Diary社員日記

ラクラスではどんな生活が待っているのでしょう。
社員が日記に綴ります。

2021/08/10
社員日記

沖縄日記 昼の波照間島

BPO導入のごまふあざらしです。

 

先日、とある方から沖縄日記が見たいと要望があったところにタイミング良く日記の順番が回ってきたので

過去の出さずに温めていた沖縄写真を載せます!※長いです。

 

以前、波照間島日記を書いた後に何度か波照間島に行ってきたので、その時の写真を3つの日記に分けて掲載させていただきます!

 

まずは昼の波照間島をご紹介します。

 

波照間島は自然以外の観光はほぼ何もありません!そこが魅力です。

カフェやかき氷屋さん、ランチができるお店、居酒屋は一応あります。

まだ行けたことは無いのですが1年ほど前にバーもできたそうです!

 

現在、船でしか渡ることができない波照間島ですが、実は空港があります。

一時期、観光客も飛行機を使って島に渡れていたそうですが現在は緊急輸送のみに使用されているそうです。ただ、最近再開の噂もあります。

 

私がよく使う名石共同売店です。売店は場所によりますが17~20時で終わってしまいます。

 

他にもいろいろ紹介したいのですが、終わらなくなってしまうので最大の魅力の空と海の写真に移ります。

 

まずは空です。空が綺麗なので雲もすごく綺麗に見えます!

左はお昼過ぎで、右は朝焼けです。ピンクの雲がすごく綺麗でした。

 

そしてメインの海です!(写真たくさんあります。)

波照間島と言えば波照間ブルーと言われる程の海!!!

防波堤から見れる景色です。本当の綺麗さが写真では1ミリも伝わらないのが悔しいです。。。

 

こちらは海の中に入って撮った写真です。場所は波照間島のメインの浜であるニシ浜です。

 

普通に泳いでいると魚や亀に出会えます。

 

 

私のお気に入りのサンゴの浜です。獣道を進んでいくと草でできた入口が現れます。

 

中に入ると小さな浜が現れます。遊泳禁止だからなのかここで人に出会ったことがありません。

いつでもプライベートビーチです。

 

浜側はこんな感じになっていて、草に囲まれた秘密の浜みたいですごく居心地がいいです。

ここでは足だけ海に入ったり、昼寝したり、漫画や本を読んだりしてます。

 

以上、昼の波照間島のほんの一部を紹介しました。

最後に私の一番お気に入りの写真で終わります!(自分のiPhoneのロック画面にも設定してます。)

撮影した後に雲のところがハートになっていることに気づきました。

バックナンバー

Copyright 2006-2021 Lacras Corporation. All Rights Reserved.