何故お客様は
ラクラスを選ぶのか
他が追いつけない価値提供を目指す

野上さん/岡松さん/円谷さん

最初に自己紹介をお願いします。

野 上

ソリューションコンサルティング部門(SC)の部門長をしています。SCは、お客様に対する新規提案から導入プロジェクトの推進、パラメータの実装まで幅広い業務を担当する部門です。もともとのキャリアは開発畑で、ラクラスでも長く開発部門を担当していました。

円 谷

私は、セールス&マーケティングのマネージャーとして、新規のお客様はもちろん、既存のお客様からいただく追加の案件や長期的な改善要望など、お客様との関係を広くフォローしています。

岡 松

私は現在ソリューションコンサルティング部門とペイロールオペレーション部門のマネージャーを兼務しています。プロジェクトマネジメントからお客様に対する導入コンサルティング、運用の立ち上げといった一連の業務を担当しています。前職はシステムインテグレータでSEをしていました。

ラクラスのBPOを導入する大手企業が増加しています。
お客様はなぜラクラスを選ぶのでしょうか?

円 谷

「ITから業務プロセスまで一貫して提供している」ことを評価いただいていると感じます。これだけの開発能力を抱えているアウトソーサは当社だけでして、その強みを活かした提案が支持されています。逆に社内の開発者の側から見ると、ユーザ代表が社内にたくさんいるようなものですから、フィードバックもスピーディーで、どんどん新しい提案ができるんだと思います。

岡 松

システムインテグレータから転職してきて、ラクラスのスピード感と対応範囲の広さに驚きました。最短3ヶ月の導入なんて、カタログトークだと思っていましたから(笑)。
システムインテグレータだと、ユーザが欲しいものを作ろうと思うと、要件定義だけで1年かかるプロジェクトが当たり前。しかもその要件はお客様が作成した範囲に限られ、「そのシステムによって業務がどう変わるか」ということにベンダーは責任を負いません。ラクラスはプロセスを運営する機能も担っているし、人事に特化した仕様の提案や事例が非常に豊富です。もちろん、システムインテグレータとは比較にならないぐらいコストも廉価ですしね。

野 上

世の中のパッケージ製品は、良い機能を持っていたとしても、ユーザ側にそれを使いこなすだけの技術力が必要。事業会社が、自社の本業ではない人事という領域で、パッケージ製品を使いこなすのは相当な負荷なはず。そもそも技術や製品を正しく評価する能力なんて、持つことができないんではないかな。
最近は大手企業とのビジネスが増えてきているので、パッケージ製品やシステムインテグレータと比較される場面が多くなっている。総合的な技術力、提案力、コスト等のすべてで良い勝負ができているのを感じるね。

円 谷

それともう一つ、ラクラスを選ぶお客様には明確に「人事部としてのなりたい姿」があるように思いますね。単に業務の一部を委託してコストを下げようということではなく、ラクラスを活用することで実現したい姿が明確です。

岡 松

そうそう。給与計算や就業管理にとどまらない提案を期待されているのを感じます。フェーズ1として給与や就業といった基礎となるプロセスを整備すると、次は蓄積された人事情報を経営に活かしたり、従業員とのコミュニケーションを充実させたりするためのフェーズ2プロジェクトが始まる。そんな事例が増えてますね。

野 上

新規の受注に占める紹介の割合が高いのも客観的な評価の表れだよね。実際に利用いただいたお客様に評価され、それが新規のお客様への紹介につながり、結果として市場で存在感を示すことができるのは嬉しいね。

ラクラスが市場で他社にはできない圧倒的な価値を提供し続けるために、
取り組んでいくべきことは何でしょうか。

野 上

やはりITの力をより先に延ばし続けていくことでしょうね。拡張性やユーザビリティをさらに高めること、あるいは導入工数をさらに削減していくこともお客様にとっての付加価値になると思う。

岡 松

そうですね、自分は人事領域の専門性をもっと深めることで、これまで培ってきたITやプロジェクトマネジメントの知見ともっと高いレベルで融合できることを目指しています。それを社内に展開していきたいですね。

円 谷

直接的に自社が提供するソリューションだけでなく、人事部の抱える課題をより上流から一緒に考えることができるようになることを目標としています。例えば、これからの従業員サービスの在り方や働き方改革など、高いレベルで提案してきたいですね。

野 上

確かに、人事部の工数削減だけではなく、いかに従業員の生産性を高めるか、という点も最近では期待されていますよね。従業員の働き方が変われば必然的に人事部の役割も変わっていくわけだし。

円 谷

日本の人事部の姿を変える、新しい人事プラットフォームを作り出しましょう。

課題解決を楽しむための11か条について

円 谷

「第4条 社長も新卒もまったく対等」という言葉が、課題を解決することを第一義とする当社の姿勢をよく表していると思います。提案段階からいろんな人を巻き込んで活動しています。英語での提案には北原さん(社長)を使ったり(笑)。
もちろんお客様とも対等です。

岡 松

「第8条 選択した道をベストにする」ですね。なんでも自分で決めることができる、自分で道を作ることができるというのが、ラクラスに来て強く感じていることです。もちろん責任を伴いますが、これが仕事の一番の楽しみと感じています。

野 上

「第9条 課題解決が引き出しを増やす」を実践していきたいと思います。チャレンジし続ければ、できることはどんどん増えていきます。知識や技能が増えることももちろんそうですが、引き出しが増えればより次元の高い課題にもリーチできます。
是非たくさんの人に一緒にチャレンジしてもらいたいですね。

Copyright 2006-2020 Lacras Corporation. All Rights Reserved.