Diary社員日記

ラクラスではどんな生活が待っているのでしょう。
社員が日記に綴ります。

2020/01/28
社員日記

夢みる信念

It all begins with dreams.
すべては夢みることから始まる。

ウォルト・ディズニー・アーカイブスコンサートに行ってきました。

記憶を辿ってみると私とディズニーとの出会いは東京ディズニーランドがオープンした年あたりに、
父の勤務先のイベント的なもので遊びに行ったのが最初だったのではないかと思います。

どっぷりハマるコアなファンになることはなかったけど、
未来を創造するディズニーの作品や音楽は、御伽噺や童話のように心に刻まれているようです。

ウォルト・ディズニー・アーカイブス50周年を記念して、世界で初めて開催されたコンサートでは、

【ウォルトの7つの哲学】
Inspiration-直観
Challenge-挑戦
Imagination-想像
Curiousity-好奇心
Adventure-冒険
Belief-信念
Future-未来

を軸にアーカイブスからの初出しを含む貴重な資料、映像、音源を紹介しながら、
そのテーマに沿ったディズニー音楽の生演奏や歌唱を楽しめる贅沢な時間。
すべての作品を観たわけではないのに、その音は記憶のどこかに響くようで、
とある作品の映像と音楽で全身鳥肌がたった不思議な経験。
心が震えるようなエンターテインメントでした。

【夢を叶える秘訣は4つのC】
「大人も楽しめる」
常に未来を想像し、創造したウォルト・ディズニーの信念
自身の可能性を信じ、情熱をもって生きる者はどんな目標も達成できる。

curiousity-好奇心
confidence-自信
courage-勇気
constancy-継続

日常生活を忘れて、夢の世界に浸るのも時には必要かもしれない。
夢のようなエンターテインメントを魅せてくれるウォルト・ディズニーの信念
日常に取り入れてみたら、もっとずっと楽しく毎日が過ごせるんじゃない?
と自問自答したADPのぶくぶくダイバー改めきまぐれダイバーでした♪
(海、ぜんぜん潜ってないなぁ。。。)

2020/01/22
社員日記

はじめまして日記(otter)

はじめまして!

12月入社のotterと申します

ADPグループ、福利厚生を担当するベネフィットチームに所属しております。

みなさまどうぞよろしくお願い致します。

動物が好きで、名前のotterはカワウソからいただきました。

週に一回朝の徒歩通勤を心がけていて、皇居のお堀の鳥を眺めながら出勤しています。

■趣味

動物園・水族館に行くことで、月に一回は動物園へ行っています!

今回は一番よく行く上野動物園の動物たちを紹介させていただきます。

こちらは私一押しのプレーリードッグ。20匹ぐらいいるでしょうか。

私は毎回30分以上プレーリードッグを眺めていますが、これがまた癒されるんです。

ご飯(草)を食べながらも、たまにピタッと止まる小型草食動物らしさがなんとも愛らしい。

が、たまに喧嘩もするのでドキドキハラハラも味わえます。

テグー(午前中、とくに開園後に行くとこうしてくっついている姿がよく見られます)

今やパンダに次ぐ大人気!ハシビロコウ。

大きなクチバシを支えるための頭+首の筋肉がすご~く発達しているんです。頭:首の比率は人間だったらラグビー選手並み。

その他ドラクエに出てきそうな鳥がいたり(ヘビクイワシ)、パーティー仕様の鳩がいたり、普通の鳩が展示されていたり、、、

「あんまり動物園行ったことないんだよな~」という方にこそ行ってほしい、それが上野動物園です。

その他の趣味としては羊毛フェルトで猫づくり。


羊毛フェルトとは、ふわふわの羊毛を特殊な針で刺し固めていく手芸です。

今年の目標は、羊毛フェルトで等身大の猫を作ること+動物園の動物を作ること!

以上、動物大好きotterでした。

分からないことばかりなので気軽に声をかけていただけると嬉しいです!

練習用のモデルの猫ちゃんも随時募集してます。

みなさま、よろしくお願い致します。

2019/12/10
社員日記

大満足の鎌倉の紅葉とグルメ

こんにちは。
社会保険グループの りんご です。

吹く風や毎朝の水の冷たさが身にしみる季節になりました。
先日、趣味の街歩きをしに初めて鎌倉に行ってきました。多くの神社仏閣など歴史的な建造物と自然を楽しむことができ、グルメスポットもある鎌倉を満喫してきましたので、紅葉とグルメをご紹介したいと思います!

今回、鎌倉を長谷寺→高徳院(鎌倉大仏)→鶴岡八幡宮→源氏山公園→銭洗弁財天宇賀福神社→佐助稲荷神社のコースでまわりました。


時刻はAM8:00。降り立った駅は長谷駅です。ここから徒歩5分ほどの長谷寺へ向かいます。

観光に行くと、どこも混雑していて人の多さに疲れてしまった・・なんて経験があるかと思います。 神社・お寺は朝早くから開門しているところが多いので早朝から始動しました。 早い時間だったため、人が少なく朝の清らかな空気に包まれて自分のペースでゆったりと参拝ができました。敷地内を進むと、ところどころ紅葉した木々が見られました。


関東の中でも鎌倉の紅葉は遅く、見ごろは11月下旬~12月中旬だそうです。訪れた日は、時期が早く色づきが弱い印象を受けましたが、紅葉と青葉が混ざりあった光景も良かったです。境内の奥に繋がる道を歩き、視点を変えると異なる表情の風景を楽しめ、足を止めて見入ってしまう場所もありました。長谷寺は毎年11月下旬からライトアップが開催されているそうです。夕暮れと共に暮秋の景色を体感し、昼とは違う幻想的な雰囲気を味わうのも素敵だろうなぁと思いながら長谷寺を後にしました。

長谷寺と鎌倉大仏の観光が終わったころ、ちょうど周りのお店がオープンしはじめました。長谷駅へ戻る道すがら、店頭できんつばを作っているのがガラス越しにみえ誘われるように入店し、鎌倉いとこで【かぼちゃきんつば】を購入。


さっそく出来立てホクホクを実食。 鮮やかな黄色いかぼちゃ餡の中に小豆がゴロゴロ。きんつば特有の薄衣で焼き固めてあります。かぼちゃ餡は舌触りがなめらかで、しっとりしています。甘さ控えめな優しい味でした。

鎌倉いとこの近くに豆菓子専門店の鎌倉まめやがありました。

70種類以上の色とりどりな商品が並んでいます。梅やきなこ、カレーなど定番なものから、モンブランやあんず、麦こがしといった新感覚なものまでバラエティ豊富。驚いたのが、ほぼすべての商品が試食できます。買って失敗なんてことはないから安心。お土産や旅のおやつにぴったりです。
おすすめはマヨネーズピーナッツ。サクサクとした食感とマヨネーズの酸味、ピーナッツの風味が絶妙なバランスの美味しさ。食べだしたら手がとまらず、濃いめの味はビールが飲みたくなります。

長谷駅に戻ってきたら、なにやら駅前に行列ができていました。賑やかで活気のある場所に人とお金は集まります。引き寄せられるように列に加わると、鎌倉するがやで【鎌倉どらやき】を販売していました。

ふっくら弾力がある皮に柔らかすぎず硬すぎず、素朴ながら上品さも感じる餡があわさり美味。名物の鎌倉どら焼きは鎌倉商工会議所主催のかまくら推奨品に指定されている銘菓だそうです。

長谷駅から江ノ電に乗り3駅先の鎌倉駅へ向かいます。鎌倉駅東口をでると鶴岡八幡宮まで続く小町通りという商店街があります。小町通りはちょい食べグルメ・スイーツがたくさんあると有名で前から来てみたかったスポットです! !約250店舗の飲食店やみやげ店などが軒を連ね、お手軽な値段で食べ歩きができると人気。そんな小町通り周辺でお腹いっぱいグルメを食べてきたので一部をご紹介します。

あさひな 【鎌倉揚げ(たこ)】

小町通りに入ってすぐ左側、赤い屋台で目を引くのでかわりやすいです。スケトウダラ、タチウオ、イトヨリダイをブレンドした魚のすり身が使われています。ふわふわモチモチで一口食べれば魚の旨味が口に広がり、タコの食感と相性バッチリです。セイロで蒸しているので常に熱々がいただけます。

豚まんじゅう専門店 鎌倉点心 【豚まん】

持ったときにズシリッとした重みがあり、中身がたっぷり入っているのがわかります。豚肉を角煮風に味付けし、具材はタケノコ、シイタケ、うずらの卵、春雨とぎっしり詰まっています。甘じょっぱい味付けでサイコロ状の豚肉は柔らかく、お肉と具材にしっかりと味が染み込んでいます。かぶりつくと感じる濃厚なお肉の味わい、食べ応えのあるゴロッとした食材はボリューム満点で満足できる一品。

コクリコのクレープ 【レモンシュガー】

40年以上にわたり愛される老舗クレープ店。子供からご年配まで幅広い年齢層の方が列に並んでいました。風に乗ってクレープ生地の甘い香りが漂い、この香りにつられて立ち止まるお客様も多いのでしょう。 お店で一番人気のレモンシュガーは、生地の上に砂糖をふりかけ、生のレモンを絞っただけのシンプルなクレープです。 レモンの爽やかな酸っぱさと砂糖の甘さの融合が見事で病みつきになりそうです。

羽床総本店 【かじきの串焼き】


注文をすると、その場で温めながらバーナーで炙ってくれるのでカジキの焼ける匂いが食欲をそそります。カジキは想像していたより大ぶり。バジル風味のさっぱりとした味付けで身はパサつかずあっさりしており、なかなかの美味しさでした。

鎌倉五郎本店 【麦田もち(よもぎ餅)】


大麦から作られた香ばしい「はったい粉」がたっぷりかかっており、よもぎの餅と、程よい甘さの餡は秀逸。一体感のある美味しさはたまりません。ただ、粉がすごい量で私は食べるときに失敗し手と服が粉まみれになり笑われました。鼻息を止めて食べるのをおすすめします。

さくらの夢見屋 【いちごこし餡】


ショーケースにはカラフルでオシャレなかわいいお団子がたくさん。私が行ったときは女性率100%で、皆さんキャッキャッしながら選んでいました。季節限定商品もあり、みているだけで幸せな気持ちになります。

鎌倉cacao 【生チョコタルト】 


カカオ豆にこだわっている生チョコレート専門店。原材料のカカオは、コロンビア産の品質に優れたトリニタニオ種をベースに、全世界でもわすが8%以下しか採れない希少な「フィノデ アロマ カカオ」が使われています。食べたとき、フルーツのような華やかな香りが鼻腔を抜けていきます。さっくりと軽いタルト生地と、チョコレートのクリームがとろげる対比は絶品です。

アルブルノワール ヤクミ 【鎌倉焼】


胡麻あんを宇治抹茶の生地で包んで焼き上げてます。買うか迷ったのですが1個60円とリーズナブルだったのと、旅の思い出に鎌倉に来たぞー!という気分でつい手がでてしまい、お店の思惑にまんまとはまったように感じます。

わっふる21 【ラムレーズンフレッシュクリーム】


生地は一枚ずつ焼いてから、さらに蒸す手間を加えているのでフワッフワッで、口に入れるとホロリと崩れます。生地からはみだしそうなほどたっぷり挟んだクリームは、しつこくなくあっさりしています。おもわず8種類すべて制覇したくなりましたが、お腹と相談した結果やめておきました。

さて、お腹も満たされ、鶴岡八幡宮の参拝も終わり、次は源氏山公園を目指します。徒歩で30分ぐらいの距離ですのでちょっとしたハイキングです。たくさん食べた分、歩いて少しでも脂肪を燃焼です!着くまでの道のりで、巽神社、八坂神社、寿福寺、英勝寺、海蔵寺の前を通りましたので、立ち寄りました。その中でも、海蔵寺の紅葉は綺麗でした。黄色から赤へときれいなグラデーションに染まっているところや、 一際美しく色づいた木とお寺が溶け合う風景はしばらく眺めていたくなります。


毎日が慌ただしく過ぎていく日々。溜まった疲れや心のモヤモヤを解消するには、日常を離れ出かけるのが一番ですね。いい景色を観たり、美味しいモノを食べたり、非日常を感じることで心と身体をリフレッシュさせるとともに、パワーをチャージすることができました。

北海道、福岡、長崎、鹿児島、イタリアなど行きたい場所はたくさんあります。おすすめのスポットや、ご当地グルメ、美味しいお店も募集しております。次はどこへ行こうかと考えるだけでうきうきです。

2019/12/10
社員日記

ラクラス カレー部員募集中

ラクラスにきて良かったなと思うことの一つは、カレーの聖地、神保町が近いことです。
仕事が終わった後や、ランチに駆け込みで神保町に行きカレーを食べてます。
たいきゅーです。ナマステ。

入社して3か月が経過し、神保町のカレーで目ぼしいお店は一通り行きましたので
折角なのでオススメのお店を紹介したいと思います。

神保町は実に様々なカレーが食べらるのですごいですね!まさに聖地です。
他にも良いお店がありますので、気になる方は池田までお問合せください。
写真は撮ったり撮ってなかったりするので無くても気にせず。

1.共栄堂


オーソドックスにおいしいカレーライスのお店です。
小麦粉を使わないスマトラカレーというジャンルだそうです。
ライスが多いので注文時には注意が必要です。
神保町の交差点を渡るので少し遠いですが、ほぼ並ばず、カレーもすぐに出てくるので、お昼に行っても1時間で戻ってこれます。

https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13000596/

2.スープカレー鴻(おおとり)


スープカレーのオススメのお店です。こちらもランチで行って帰ってこれます。
和牛ハンバーグが入ったカレーがオススメですが、数量限定なので売り切れなことが多いです。
もちろん具はなんでもおいしいです。
スープは鳥ベースの赤と、とんこつベースの黒が選べます。
夜は小料理屋になります。エチオピアの隣くらいに夜もスープカレーの食べれる支店があり何気にそちらのほうが有名です。

https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13025967/
支店はこちら
https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13040204/

3.エチオピア

有名なお店です。何店舗か支店もあるのですがやっぱり本店がおいしいです。
比較的遅くまでやっているので業務が遅くなっても安心です。
野菜カレーがおススメ!遠いのでランチには不向きですので夕食でどうぞ。

https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13000638/

4.キッチン南海
ほかにも何店舗かあるキッチン南海の本店がここです。
殆どの人が頼む、真っ黒なカツカレーがオススメ!
時間をかなり外さないと並びでランチには厳しいです。ただ、並んでも回転は早いです。

https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13000612/

5.ボンディ
こちらも都内に何店もあるボンディの本店です。
めちゃめちゃコクのある、ザ・欧風カレーです。
荻窪にあるトマトという日本最高の呼び声の高いカレー屋をご存じの方がいたら、
そこに近い感じといえます。ランチで行くには結構値が張ります…

https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13000439/

6.ガヴィアル

ボンディと同じように、うまみとコクの深い、ザ・欧風カレーのお店です。
しかしボンディもエチオピアもそうですが、なぜ茹でたジャガイモが別添えで出てくるのでしょうか?
美味しいからいいんですけど…。
https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13000358/

7.ビストロべっぴん舎

ジャンルとしてはスマトラカレーでしょうか。
シャバシャバのカレーで、オールモストスープカレーですが、薬膳なテイストがベリーグーです。
ここも少し遠いか。仕事終わりに寄ってみてください。エチオピアとスープカレー鴻のすぐ近くにあります。
僕はダッシュでランチに行きました。
https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13198751/

8.メナムのほとり
タイカレーです。こちらも写真は撮り忘れ。
僕の中でグリーンカレーは激辛のイメージだったのですが
程よい辛さとエスニックな味がすごくいいです。
カレー以外もおススメ。
https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13000282/

9.マンダラ


ナンのカレーではここが無難かつオススメ!
界隈ではかなり有名なお店みたいです。
お昼時は並びますので、少なくとも1230過ぎに行くのをオススメします。
バタチキが美味しかった!
https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13000442/

10.新世界菜館

中華のお店…と見せかけて、というか中華の店なんですが、
実は界隈では、中華風カレーが有名なお店でもあります。
少し値ははりますが、角煮カレーを1度お試しください。
https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13000411/

番外:お茶の水 大勝軒

大勝軒でカレー?というと驚くかもしれません、僕も驚きました。
そしておいしいことにも驚きました。
昔ながらの実家のカレーを美味しくした感じのものが味わえます。
距離があるので、会社帰りに試してみてください。
実家が恋しくなるかもしれません。
https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13032263/

番外2:ラウンジロイヤル
カレー食べ放題です。
案外おいしいですし、カレーだけではなく、メインディッシュのメニューやサラダも食べ放題になります。
オフィスに近いのも〇!!
カレーに飢えてるとき、おなか一杯食べたいとき、ホテルの1Fにあるので接客もよく、
歓迎会ランチに使いたいときにもグッド!
https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13034952/dtlrvwlst/

その他:スパイスボックス

神保町と神田の間くらいになってしまいますのでその他にしています。

南インドの本格カレー料理屋さんで、個人的にこの近辺で一番おいしいと思うカレー屋さんです。
仕事帰りのディナーにどうぞ!
https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13191118/

寒い冬ですが、栄養満点なカレーを食べ、スパイスでホットに乗り切りましょう!!

2019/11/28
社員日記

寒さ対策

汗っかきが少しダイエットに成功してしまい、今季の寒さ対策が気になるADPの「りばうんど」です。

寒い季節が迫ってきました。

皆さん、寒さにはお強いでしょうか。

寒さ対策の服装にも諸説ありますが、前職の経験からの私の寒さ対策を少し紹介します。

①重ね着の選び方

②寒さを感じるポイント

 

①重ね着の選び方

下から肌着、表着、アウターどんな素材を選んでますか。

肌着:保温(熱を閉じ込める)

吸汗速乾(汗を吸い取りすぐ逃がす)

伸縮性(体に密着する)

表着:保温(温かい空気を含ませる空間保つ)

防寒(外の寒さを取り入れない)

アウター:保温(織りが密で熱を逃がさない)

防水撥水防風(悪天候に強い)

透湿(衣服内の蒸れを防ぐ)

肌着は、綿が一番という方がたくさんいます。綿は肌触りが良いですが、汗を吸い込み気化熱で体を冷やすので、寒さ対策には不向きです。

コンプレッションやヒートテックがオススメです。

表着は、外の寒さを防いで、すぐ下に温かい空気をため込みたいので、スウェットやフリースが〇。

編み目が大きく空気が閉じ込めにくいローゲージニットの場合は、インナーとして中着に編み目の細かい綿やウール素材のモノを。

防寒重視なら、アウターの下に着る薄手のインナーダウンや中綿ジャケットもありです。

アウターは、温かい空気を逃がさないダウン、ウールなど。

表着が肌にフィットするタイプでも、アウターをゆったりとした温かい空気をため込めるサイズを選べば大丈夫です。

防水、撥水、防風は悪天候対策に重要です。

透湿は快適な着心地になります。

②寒さを感じるポイント

内蔵を冷やさなければ病気にはならない、と薄手のベストで冬の海に行く強い人もいますが、寒さに耐えるのは大変です。

そこで、冬の時期には守るべき大切な3つの「クビ」があると言います。

「首」「手首」「足首」の3つです。

ここは皮膚が薄く寒さを感じやすいのもありますが、この部位をあたためると血流が良くなり、体が冷えるのを防ぐと言われています。

タートルネックやマフラー、ストールは首を寒さから防ぎます。

手首足首も手袋、厚手の靴下やタイツがいいですが、ひざ掛けも効果あります。

プラスで頭を温めるニットキャップも寒さ対策に良いです。

寒さなんかに負けないぞ!

この冬もあたたかく乗り越えましょう。

Copyright 2006-2020 Lacras Corporation. All Rights Reserved.