Diary社員日記

ラクラスではどんな生活が待っているのでしょう。
社員が日記に綴ります。

2014/04/30
社員日記

日本の観客

 世界フィギュアを見ていて改めて思ったのですが、日本の観客のマナーって、世界各国の中でずば抜けて良いのではないでしょうか。

サッカーのゴール裏を治外法権かのように振る舞う男性やら、選手の集中を乱す場違いなかけ声をかける女性やらはいます。でもそれは例外。
日本の観客は、日本人選手と優勝を争う外国人選手に対しても、極めて礼儀正しく応援します。良い演技が出れば、分け隔てなく温かい拍手を送ります。審判の判定には敬意を払い、それが受け入れがたいものであろうと、後に引きずることがありません。
選手も同じです。怪しい判定で負けたとしても、「誤審を招く余地もないほどのクリアな勝利を実現できなかった自分への反省」を口にします。
そして日本の観客は、結果が何位であろうと誉め称えます。「1位しか意味がない」とか「1位以外の選手などすぐに記憶からも消え去る」と主張する方も確かにいらっしゃいます。でもほとんどの日本人は何位であろうと、結果はそれほど気にしていないように思えます。
そりゃ優勝の方が良いのでしょうが、そこに至るまでのプロセスも日本人にとっては重要なのだと思います。
勝っても負けてもすぐに泣く日本人のことを奇異に思う外国人は多いそうですが、日本での試合を楽しんでくれる外国選手もまた多いと良いな、と思います。
マーケティング担当のマジョラムでした。
 

バックナンバー

Copyright 2006-2021 Lacras Corporation. All Rights Reserved.