Diary社員日記

ラクラスではどんな生活が待っているのでしょう。
社員が日記に綴ります。

2019/08/30
社員日記

富士山

(富士山は遠くから見た方がきれいといわれるけど、天気悪くて遠くからの写真がなかった)東京の西端でシェアーな生活を送っている新システム設定担当のSGです。

シェアハウスの良さはいろいろありますが、
仲の良い友達ができると自分一人では行かないようなところにも
一緒に行けるというのもいいところ。
(基本ひきこもりなので……)

一昨年のしまなみ海道自転車横断、昨年の屋久島に続いて、
人生に一度は登っておきたいと思い、
今年は日本の最高峰の富士山に挑戦してきました。

富士山は4つのルートがあり、どのルートも一長一短があります。
登頂するメンバーで投票で決をとったところ、
なぜか4つの中で1番難易度が高い御殿場ルートになりました。

この御殿場ルートは以下のような特徴があります。
■メリット
〇難易度が高いため人が少ないこと
〇下りルートに大砂走りという特徴的な道があり、山を一気に駆け降りれること。
〇マイカー規制がないので、車で乗り付けられること。
■デメリット、
〇他の3ルートに比べ、距離が長いこと。
〇山小屋が少ないため、途中休憩するところが少ないこと。

さて、当日は梅雨が明けないなか、荒天で登れないかもと思いながら、
東京を出発しましたが、現地はなんとか曇りだったので登山開始。

御殿場ルートは火星のような景色だというガイドがありましたが、
まさにそれ、荒涼な景色。

(最初は植物がありますが、ある程度の高度からはこういう景色)霧が濃くなったり、薄くなったりしながら、
昼休憩までは普通に登れたのですが、
そこから宿泊予定の山小屋までは、1時間雨に降られました。

(山小屋、まだ山頂は遠い)疲れは最高のスパイスと山小屋でのカレーはおいしかった。

ご来光を見るため、2時出発の予定でしたが、
夜中から夕立?が発生し、豪雨と雷で2時出発はスルー。
結局、山小屋で日の出を見て、それから山頂を目指しました。

(山小屋からのご来光?曇っててわからない)が、そこからがきつかった。
高山病で、すぐ息が切れるは、微妙に気分悪いはで、酸素ボンベが手放せませんでした。

なんとか山頂ついてもすごい霧につつまれていて、鳥居もあるロケーションから
「ここはあの世か」というの景色でした。
その後、奇跡的に晴れて、なんとか山頂に上ったという達成感を得られました。

(山頂からの景色、本当に晴れてよかった)帰りは7時間かけて登ってきたところを2時間でかけおりる大砂走り。
晴れてたら良かったんですがあいにくの雨。
霧が立ち込めて視界10mの中駆け抜け何とか無事下山できました。

今回のアクティビティの教訓は、以下3点です。
〇山の天気は変わりやすい。
〇準備重要。(酸素ボンベは役に立った。重症化すると効果はないらしいですが。。。)
〇日頃の体力作りは必要。(このところ筋トレ、体力づくりをさぼりがちだったので結構つらかった)

 

2019/08/27
社員日記

プレミアイベント大豊作の2019年

先日、TOHOシネマズ日比谷で開催された映画『ロケットマン』のジャパンプレミア上映会に参加してきました。

今回のイベントは本作でエルトン・ジョンを演じるタロン・エガートン(『キングスマン』エグジー役、『SING』ジョニー役など)が初来日し、上映会のラストでは監督のデクスター・フレッチャーと2人の姿を観客が撮影可能になるチャンスタイムも!

後方中央ブロックからの観賞、かつスマホしか持っていなかったのでザラッザラの画像ですが、台詞じゃないタロンくんの声を聴けただけでも感無量な時間でした。

4月は新宿で開催された『名探偵ピカチュウ』のワールドプレミアに、1月は『メリー・ポピンズ リターンズ』のジャパンプレミアに参加することができ、今年は何かと気になっていた作品のことをより深く知れる機会に恵まれています。

冒頭で紹介した『ロケットマン』は2019年8月23日にロードショーです。

誰もが一度はどこかで聴いたことのあるエルトン・ジョンの楽曲にのせて、本人が歩んできた人生をド直球すぎるぐらいにミュージカルとして描いたエンターテイメント大作なので、気になる方には音響設備の良いスクリーンがある映画館での観賞をオススメします。

今年はこの後も国内外の気になる作品が公開を控えているので、またこういった貴重な機会に足を運べるチャンスが舞い込んでくることを願っている、ADPのマイナンバー担当、ランスロットでした。

2019/08/26
社員日記

自由研究

小3の長女は絶賛夏休み中。花火やお祭りなど楽しい行事も多いのですが、宿題の自由研究が(主に親の)頭を悩ませていたのでした・・・。

(「研究をしない」という自由があってもいいんじゃないだろうか)

色々と考えた結果、今年は手打ちうどんを作ることに。何気に私も人生初だし。

まずは、材料を用意。思ってたよりシンプルで小麦粉と塩水があればうどんって作れるんですね。

ふるいにかけた小麦粉に少しずつ塩水を入れ、まとめていきます。

これが全然まとまらない。水の量少なかったかな?と不安になりましたが、

子どもよりも大人が頑張ってなんとかひとまとめに。それをポリ袋に入れて乾燥しないようにして30分程度寝かせます。

そのあとはお待ちかねの足踏み。うどんのもっちりとした食感は小麦粉と塩水を捏ねることでできる「グルテン」のおかげ。

足踏みすることで、適度な力が色んな方向から加わってグルテンが鍛えられます。

この、踏んで丸めてまた踏むという工程を3回繰り返し、また30分程度生地を休ませます。

ようやく麺棒を使って生地を伸ばし、細く切っていくという作業に。

慣れない包丁を使っての作業なので1本切るのにすごい時間がかかります。親の忍耐も鍛えられました。

あとは10分~15分茹でて、お皿に盛り付けたら完成!

麺の太さがばらばらなのはご愛敬。極太麺では逞しく鍛えられたグルテンの威力を感じることができました。

初めてにしては上手にできたかな?コシがあって美味しかった。またつくりたいなー。

うどん作りの後の大仕事。長女はむしろこっちの方が大変だったのでは・・・・?

いくつになったら一人で自由研究できるようになるのかな。小5くらい?

来年は次女も小学生になるので自由研究が二つになると思うと、今から憂鬱なDDPのメガネモチノウオでした。

2019/08/23
社員日記

千葉の車窓から

システム運用のだんぼうです。

少し前に友達と念願叶って、千葉のいすみ鉄道でやっている、食堂列車に乗ってきました!

千葉の大多喜というところから食堂列車はスタートするので、

最初にJR線の最寄りの大原から大多喜まで、この黄色い電車に乗っていきました。

まるで絵画のように綺麗に撮れて、撮り鉄の私はテンションが上がりました!

(奥行きが出るこの効果線、なにか美術用語でありましたよね….思い出せない笑)

メインの食堂列車です。

見た目は少しレトロな1両編成の電車です。

大多喜ー上総中野を走るコースで、

茂原でお店を経営しているイタリアンレストランがコース料理を提供してくれます。

【前菜】

・手作りピクルスとオリーブ

・季節の前菜3品盛合わせ

海老とサザエって豪華すぎる・・・!

【スープ】

・地魚と魚介のスープ

【第一の皿(Primo piatto)】

・大原産アワビとイクラの冷製スパゲッティー二

【第二の皿(Second piatto)】

・大原産伊勢海老の香草オイル焼き ピッツェリアソース

たぶん初めて伊勢海老を食べたのですが、海老の旨みを何倍も濃縮したような味わいで口の中が最高でした!

【デザート】

・自家製チーズケーキとジェラートの盛合せ

人生で初めて食堂列車に乗り、イタリアンのコースを食べました!盛り付けも素敵だし、美味しすぎておかわりしたいくらいでした。

かなり車内は揺れましたが、列車に乗りながらワイン片手に素敵なイタリアンを食べるという体験は、

とても幸福度が高かったです。(ひたすら田んぼ道の車窓を眺めつつ)

そういえば電車でお酒を飲むと、揺れのせいでいつもより早く酔いが回るのだそうです。

私はワイン2杯でかなり酔いました。

乗車賃・お料理含めなかなかのお値段はしましたが、大満足なプチ旅でした!

2019/08/20
社員日記

和のあかり

茹だる様な暑さ満開の時期なので屋外イベントは控えて、目黒のホテル雅叙園で開催されている和のあかり×百階段へ行ってまいりました。

このホテル、東京都指定有形文化財に展示場の百会談が指定されていて、壁や天井、エレベーターまでとても綺麗で見ごたえのあるものでした。

そして何より涼しい!【重要】

ホテルまでは駅から3分くらいなのですが、日差しがキツくて3分で溶け出しそうでした…。屋外は危険です。

室内はとても涼しくて、落ち着いたBGMと柔らかいあかりに癒されまくります。

フラッシュを焚かなければ全作品撮影OKでしたので一部を掲載します。(不適切でしたら申し訳ありません)

スマホで撮影したのですが、なかなかきれいに撮れているのでは?

これ全部竹で、模様は繰り抜いて出来てるんです!どうやってヒビ割れせず穴をあけるんでしょう。


長崎ランタン祭りの作品。中華っぽい雰囲気ですね。

いつか長崎にも行ってみたいです。夏のイメージだったんですが長崎ランタン祭りは1月頃だとか。


和傘の作品、龍の演出があります。

影うちわ!

こういう発想はどこから生まれるんでしょう。


財力があったら1つ購入したいくらい綺麗でした。


金魚提灯、某漫画の某草にしか見えません…。


こんなかわいい作品も。

ひっくりカエル…なんですかね。


和のあかり展は9月1日までだそうなので、興味のある方は是非。

チケットは一般1600円ですが、ネット購入だと1300円なのでネット購入がお勧めです。

販売ブース?で作品や関連グッズの購入もできます。お値段はお手頃価格からとても手が出ないものまでバラエティに富んでいます。

SCのなまずでした。

Copyright 2006-2019 Lacras Corporation. All Rights Reserved.