Diary社員日記

ラクラスではどんな生活が待っているのでしょう。
社員が日記に綴ります。

2019/05/24
社員日記

貯蓄できない男

「人間は、そこまで合理的じゃない」

オペレーション開発のレモンティーです。

貯蓄やダイエットってなかなか成功しないですよね。

これには理由があるそうで、”双曲割引”という言葉をご存知でしょうか。

簡単に表すと、将来に得られる価値は目の前の価値よりも割引される(少なく感じる)ということです。

よくある例ですが、以下の2択どちらを選びますか?

1.今すぐに10万円もらえる

2.1ヶ月後に10万100円もらえる

これは1を選ぶ人が多いのではないでしょうか。でも、以下の2択だと

1.1年後に10万円もらえる

2.1年と1ヶ月後に10万100円もらえる

2を選ぶかもしれません。

将来のことになるほど、時間による割引率は低くなります。

つまり、目の前のことだとリアルに想像できるけど、将来のことはイメージが難しいということです。

貯蓄やダイエットが難しい理由はここにあり、

1.目の前の美味しいケーキ

2.1年後のダイエット成功した自分

1.今すぐに買い物をする楽しさ

2.1年後の貯蓄額目標達成

どちらも本来目指すべきは2なのですが、目の前の1の方に高い価値を見積もってしまいがちです。

前置きが長くなりましたが、貯蓄ができない私と、同じく貯蓄ができない友人Aとの先日の会話@スーパー銭湯

私「どうすれば貯蓄できるかな?」

A「おれらって目先のことしか考えないじゃん?自動的に別の口座にお金移すとかは?」

私「お金足りなくなったら絶対使っちゃう…」

A「確かに」

私「二人で賭けをして、達成できなかったらペナルティとかは?目標金額と期間から月次でチェックして」

A「それならルールを決めるために、まず今月を現状把握のための調査期間にあてよう」

まずは自分がどれだけお金を使っているかを調査することになり、レシートを撮影するだけで家計簿ができるアプリを導入しました。

手軽に記録できるので、面倒くさがりな私でも今のところは続いています。

現状把握だけで何かをやった気になっていますが、果たして本来の目的を達成できるのでしょうか。。

2019/05/23
社員日記

はじめまして日記(あかり)

こんにちは。

4月よりADPグループに入社しましたあかりと申します。

簡単ですが、自己紹介を。

出身は東京都立川市です。 東京都とはいえ「都下」とくくられる多摩地区です。

最近はIKEAが出来たりららぽーとが出来たりとだいぶ拓けてきましたが、

都会っぽさというよりは緑豊かなという言葉の似合う街です。

学生時代は音楽大学でヴァイオリンを専攻していました。

今では弾く機会がなく、すっかり指が動かなくなっていますが、

またゆっくりリハビリして弾きたいなと思っています。

◆前職について◆

前職では、広告制作会社で某カメラメーカーが年に一度開催するフォトコンテストや、

購入者対象の会員サークルの事務局運営を行っていました。

フォトコンテストの審査で写真家の先生にお会いできたり、

先生や会員の方のいろいろな作品を見ることで、写真を通して知らない土地のお祭りや風景、

人々の様子などいろいろなことを知ることができて刺激を受けることが多く、

また、いつもの町の風景でも目線を変えるだけでいかようにも見ることができる。

そんなことを学んだ仕事でした。

いつか行ってみたい場所が増えて困ります…。

その他にも、ブライダルや水族館、イベント会場での写真撮影をするカメラマン、

プレイガイド(チケット販売)の会社での販売情報管理などをしていました。

人事業務とは全く畑違いの仕事ですね。

★好きなこと★

【演劇、ミュージカル観賞】

昔から舞台を観るのが好きでいろいろ観に行っています。

学生時代は演劇公演の当日制作のヘルプをしていたことも。

当時ご一緒した方や、観ていた俳優さんがテレビなどで活躍されている姿を見るとうれしくなります。

ジャンルを問わずいろいろ観ていますが、中でも劇団☆新感線は欠かさず観たいなと思っている劇団のひとつです。

最近は、朗読劇を観て(聞いて?)きました。

「VOICARION(ヴォイサリオン)」という劇作家の藤沢文翁さんが立ち上げた音楽朗読劇シリーズがあるのですが、

その中のひとつの「Mr.Prisoner」という作品です。

タイトルを直訳してしまうならば「囚人先生」。

19世紀のロンドンを舞台にした、決して声を聞いてはいけない囚人と、

牢獄番の孫の師弟関係を軸としたストーリー。

教え学ぶことについていろいろと考えさせられる内容でした。

出演者は声優の山寺宏一さんと林原めぐみさん、俳優の上川隆也さんの3人のみで、

12人の登場人物を演じられていたのですが、個人的には「七色の声を持つ男」との異名を持つ、

山寺宏一さんの1人9役を目の前で見ることができたのが嬉しかったです。

声だけでも冬のロンドンの寒さや牢獄の閉塞感と薄暗さを感じ想像することができ、

BGMも生演奏なので、いろいろな意味で耳に豪華な公演で素敵でした。

出番でない時の佇まいや台本の持ち方も三者三様で違い、

声優と俳優では役へのアプローチであったり、表現の方法が根本的に違うのだな…

ということを観ながら感じられたのも面白い発見でした。

 

【水族館】

昔からイルカが好きなのもあり、水族館が好きです。

大水槽やトンネルをぼーっと見ていると癒されます。

イルカ以外で好きな魚はチンアナゴとメンダコとフウセンウオ(ダンゴウオ)です。

フウセンウオはマイナーなのであまり知られていませんが、「崖の上のポニョ」のポニョのモデルでは?とされている魚で、

お腹の吸盤で水槽にくっついている姿や正面から見た顔はなかなかかわいいので、機会があればぜひ見てみてください!

みなさんのおすすめの水族館もぜひ教えてください!

 

【フィギュアスケート】

学校で長野オリンピックのテレビ中継を見て以来はまり、今ではなんとなくジャンプが見分けられるようになってきました。

チケットがなかなか取れずテレビ観戦ですが、一度でいいから生観戦もしくはショーが見てみたいです。

好きな現役選手は

シングル:気になる選手はたくさんいて選びきれませんが、特に坂本花織さん、三原舞依さん

ペア:ヴァネッサ・ジェームス/モルガン・シプレ組

アイスダンス:ガブリエラ・パパダキス/ギヨーム・シゼロン組

特にアイスダンスのガブリエラ・パパダキス/ギヨーム・シゼロン組はとにかくスケートが美しくて、

重力を無視したような体勢のポーズをきれいに決める驚異のカップルです。ペアもアイスダンスもシングルの強い日本ではマイナーな扱いだけれど、

素敵な選手がたくさんいるのでもっと知ってもらえればいいのにな、と個人的に思っております。

だらだらと綴ってしまいましたが、自己紹介でした。

 

 

 

2019/05/17
社員日記

はじめまして日記(はな)

はじめまして!

4月16日に入社しましたDDPのはなと申します。

これまでは不動産会社や会計事務所で総務、人事の仕事をしていました。

現在は東京の本社で研修中で

その後は仙台の東北オペレーションセンターに配属の予定です。

・出身

福島県福島市出身です。

ラクラスに転職するまでずっと福島県内に住んでいたので

初めての都会暮らしはとても新鮮です。

福島市の自慢は花見山です。

いろんな花が山一面に咲いていて、そのなかを歩くことができます。

桜の季節は特に綺麗ですよ!

・趣味

①旅行

国内を一人旅するのが好きです。

最近は安くておしゃれなゲストハウスに泊まることと

旅先で座禅体験をするのがマイブームです。

座禅はお坊さんの面白いお話が聞けたり、

リフレッシュできて肩こりにも効くのでおすすめです!

②美術鑑賞

絵の展覧会に行くのが好きです。

日本画、西洋画、古いもの、新しいもの何でも観ます。

特に好きなのは東山魁夷、アンドリュー・ワイエス、モネなどです。

いつか海外の美術館めぐりをしたいです。
③読書

小説が好きで、特にミステリをよく読みます。

綾辻行人、恩田陸、森博嗣、藤木稟などが好きです。

漫画も好きでいろいろ読んでいます。

おすすめがあったらぜひ教えてください!

 

④鉱物

面白いかたち、模様の石が好きで

ミネラルショーという鉱物の即売会イベントに毎年行って

ちまちまと好みの石を集めています。

ミネラルショーは鉱物だけでなく化石もたくさん売られていて

見ているだけでも楽しいですよ!

写真右はパイライトで、この立方体の結晶が自然にできることが驚きです。

左はセレスタイトとアポフィライトです。淡い色が綺麗な石です。

こんな私ですが、みなさんどうぞよろしくお願いします!

2019/05/16
社員日記

活け花体験日記

今春の東京は天気に恵まれたおかげか、桜の花も例年になく長い期間楽しむことができましたね。

こんにちは。セールス&マーケティング担当の2B男です。

そんな今春のある日曜日、私は友人たちに誘われて、お花見ではなく華道教室の体験会に参加してきました。

誘ってくれた友人たちはもともと植物自体に興味がないような面々なのですが、最近になってどういうわけか植物、とりわけ季節の花に興味を持ったようで、そのうち華道教室に通い始め、通い始めた途端に、やれ、今回のレッスンで活けた花はこれだとか、やれ、いま自宅ではこの花が咲いていますだとか、やれ、部屋に花があると安らぎますだとか、毎週毎週、花の写真画像を送ってくるのです。

送られてくる写真の花々はたしかに美しいのです。しかし、それを送ってくる男性二名(四十代独身男性・飲食店経営、四十代独身男性・Webデザイナー)がSNS内で互いの作品を褒め合っていたりするものですから、彼らの日常の姿を知る私にとっては耐えがたき気持ち悪さのためしばらくの間は拒否していました。

ところが、そんな気持ちの悪い面々が楽しそうにしている様子を見ていたら、私も少し経験してみようかと思ってしまった次第です。

体験会では、はじめに基本となる形やルールのようなものを教わり、すぐに実践に入りました。

華の道と書いて華道ですから、武道同様に長く続けることで見えてくるものがあるのだろうと思うのですが、体験会においては、最低限のきまりだけ教えて、あとは自分なりに活けてみる、楽しいことを知ってもらう、という趣旨のようです。

最初の一点は先生のお手本にならって基本の形をいけてみて、もう一点は、そこにある花や枝を使って自由にいけてみる、という流れです。

自分にとってどういった出来上がりを美しいと感じるのか、何もない空間に想像力を働かせながら、自分なりにいろいろ考えて、花を選び、枝を選び、器を選び、自分なりに二点を完成させました。

一点目がこちら。

 

しょうぶです。

葉の向きを間違えてしまったのは失敗ですが、自分のバランス感覚としては絶妙な感じに仕上がったと思います。

先生からいただいたコメントは「Bさん、繊細ね~。優しさがでてるわ~」(ほんとか?)。

二点目がこちら。

桜です。曲がった枝ばかりを選んで活けてみました。

先生からいただいたコメントは「みんな~見て~、Bさんの作品すてきよね~。繊細な人よね~。横から見ると大きくうねりがあって、まったく違った作品よね~。おもしろいわ~」。

先生、褒めすぎです。みんなも褒めてください。遠慮なく褒めてください。

今回の体験のなかで気づいたのは、自分のなかに迷いが生じるということです。

目の前にある素材をどうやって活けたら美しく見えるのか、空間を感じることができるのか、一生懸命考えて、完成に向けていろいろ試し、修正しながら進めていく一方で、この枝を落とすべきか、間違えてしまったら取返しがつかない、という、進めることとは反対のことを考え始めるのです。

庭の周りに生えている雑草は何の躊躇もなく刈ってしまうのに、庭木の枝も邪魔だと思えば大胆に切り落としてしまうのに、それが限られた一本だと思ったとたんに手が進まなくなります。

私が好きな庭いじりと活け花は別モノでした。

それに気づいたあと、しばらくの間、どの枝を落とそうか、どのくらいの長さまで詰めようか、迷いに迷った挙句、たどり着いたのは、せっかくある枝や葉なのだから、それをどうにか生かしてみようということでした。

それがこの二点というわけです。

今年の春はお花見はできませんでしたが、それとは違う、楽しく充実した器の上の春を経験することができました。

余談ですが、活けた花や枝をもって歩く帰り道、街中のそこそこ人通りもあるなかで、たまたま通りかかった知人が私を発見し「2B男くん!なにそれ?桜?朝っぱらから花見して折っちゃだめだろ~!」と大声で呼ぶではないですか。

過去の私であれば、プロレスのパフォーマンスよろしく、手に持った花で殴りかかっていたかもしれませんが、華道を経験し、花の尊さを感じ、すこしばかり人格的に成長した私は、穏やかに「おもしろいね~、活け花男子だよ~」と笑顔でいなしたのでした。

2019/05/15
社員日記

はじめまして日記(りんご)

こんにちは!

4月付で、社会保険グループに入社しました りんご と申します。

出身は長野県で、5人きょうだいの末っ子として生まれました。

兄姉と喧嘩ばかりしており、たくましく育ちました。笑

血液型はAB型です。

周りからは変わり者と言われます。

えっ!!と周りから驚かれ、驚かれたことに驚く。

さて、長野県といえば何を思い浮かべますでしょうか?

実は長野は「日本一」が多い県なんです。

●味噌の生産量、消費量が日本一

(長野の味噌といったらやっぱり信州味噌!)

●博物館の数が日本一

(博物館大国と言われるほど博物館が多い県です)

●出荷量日本一の農作物が多い

(レタス、えのきたけ、わさび、しめじ etc)

●日本一長い川「信濃川」がある

(長さ367km。長野県では別名「千曲川」とも呼ばれています)

他にも日本一があり、避暑地の軽井沢など観光スポットも沢山あります。

そして、食べ物も美味しいですよ!

おすすめをいくつか紹介したいと思います。

●信州そば

信州そばとは、長野県信州そば協同組合の登録商標であるそば粉を

40%以上配合した良質な干しそばを指します。

一般的には長野県で作られるそばの総称です。

地域によって特色のある食べ方があり、

日本三大そばのひとつ「戸隠そば」、

ほんのりした甘みがありのど越しもよい「更科そば」、

大根おろしの汁と焼き味噌をつけて食べる「行者そば」、

季節の野菜やきのこたっぷりのつゆに浸す「とうじそば」、

などいろんな食べ方があるのも魅力です。

 

●野沢菜漬け

長野県の特産野菜、野沢菜のお漬物です。

しゃきしゃきっとした歯ごたえでありながら、

乳酸発酵の柔らかであっさりとした味わい。

お酒のつまみとしてそのまま食べたり、

おにぎりや炒め物に用いたり幅広く利用できるお漬物です。

 

●おやき

長野のご当地グルメの代表格といえば、やはりおやきです。

おやきとは信州の昔ながらの郷土料理で、

小麦粉の皮で野菜などの具を包んで蒸し上げた食べ物です。

具材は、野沢菜、味噌で味付けしたナス、カボチャ、切り干し大根などバリエーションが豊富です。

先日、もーれつに食べたくなりました。

ということで、自宅で作ってみました!

母と一緒に作った記憶を思い出しながら作ったのですが、

実家の味とは程遠く・・

それでも一生懸命作ったので美味しかったです。

 

趣味は、散歩です。

季節の移り変わりや新しいお店を見つけるなど

普段気づけないことに気づくことができますし、気持ちのリフレッシュにもなります。

歩くつながりで登山に挑戦してみたいなあとも思ってます。

あと、映画が好きです。

映画をみながら自分ならどうするだろうか、

どのように考え、行動するかなどを想像しながらみるのですが

自分だけの世界では発見できないことが沢山あります。

スカッとしたい時は、アクション映画だったり、

その日の気分によって観るジャンルは違うのですが、

動物やヒューマンドラマといった感動系を好んでみます。

鑑賞後「あっ、人にやさしくしよう」という温かい気持ちになれます。

最近、観てよかった、おもしろかったと感じた映画は、

「search サーチ」という製作国がアメリカの映画です。

あらすじは、

16歳の少女が突然姿を消し、行方不明事件として捜査が開始され

娘の無事を信じたい父親が娘のパソコンにログインをして

SNS、フェイスブック、ツイッターなどを頼りに捜索を試みる姿を描くサスペンス映画です。

この映画は、全編パソコンの画面の映像のみで展開する斬新な演出とストーリーです。

それ本当におもしろいの?と思うかもしれませんが、

映像に様々な工夫があり、二転三転するストーリーに最後まで目が離せず、

見応えのある作品です!

SNSなどでコミュニケーションをとるのが一般的になった時代。

人間を探そうものならばネットで大体のことはわかってしまう

という怖さもこの映画は伝えています。

最近観たと言いつつ数ヵ月前のことなので、レンタルも開始されています。

興味のある方は、是非ご鑑賞くださいませ。

運動不足に加え代謝も下がっているせいか

食べても燃焼が悪く、ぷくぷくと肥えていくばかり・・

この前、テレビでラジオ体操が放送されており、一緒に体を動かしたら、

なんと翌日、全身筋肉痛に!!

これは、まずいと思い体を動かす系の趣味を探し中です。

以上、簡単ですが自己紹介でした。

どうぞよろしくお願いいたします!

 

バックナンバー

Copyright 2006-2022 Lacras Corporation. All Rights Reserved.