Diary社員日記

ラクラスではどんな生活が待っているのでしょう。
社員が日記に綴ります。

2010/09/30
社員日記

盛岡の楽しみ方

 オペレーションのE.Tです。

妻の祖父のお墓が盛岡市にあるので、先日のお彼岸にお墓参りに行ってきました。

祖父のお墓参りは今回で3回目くらいになりますが、私が盛岡でいつも行くお店をご紹介します。

9時30分くらいの新幹線に乗って盛岡には1時30分くらいに到着。

ホテルに荷物を預けて、そのままお昼ご飯に出発

行き先は「白龍(パイタン)」。じゃじゃ麺で有名なお店です。盛岡ではあまり見かけない行列ができるお店です。

この日も結構並んでいましたが、20分程で入店できました。

お店のメニューもシンプルで、じゃじゃ麺の大・中・小だけです。

平べったいきしめんのようなうどんに秘伝の味噌ときゅうり、ねぎのみじん切がのってます。

テーブルにある酢やラー油、生姜汁などをお好みで味付けして食べます。少し辛くてとても美味しいです。

最後の楽しみは「チータン」です。麺を食べ終わった器にテーブルにある生卵を割って入れます。

よくかき混ぜて、お店の人に渡すと茹で汁をそそいで、味噌を入れてくれます。卵がふわふわになってとても美味しいスープができます。

 

夜は冷麺を食べに行きます。お店は「 食堂園」

こちらも冷麺ではとても有名なお店でじゃじゃ麺の「白龍」と同じく行列ができるお店らしいのですが、

私は並んだことがありません。

こちらは焼肉も食べられるお店ですが、お客さんのお目当てはもっぱら冷麺です。

なので、メニューも冷麺から始まっていてお肉は2番手扱いです。

冷麺の辛さを選べるのですが、辛いものがやや苦手なわたしはいつも「普通」を注文して、冷麺用キムチを

別オーダーして味を調えます。個人的には、冷麺も美味しいのですが、こちらのホルモンがとても美味しくて

いつも1~2人前は注文します。生ビールとホルモンのコンビは最強ですよね。。

 

盛岡名物のもうひとつの麺、「わんこそば」はいまだに食べたことがありません。

いつかはと思いますが、いつも「白龍」 と「食堂園」 で盛岡の旅は終わってしまいます。

「わんこそば」を経験したら、またこの日記で報告したいと思います。

 

 

バックナンバー

Copyright 2006-2021 Lacras Corporation. All Rights Reserved.