Diary社員日記

ラクラスではどんな生活が待っているのでしょう。
社員が日記に綴ります。

2020/07/17
社員日記

アクアパッツアの作り方(前編)

闇の料理人トーマスです。
外出自粛の連休中、アクアパッツアを作ってみました。

手順が簡単で失敗しない、見栄えが良くてとても美味しい、という良いとこづくめのアクアパッツア。
使う道具も、鍋ひとつとフライパンだけ。魚の頭から尻尾まで、すべて使います。

こだわりの作り方をじっくりと書いてみたいと思います。
もっと気軽に、という方のために、省略できる手順も書いておきます。
まず材料です。

一本買いできる白身魚なら何でも良いです。初夏ならイサキが安くて美味しい。

写真はチダイです。この日は大振りで身が厚いチダイが1匹780円でした。
魚屋さんで、鱗と内臓を取って、頭と尻尾を落としてもらいます。
鯛の骨は硬いので、魚屋さんにやってもらうのが一番。台所も汚れません。
頭を割ってもらって、尻尾と一緒に持ち帰ります。

調理に入る前に、背びれや胸ビレの根元に鱗が残っていないかをしっかり確認しましょう。
鱗が残ると食感を損ねるので、指で触って十分にチェックします。

続いて、背骨に沿って、背骨まで届く深さの切り込みを入れます。
斜めにバッテンに切る人もいますが、この一文字切りの方が好き。皮目が綺麗に焼けるからです。
魚の表裏の両面、そして内臓が入っていた腹に、たっぷり塩・コショウをしておきましょう。
できれば白コショウ。なければ黒コショウでも問題なし。

次に重要なのがアサリ。アクアパッツアのスープの旨味はアサリです。

ニンニク1片も欲しい。調味料は塩とコショウとオリーブオイルだけ。

アクアパッツアというぐらいだから、水(アクア)だけでも良いのですが、やはり白ワイン100ccでもあると味が良い。

あとは特に決まりなし。
オリーブやケッパー、あるいはドライトマトを入れるといかにもイタリアンっぽくなります。
アンチョビを入れるとスープにコクが出ますが、アサリだけでも大丈夫。
この日は、ミニトマトを半分に切ったもの、ズッキーニを細かく切ったもの、パセリなどを準備しました。
ローズマリー、タイム、マジョラムなどのハーブを入れるも良し。

では調理に入りましょう。

最初に、アクアパッツアのスープを作ります。
手抜きの方は、白ワインと水だけ(あるいは水だけ)でも構いません。
でも、魚屋さんから持って帰ってきた頭や尻尾から、美味しいスープが作れます。

最初に、魚の頭から血合いを取ります。
水で流しながら、手で剥がし取っていきます。骨にへばりついている血合いは、爪やスプーンのお尻で取ります。
沸騰したお湯に数秒潜らせて、魚臭さを取ります。

魚臭くなった水を捨てて、鍋を洗って、魚の頭や尻尾が沈むだけの量の熱湯を沸かします。
沸騰したら、魚をいれていきます。
そして再び沸騰したら、ネギの緑の部分、セロリの葉、パセリの茎、人参の皮といった香味野菜のクズを入れていきます。
今回はレモンも入れて、さっぱりしたスープを目指します。30分ほど弱火でコトコト煮出します。

次にニンニクの旨味をオリーブオイルに移す準備です。

まずニンニクの芯を抜きます。
包丁で叩いて(あるいは押し付けて)、ニンニクを潰すと、芯が取れます。
芯が見えるところまで両端を切って、爪楊枝のお尻で押し出すという方法もあります。
でも、割っておいた方が、次のステップでうまく焦がせます。

キツネ色のニンニクはとても良い香りがするのですが、黒く焦がすと突然嫌な臭いに変わります。
ニンニクの芯(というか芽)は、本体より先に焦げてしまうので、嫌な臭いを出したくなければ、先に取った方が良いわけです。
でもこれは単なるこだわりであって、芯を取り忘れたとしても、ニンニクがちょっと焦げてしまったとしても、大勢に影響はありません。

このニンニクをオリーブオイルで煮ていきます。
フライパンを傾けて、オリーブオイルのプールを作り、この中でニンニクを煮ながら焦がしていきます。
泡がで始めたら弱火にしてじっくり。大きな泡が出なくなって、キツネ色になったら出来上がり。ニンニクを取り出します。

このニンニク焦がしの手間を掛けたくない方は、ニンニクをみじん切りにしておいて、あとでアサリと一緒に鍋に投入しましょう。

これで準備完了。前編はここまでです。

2020/07/15
社員日記

我が家の生活報告

2020年4月末現在、ラクラスは概ね平常通りのサービスを継続しています。
コロナ禍で多くの企業が大きな打撃を受けていますが、給与計算の提供というラクラスの主たる事業はなくなることがありません。企業経営の側面では、これは大変ありがたいことです。

しかし、逆の見方をすればこのような状況であっても、決してサービスを止めることはできません。
むしろ、このような状況であるからこそ、お客様の従業員様へ確実に給与をお届けしたり、各種社会保険上の手続きを支援することの責任を再認識しています。
在宅勤務を増やしてオフィスへの出社人数を抑える等の感染防止に工夫をしながら、できる限り高いレベルでサービスを維持できるよう努めていきます。

 

さて一方、我が家の私生活はこんな感じなっています。

妻:原則毎日出勤して勤務。保険者(人事用語ですね)勤務のため、ラクラス同様業務を止められない。年度末で繁忙。

長女(中1):基本的に家から出なくても平気なタイプ。入学式が中止、作った制服をまだ着たことがない。4月からGoogle Classroomで授業を受けている。

長男(小4):毎日散歩と称して近所の公園に出かけ4時間くらい帰ってこない。午前中の学習と素振りを何とか継続させたいところ。

 

夫婦とも原則出勤しており、かつ現在妻が繁忙期のため、現在週の半分くらい私が夕食の当番をしています。
料理をするのは決して嫌いではないのですが、冷蔵庫の中身を確認し、在庫を有効活用して食事を作るのはとても難儀です。(一から買い物して自由に作りたい、笑)
改めて日頃の妻の家事に感謝感服です。

私は夕食には必ず納豆に白菜漬けを混ぜて食べています。以前は納豆+大根おろし+めかぶでしたが、数年食べて飽きたので今は白菜漬けがお供です。
おいしいし、免疫力も高まるそうですよ。

写真はある日の夕食。左下が「納豆+白菜漬け」です。

 

明日は何にしようかなあ。ハイフンでした。

2020/07/13
社員日記

はじめまして日記(給与担当・まっき~)

みなさん初めまして。

給与担当をしているまっき~です。

簡単に自己紹介しますね

【生まれ】

新潟県の魚沼と呼ばれる地域です。

お米がおいしくて、ファミマでなんと水まで販売されちゃってるくらい、水がきれいな地域です。

もちろんお酒もおいしい^^

【好きなこと】

・人が好きです★

全職では人事、人材業界で営業なんかをしていて、「人」にかかわるお仕事を8年くらいしています。

あとは、・映画を見たり、演劇見たり、オペラを見たり、バレエを見たり、美術館行ったり・・・

等々、見ること、聞くことが好きです★

同じ趣味の人いたらうれしいなあ^^

こんな私ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

バックナンバー

Copyright 2006-2021 Lacras Corporation. All Rights Reserved.