Diary社員日記

ラクラスではどんな生活が待っているのでしょう。
社員が日記に綴ります。

2020/06/12
社員日記

山手線の運転席

山手線の一番前に立って、運転席を眺めたら、女性の運転士さんでした。
もちろん今では、性別を気にすることそのものが間違っています。

でも実は、JRにおける女性の活躍は、割と最近の出来事です。
JRに初の女性車掌が誕生したのは1994年です。
そして初の女性運転士はなんと2001年。21世紀に入ってからのことなのです。
https://www.jreast.co.jp/press/2001_1/20010911/index.html

私が最初にアメリカ本土に行ったのは1986年です。

飛行機が空港に着いて最初に驚いたのは、機体が正確に到着ゲートに着くように誘導する誘導員(正しくはエプロンで作業するマーシャラー)が女性だったことです。
女性の車掌はバスしか許されていない国から着た私にとって、それは驚くべき光景でした。
その驚きが、米国の公民権法に関するその後の興味と研究に繋がったのだと思います。

 

葉隠でした。

Copyright 2006-2020 Lacras Corporation. All Rights Reserved.