましたリナ子と申します。

よろしくお願いいたします。

 

慣れないことが沢山あり、いまだ緊張している毎日ですが、

一つ一つの業務を正確に覚えていきながら、丁寧かつ迅速な業務が

行えるよう身につけていきたいと思っております。

 

さてさて、最近、ほんのちょっと「あんこ」にはまっております。

きっかけは、昨年の冬くらいから毎日板チョコを2枚食べ続け、

気付けば体重10Kgオーバー!!

それでも甘い物が恋しくて・・・

これ以上増量しない甘い物を探していたところ、某テレビ局の番組で

「太らない!身体に良い!美容効果にも絶大!」

という情報を知り得たことからでした🎵

その内容とは・・・

①食物繊維とサポニンが豊富

・食物繊維が便秘の解消に作用し、サポニンがむくみを改善

②貧血やダイエットに効果的

小豆には鉄分が含まれているのいで貧血予防、また、糖質をエネルギーに変えてくれる

ビタミンB1も配合。

ダイエットに効果的、かつ脂肪も燃えやすくなる。

③老化防止の効果あり!!!

あんこはポリフェノールが含まれており、活性炭素も取り除いて老化防止に努めてくれる🎵

 

なんて素晴らしい!

女子としてははまらない訳にはいかないあんこさん!日本人に生まれてきてよかったと

痛感いたしました。

それからは大好きはチョコは控え、あんこさんのお世話になっております。

 

もし、皆さまもご興味が沸きましたら、是非一度「あんこ」をご賞味くださいませ。

また、美味しいあんこ情報がございました教えてください🎵

 

長くなりましたが、

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

Copyright 2006-2019 Lacras Corporation. All Rights Reserved.