チーム全員が
知恵を出した結果です
新規事業立ち上げチーム

万代さん/柳沢さん/北野さん/松田さん

マイナンバー管理サービス立ち上げのプロジェクトに参加した
きっかけを教えていただけますか?

万 代

私はコンサルタントとしてBPOサービスの導入を担当しています。このプロジェクトには、新しい経験をしてみたいという気持ちから参加することにしました。どんなことが待ち受けているのか、わくわく期待感をもって参加しました。

北 野

私も導入コンサルタントです。担当していたお客様から「マイナンバー制度対応に協力してほしい」という依頼があって、関わることになりました。

松 田

私も北野さんと同じです。当初は、当社事業のメインストリームから外れるプロジェクトかなと思っていたのですが、気が付けば当社の立派な事業に成長しました。

柳 沢

私は、BPOサービスのなかでもお客様に共通する業務を切り出し、一括して引き受けるシェアードサービスを担当しています。このプロジェクトの立ち上げの頃はお手伝いのような立場で参加していたのですが、いつの間にかどっぷりと浸かっていました(笑)。

プロジェクトに関わってみて、印象に残った思い出や気づいたこと等はありますか?

万 代

よい経験させてもらいましたね~。当社のマイナンバー管理サービスは、アナログ処理にIT技術を融合させることによって圧倒的な処理速度を実現しています。ただ稼働開始直後は、想定の15%くらいの処理速度しか出せなかったんです。そこでコンサルタントとしての経験を生かして、一連のプロセスを徹底的に「見える化」し、いくつかのボトルネックを発見することができました。いまでこそ冷静に話していますが、そのときは本当に必死でした(笑)。

北 野

ボトルネックを見つけたあとは、上司も部下も部署も関係なく具体策を議論し、決まったらみんなで行動しましたよね。「リソースはどうするんだ」みたいな発言は一切なくて、みんなが自分のこととして捉えていました。その様子を見て、ラクラスってすごいなって思いました。

柳 沢

当社のマイナンバー収集キットにはたくさんのバージョンがあって、お客様は自社の状況に応じて選ぶことができます。プロジェクトチームの全員が知恵を出し合って作り上げたものです。お客様にはカスタマイズのコスト負担がかからないし、当社での処理も1つのプロセスで完結できる、ラクラスらしさが詰まった優れものです。お客様から褒めてもらえると嬉しいですね。

松 田

マイナンバー管理システムの管理画面も、お客様が気づいていないニーズを先取りしているから、初めてお見せすると驚かれるよね。「こんなデータまで参照できるんですか!」って。自分たちで立てた仮説をもとにお客様と積極的に議論して、まだ顕在化していないニーズを浮かび上がらせ、改善を重ねてきた結果だと思う。答えはお客様が持っているんだなと思った。

「課題解決を楽しむための11か条」の中で、意識しているものはありますか?

柳 沢

私は、いついかなるときも第7条の、「苦しいときこそ笑顔とユーモア」を大切にしています。大変なときに大変そうな顔をしていると、周りのみんなも苦しく、不安な気持ちになってしまうと思うんです。いつも笑顔でいれば周りにも安心感を与えられると思っているし。今回のプロジェクトでは、私はみんなの笑顔で乗り切れたと実感しています。

北 野

みんな柳沢さんの笑顔には助けられてるよ。私は第11条の「当たり前のことを当たり前に」。誰に対しても公平に、そして対等に接するようにしています。お客様もパートナーとして対等に接してくださり、私たちも遠慮なく情報交換や議論を行うことができたので、ここまでのサービスになったと思います。

松 田

そうだね。第5条には「気軽な雰囲気で真剣な対話を」とあるけど、「対話することで解決策は深みと広がりを増していく」ということをすごく実感するし本当に共感しています。ひとりで解決できないことも、周りのみんなに気軽に話しかけて解決しようとしています。
あと第3条「主体的に動こう」っていうのも大事。自分も含めて、みんながもっと主体的になれたら、ラクラスはすごい会社になると思う。

万 代

食べるのが好きな私としては、お約束ですが番外編も挙げておきたい(笑)。いついかなるときも、どんな逆境に立たされても、「美味しいものを食べよう」。美味しいものを食べれば次の日がんばれる(笑)。

柳 沢

うんうん、私も、いついかなるときも美味しいものを食べたいって思ってる。

北 野

思ってるだけじゃなくて、口に出して言ってるでしょ?(一同笑い)

Copyright 2006-2020 Lacras Corporation. All Rights Reserved.