Diary社員日記

ラクラスではどんな生活が待っているのでしょう。
社員が日記に綴ります。

2019/07/10
社員日記

頑張る人

実はコミック好きなランゲルハンス島です。「頑張る人」というテーマでのお勧めを何冊か。

1)ブルーピリオド

真面目なDQN(?)が、油絵で東京芸大を受験する、というコミックです。油絵を頑張る人のお話。
ブルーピリオドとは、もちろんピカソの「青の時代」から取ったタイトルですが、主人公の描く油絵がところどころで青だったりします。

何が素晴らしいって、「現代絵画の見方」を教えてくれるというところが素晴らしい。
作品の中に、数多くの素描や油絵(白黒だけど)が出てきて、現代絵画ってもののどこ見れば良いのかを解説してくれます。
コミックとしての絵の線もとても綺麗。コマ割りにも驚きがあります。完成度がとても高い。

登場人物のキャラ立ちも好みです。みんな変人。変人好きにはたまらない。

日記の「頑張る人」というタイトルは、これまた魅力的なサブキャラとして登場する美術部の佐伯先生のセリフからです。
「好きなことをする努力家は最強なんですよ」。

うーん、こう書いても伝わりませんね。ぜひご一読を。

2)Blue Giant / Blue Giant Supreme

仙台出身の主人公がテナーサックスを頑張るお話。こちらは社内にも読者が多いはず。

作者は、けっこういい歳になってからの漫画デビュー。名作「岳ーみんなの山」の作者さんです。

Blue Giantとその続編である Blue Giant Supremeは、回を追うごとに絵が上手くなっていきます。
音楽を扱ったコミックだと、演奏場面に音符記号がたくさん出てきたりするものです。作者さんは「音符を描かないで紙面から音楽を聞かせたい」と言っていたんだけど、とはいえ最初のうちはけっこう音符記号が出ていました。なかなかオタマジャクシなしで音楽を絵にするのは難しいと思います。

しかし最新刊では、音符はほぼ登場しない。
にもかかわらず、サックスやドラムの音圧を感じます。音が聞こえてきます。すごい。

ヨーロッパのジャズシーンの中を、一歩一歩高みに登っていく主人公たちを、応援したくなります。

3)ベイビーステップ

ちばてつや氏の数々のヒット作以来、スポーツ漫画といえば少年マガジンです。
超人的な秘技とかは登場しません。それは少年ジャンプにおまかせ(スペシャルローリングサンダーとかね)。

諦めることなく努力するとか、戦略を考えることで勝利を収めるとか、スポーツ漫画の王道は少年マガジンにある、と思う。。。

ベイビーステップは、テニスを頑張る人のお話です。特に運動神経が良いわけでもなく、天才教育を受けているわけでもない男子が、テニスの世界ツアーを目指すというお話。

主人公の手にあるのは、綿密な現状分析とそこから紡ぎ出される戦略。そしてその戦略を実現するための自分に足りない部分の強化。
主人公は決して諦めません。結果がでなくてもまたやり直すことを繰り返し、気づけば驚くような進歩を遂げています。
王道だ。。。

Baby Steps to Giant Strides という言い回しを知ったのは、このコミックからです。
諦めずに繰り返せばある日進歩している自分に気づく、というストーリーを自分でも紡ぎ出したいものです。

以上、美術、音楽、スポーツで頑張る人のコミックの紹介でした。

2019/07/09
社員日記

梅雨の楽しみ☔

SC2グループのゆにです。

 

いよいよ7月、夏本番を迎えるにもかかわらず、

最近は梅雨らしい天気が続いていますね。早く梅雨明けしてほしいです。

 

わたしは基本雨が本当に嫌いで、雨の日はできるだけ外に出たくないタイプです。

家から駅まで徒歩3分、走れば30秒ですがそれでも出たくないです。

 

そんなわたしが毎年この時期に楽しみにしていることがあります。

それは・・・・

 

 

鎌倉に紫陽花を見に行くことです!!!!!!

 

鎌倉の紫陽花、有名ですよね。

特に長谷寺、明月院あたりは有名で、毎年この時期は本当に多くの人が訪れているのを目にします。

私も何だかんだここ5年くらいは毎年訪れているような気がします。

 

しかし予想だにしていなかったのですが、

なんと長谷寺のあじさい路は整理券がないと入れないらしいのです!!!!!

 

完全に油断していた&下調べ不足でした。。。。

いつからなんでしょうか?わたしが行ったときはなかったのに。。。

 

思い返してみれば大学生の平日に遊びに行ける特権をガンガン行使していたので

そのおかげでいままでは気づいていなかったのかもしれない。。。とも思いました。

遠目からしか見られなかったあじさい路のお花たち。。。

来年からは絶対に整理券の取れる時間に行こうと心に決めました。悲しかった。

 

でも鎌倉は街並みもとても素敵ですし、おしゃれなカフェなどもたくさんあるので、

たくさんたくさん楽しみました!

鎌倉から北鎌倉の途中にあるかっこいいトンネル。

おしゃれな古民家カフェでレトロな固めプリンを食べました。おいしい~かわいい~贅沢~最高~。

 

長谷寺では紫陽花は遠目でしか見られませんでしたが、

鎌倉自体が紫陽花の町として有名なので、いたるところで見ることができました。

一眼レフが壊れていてすべてiPhoneでの撮影となったのが心残りです。。早く直したい。。。

 

私が訪れた日は、時々雨が降ったりしていましたが

雨の日でも、きれいなものを見て、美味しいものを食べて、普段とは違う街に癒されて、と充実した一日を過ごすことができました。

 

みなさまも是非、行かれてみてはいかがでしょうか!

(もうあじさいの時期は終わってしまったかもしれませんが。。。)

 

夏が待ち遠しいSC2Gのゆにでした。

2019/07/08
社員日記

広島は近い・・・!

こんにちは。システム運用のだんぼうです。

先日広島旅行に行ってきました。

今回は高校時代の友達が、今年の春から1人暮らしを広島の呉ではじめたので遊びに行きました。

3年ぶりに行ったら、広島(どちらかといえば呉ですが)の意外な交通の便の良さに感動したので、交通情報も交えてお伝えしようと思います!

広島へは飛行機で1時間半で着きました。

(新幹線だと4時間半くらいかかるので、断然飛行機で行くことをオススメします!)

夜中に着いたので、そのまま友達の家がある呉へ向かいました。

広島空港から呉は1時間ほど高速バスに揺られます。一寝入りすると着くちょうど良い距離感です。

電車も通っていますが、だいたい遠回りなので、広島は全体的にバスか車での移動が良さそうです。

次の日、まずは宮島へ。

呉からはフェリーで宮島に行きました。約45分で到着です。

写真が分かりづらいですが、呉港にはざっと見て15隻くらいの大型船が停泊していました….圧巻です。カッコイイ。

宮島を代表する厳島神社

宮島では友達とひたすらもみじ饅頭の食べ比べをしていました。

写真を撮り忘れたのですが、アップル味や瀬戸内レモン味という変わり種もあり食べ歩きしていて楽しかったです。京都の八つ橋並みだと思います。

まだまだ食べます。

宮島に行った大きな目的の1つであった、カキ。

お隣は瀬戸内レモンミルクかき氷です。もう名前を聞くだけでも美味しそうだと思って食べたら、想像以上の味でした!

氷はふわっふわで、レモンの酸味と甘みのバランスが絶妙です。また食べたい。

帰りも宮島から一旦船で呉に帰り、再び広島に向かいました。

呉から広島は高速バスで1時間ほどです。意外と近い…!

夕飯は広島のお好み焼き有名店、「みっちゃん」に行きました。豚玉そばとイカ天そばです。

写真の上部にある黄色いボトルは、「レモスコ」というレモン味のタバスコです。これがめちゃくちゃお好み焼きに合います。

個人的には大阪のお好み焼きよりも、広島のそばが入ったお好み焼きが好きなので、大満足でした!

ところで弊社には、大阪派と広島派どちらが好きな人多いのでしょうか・・・?

次の日は呉を観光しました。

王道コースである大和ミュージアムは見ず、造船関係に務める友人の勧めで、入船山公園に行きました。

ここはかつて、呉鎮守府(海軍の艦隊の後方支援のようなことをしていたところだそう)があったところで、明治時代の和洋折衷した建物がありました。

これは煙突口があるので、おそらく薪ストーブですかね。レトロですごく好きです。

広島楽しすぎたので、友達には3ヵ月ごとくらいには会いにいく予定です。まだまだ美味しいもの探すためにも…笑

旅行欲が尽きないシステム運用のだんぼうでした!

 

 

 

2019/07/05
社員日記

はじめまして日記(アユシカ)

はじめまして。
6月1日付で入社しました、PO第3グループのアユシカと申します。
ニックネームからなんとく察した方もいるかと思いますが
ジブリで一番好きな作品は風の谷のナウシカです。
3~4歳の時に初めて見たかと思うのですが
この頃内容は1割ぐらいしか理解できてなかったですが(大学生ぐらいになってようやく理解し始めてきた)
世界観がとにかく大好きで録画したビデオや金曜ロードショーを何回も見ていました。
当時メ―ヴェに乗って飛行することに憧れたあまり、自作(?)しました。
以下の画像が当時の自作をほぼ再現したものです。
※メ―ヴェがわからない方は是非グーグル先生に聞いてみてください!!

ででーーーん

アイロン台をひっくり返して紐を足と足にくくりつけたものです。
私がこれをどう乗りこなしていたかはご想像にお任せいたします!!

今でもメ―ヴェで飛行したい気持ちは全く変わってないので、私が生きているうちになんとかメ―ヴェが自転車レベルに
普及されないかなっと密かに願っております。

前置きが長くなりましたが、私のちょっとした紹介と趣味の話を少し。。
●出身
茨城県守谷市出身です。つくばTXが通ってます。
ベットタウンで有名になり始めているようです。私は大学へ入学をきっかけに東京に出てきてしまったので
その頃はまだまだ発展途中の田舎でした。
よく訛ってないねと言われるのですが、この地域は東京寄りなのでガッツリ標準語です。

●職種経歴
営業職(ウォーターサーバー)→事務(アパレル通販)→テスター&事務(アプリゲーム会社)と
色々な業界で働いてました。

●趣味
ゲーム、漫画を読む、アニメを見る、です。たまーーに楽器(ピアノ、ドラム)をやります。
前職ではアプリゲームの会社でテスター&事務のお仕事をしてたのもあって、ゲームは結構やります。ゲームの実況動画もよく見ます。
ゼルダ、ダンガンロンパ、戦国無双・三國無双、バイオハザート、SIREN、ゼノブレイド、モンスターハンターetc・・・有名どこはそこそこ手を出してます。

最近ガッツリはまっているのが、アプリゲームの Identity V です。
中国で作られたゲームで、どんなものかというと一言でいえば 隠れ鬼ごっご ですね。

個性あふれる操作キャラが沢山いて視覚もすごく楽しいですし、友人と騒ぎながらプレイするのも面白いです。
マルチゲームなので、知らない人とプレイすることの方が多いので最初は抵抗があったのですが、
会ったことのない遠い国の方々と電話することもなく、限られた言葉のチャットだけで連携がうまくいった時には大きな達成感が生まれます。
是非既にプレイしている、興味をもってダウンロードをされた方はアユシカまでご一報ください。フレンド申請を送らせていただきます(笑)

これで終わりにしておきます。
業務も頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いします!!

2019/07/04
社員日記

癒しを求めてぶーぶーぶー

先日、朝の情報番組やメディアでここ最近よーーーーーーく取り上げられているミニブタ専門のカフェに行ってきました。

元気に動き回るミニブタ

足を伸ばしてると膝に上ってきてくつろぎ始めるおとなしい子

膝超えて胸まで上ってくる一番活発な子w

はい、もうどの子も文句なしに可愛い~~~~~♥

ミニブタ達にとてつもなく癒されたのはもちろんのこと、猫カフェを始めとするいろんな動物系カフェのなかでもサービスが抜群に良いなーと思ったので、その辺りも紹介していこうと思います!

・素敵なとこその①:完全予約制かつ少人数制によるサービス提供

ここのお店は事前のWEB予約が必須で、30分刻みに滞在時間を希望することができます。今回私は1時間滞在したのですが、他のお客さんも1時間予約が多い感じでした。

ビルの2階と4階がふれあいカフェスペースになっていて私は4階に案内されたのですが、自分たちを併せて3グループ、計6名しかいませんでした。たぶん2階も同じ間取りっぽいので、きっと同じような人数しか入っていないのかと思いますが、この日はそれぞれのフロアに3匹ずつミニブタ達を連れて来てくれて、途中で2階のブタさん達と交替という感じで、6匹の子たちと触れ合う事ができました。

人の数が少ないのでじっくり観察出来るし触れ合う事もできるので、その時点で満足度高し!

・素敵なとこその②:従業員の方々の気配りが素敵

お店に行く前に色々と事前リサーチして行ったのですが、ミニブタは日当たりのいい場所が好きらしく『窓際に案内されたお客さんのところに集まってました』というような口コミを見ていたので、案内された場所によって当たりはずれがあるのかな~なんて思ってました。

で、当日案内された場所は窓際から離れたスペースだったので、はずれ席かな…と思ってましたが、そんなことはなく!

というのも、基本的にはフロアにはお客さんとミニブタしかいないものの従業員の方がちょくちょくフロアにやってきて、エサを駆使して十分に触れ合えてないお客さんの方にミニブタを誘導してくれるので、日当たりが悪い席でもしっかり触れ合いができます!ちなみにエサを買うと日当たりとか関係なくガンガン集まってきますw

動物カフェでよくありがちなのが、スタッフさんがフロアにやってくるとのスタッフさんのもとに動物たちが集まってしまってお客さん置いてけぼり…みたいなことがあるかと思いますが、ここのスタッフさんはちゃんと動物と触れ合ってもらおうとサービスしてくれるので、その気配り・心配りに惚れます!

・素敵なとこその③:ミニブタ取り扱い事業者としての誠実さを感じられる

このカフェはペットとして飼いたいという人に対して販売も行っており、3階に商談スペースがあったのですが、そこには大人のミニブタがいました。ミニブタと言えども、大きくなると中型犬くらいのサイズで風貌もまさにブタ。カフェで触れ合う子は生後数か月の子たちで、うり坊的な可愛さがあるので、勢いで飼ってしまったけど大きくなったら全然違う!となってしまう人達に対してちゃんと啓蒙活動しているな~と、ミニブタを扱う責任者としての誠実さが感じられます!

とまぁ色々と書き連ねましたが、とにかく人懐っこくて可愛さの塊で癒し効果抜群でした♥癒しを求めるBPO導入担当のぬまみでした。

バックナンバー

Copyright 2006-2021 Lacras Corporation. All Rights Reserved.